2008年11月25日

山梨県峡南地方の魅力を発見発信アンケート

第20回11/22(土) 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」において、53名の参加者から「峡南地方の魅力」についてアンケートを得ました。
紹介し、皆様にもぜひお越しいただいたり、さらに魅力を磨いていきたいと思います。

質問:峡南地方・富士川街道についてイメージとこれからの発展についてどのようにお考えですか?
1 峡南地方のイメージや印象に残っている箇所やコトを教えてください  
   山梨県の日照が長いので、かんきつ類の栽培ができる暖かい地方で特産物の増産
   山梨県と川が多く、静岡県へ抜ける地域。 
   富士川、富士川に沿った山間地
   富士川舟運(京都亀岡保津川下りのように)、富士川川下り
   地場産業(印章、硯、和紙、花火)
  
  南部町:茶摘み、JAふじかわ茶業センター、たけのこ掘り
  身延町:身延山久遠寺、身延の竹林 下部温泉
       富士川クラフトパーク(広大ですばらしい場所だが、知られていなくて残念)
       原木シイタケ狩り、 
  市川三郷町: 神明の花火大会、市川大門の街並み、紙漉き踊り
  増穂町: 小室山妙法寺、 ダイヤモンド富士、 ゆず狩り

2 観光グループツアーとしてお奨めしたい場所をご記入ください
   市町村が逸品を持ち寄りPRできる競い合いの場所
   
  身延町:身延町瀬戸の方外院の千匹絵馬、
      身延の竹林身延山周辺、
      七面山、身延クラフトパーク(原木シイタケ狩り)、
      工芸作品制作の里(なかとみ和紙の里) 
  早川町: 南アルプス 早川癒しの里巡り
  市川三郷町: 三珠の湯
  増穂町: はくばく 
       ダイヤモンド富士 小室山のあじさい、 
      森林総合研究所(森の教室)、ラ・フランス狩り、ゆず狩り、

3 「産業観光」の見学先としてお奨めできる事業所や公的施設をご記入ください
   環境改善工場(ISO14000指定工場) 
   活性化している商店街
   
   南部町: 中央化学など
   身延町: 身延クラフトパーク、
   市川三郷町: マルアイ、和紙の里など地場産業会館
   増穂町: はくばく、テクニカルスチール、平林臼太鼓、造形作家グループの工房巡り
 
明日はこの山梨県峡南地方が活力をつけて魅力を増すために必要な方策についてアンケート回答をお知らせします。
posted by 創ろう甲斐 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

産業観光第20回特別講演会の報告

11/22(土)産業観光第20回記念として、
 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」を開催できました。
講師の皆様にはご多忙の中、ご理解とご協力を賜りまして貴重なご講演をいただき誠に有難うございました

53名の参加と3名の講師とともに活発に意見交流ができ、有意義で「意義深いセミナー」との声もありました。
実りの秋で行事が重なり、定員70名にはもう一歩でしたが地域活性化に意欲的な方々が多く、今後の地域活動などに結びつけることができると思います

昼食では、いち柳ホテルが開発した秋の味覚いっぱいの「富士川街道弁当や、JAふじかわ茶業センターが先週出荷した「南部茶ペットボトル」350mlも好評でした。

昼食時に、地元の特産品に育てたいと2つの農産物が紹介されました。
1)くにみ園の青木茂園長様から「増穂町のネギの会」で生産した「西洋ネギ・リーキ(ポロネギ)」

2)身延竹炭組合の片田組合長様から初めて生産に成功したキヌア
いづれも国内では珍しく、峡南地方の特産品として育成するよう今後の取り組みが期待されます。

参加者のアンケートは今回無記名で、20名から次のような回答を得ました。
NPO富士川・夢・未来とともにこれらの貴重な意見を参考に活動していきたいと思います

参加者から、
「特にはくばく長沢利久会長の話と、富士川・夢・未来の活動は興味深かった」、
「峡南地方の活性化について、各町や関係機関・間公共会との連携強化を期待したい」

山梨県森林総合研究所の柴田尚様やIBI社応用キノコ研究所の中村様の講演には、
*きのこについて幅広い情報をいただき、質疑応答なども参考になり知識が増えた
*中村友幸博士の講演で出されたメシマコブや柚の皮などが人命や体によいことが説得力あった
*菌糸体の説明とても良い機会でした。分かり易い説明で理解できました
*今後きのこの見方が変わると思います
*献立メニューにきのこを積極的に使いたい 
*ゆず刈りやきのこの体験講座に参加や、原木シイタケ狩りをしてみたい
という声もあり、地域への広まりも期待できそうです。

以上簡略ですが速報として報告致します。
posted by 創ろう甲斐 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

富士川街道弁当をご賞味ください

富士川街道弁当」は、山梨県の峡南地方6町の食材を使用し、質量ともにとても好評です!
山梨県増穂町いち柳ホテルが昨年夏から開発し、イベントなどで限定販売されています。
ふるさと郷土の味を舌鼓みし、ふるさとを想い、語らいながら美味しくいただけます。

増穂町の やまめ甘露煮、柚餅、はくばくの16穀、ラ・フランス など
鰍沢町の はなびらたけ天ぷら、鳥の柚香十谷みそ焼き、
市川三郷町の かんかん娘、キウイー
早川町の 野菜山菜、ベーコン
身延町の ゆばけんちん揚げ、花豆 
南部町の たけのこ土佐煮

などの味わい、「郷土の恵み」と「実りの幸」」を一つにしてお届けします。

産業観光研究会主催 第20回
11/22(土)10時〜16時
特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」
では
 第20回チラシ.doc
昼食に富士川街道弁当(1000円)を会場内やロビーそして甲府盆地を一望に見渡せるベランダでも食べられます。
JAふじかわの南部茶ペットボトル350mlも初めて登場です。

当日は、著名な3名の講演ももちろんですが、晴天なので、こちらの富士川街道弁当も楽しみです!

まだ参加者をお誘い中です。奮ってご参加ください。
posted by 創ろう甲斐 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

産業観光 第21回は1月19日(月)午後 食品の2工場などを見学します

産業観光第21回「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」を下記の通り行ないます。

受入れの工場のご都合と、会員皆さんから少しでも早い方がよいとのことで、1月19日(月)となりました。ご了承ください

産業観光研究会に参加し、「キラリと光る先進企業や公的施設を見学」して人々と交流の輪を広めませんか!?
日時: 1月19日(月)13:00 〜16:00 雨天決行

1)山梨県食品工業団地協同組合 
食品製造業13社が昭和58年に当地に移転。各社の概況について説明いただきます。

2)潟eンヨ武田甲府南工場 
   130余年の伝統をもとに、安全で高品質なしょうゆ、だしつゆなどを生産しています。
   人と環境に配慮し、「天」から「与」えられた贈り物のものづくり現場を見学します。

3)鰍ゥいや 
   「海の幸を山の知恵で!」と熟練した技を誇るあわび煮貝は逸品です。
   製造工程と製法を見学し、甲州の名産品煮貝の価値について学びます。

参加費: 300円(資料代) 当日ご持参ください。
   産業観光研究会にご入会をお願いします。
   (年会費は1000円です)

募 集: 20人 (申し込みされご都合悪くなる場合は、お知り合いをお誘いください)

集合時間: 12:55までに山梨県食品工業団地協同組合 組合会館2Fに。
     甲府市下曽根町3440-3  TEL:055-266-2211
駐車場: 組合会館の南側5メートル先の駐車場へ。
     見学先へ徒歩で移動します

  ☆キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!

後援や協力の機関については、追って掲載します。

申し込みは、当ブログのコメントでお願いします。
産業観光研究会 代表 川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 13:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

産業観光 第21回「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」

来年は米国がオバマ大統領の登場で大きく変わります
わが国の商工農林漁業や観光行政も、地域経済も明るく元気に活性化するように!と願いながら。。。

産業観光 第21回は、「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」します。

1)山梨県食品工業団地協同組合 
食品製造業13社が昭和58年に当地に移転。
  各社の概況について説明いただきます。

2)潟eンヨ武田甲府南工場 
   130余年の伝統をもとに、安全で高品質なしょうゆ、だしつゆなどを生産しています。
   人と環境に配慮し、「天」から「与」えられた贈り物のものづくり現場を見学します。

3)鰍ゥいや 
   「海の幸を山の知恵で!」と熟練した技を誇るあわび煮貝は逸品です。
   製造工程と製法を見学し、甲州の名産品煮貝の価値について学びます。

実施日は、1月の19日(月)、23日(金)、26日(月)の内、どの日が
よろしいでしょうか?
今月中旬には決定したく皆様のご都合をお知らせください

産業観光研究会
代表 川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

産業観光第20回特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」 

産業観光第20回11/22(土)特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」には10月末現在50名余りのご参加申込みがあります。
第20回チラシ.doc

関連する団体の組合員様、職員様や、土曜日なので公務員などもご参加できるよう土曜日に行ないます。
全国的に著名な講師3名の方にお願いし、峡南地方で、山梨県森林総合研究所にて開催します。

はくばく長澤利久会長には、「はくばくの経営哲学と峡南地方活性化」の想いを熱く語っていただきます。
質問に丁寧にお答えいただけるので質疑応答時間を十分とり、ともに考えたいと思います。
はくばくの経営やヴァンフォーレ甲府のこと、また、県や峡南地方の地域経営に関することなど、質問をご用意ください。

お手元に山梨日日新聞が保存してあれば、9月3日、10月5日 講師のアイ・ビー・アイ専務取締役中村友幸博士のよい記事が載ったのでご覧ください。

キノコやユズの機能性について、大分大学医学部の客員研究員として共同研究した内容が、日本きのこ学会で技術賞を受賞しました。
今回、ユズの郷 増穂町に生産奨励の想いもあり、やさしく講演いただきます。

柴田尚先生は、キノコの専門家としてマスコミに何度も登場してご存知と思います。
今回は、特用林産のキノコについて生産奨励と「地産地消」を推進するために「きのこのたいせつさ」についてやさしく解説していただきます。

昼食は、いち柳ホテルが開発した峡南地方6町の秋の実り食材を使った「富士川街道弁当」です。
1000円の価値目いっぱいに満足していただけますよ!

実りの秋、峡南地方の魅力を発見し未来づくりのために、しっかりと学習しませんか!?
参加費は1300円です。
ご参加できる方は、お早めに当ブログにコメントでお申込みください。
お待ちしております。

posted by 創ろう甲斐 at 18:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

観光旅行は、グループツアーで集い・温もりの語らいを

団塊世代が新しい観光需要を創りつつあります。
近年、一般的に「団体旅行から個人旅行」へという動きも確かにあります。
が、個人や家族では行けない見学先と、グループによる有意義なコミュニケーション機会を得られるグループツアーも大いにお奨めです。
バスツアーで一日、または、徒歩などで半日コースもあるでしょう。

ガソリン代の高騰もあり皆が自家用車を乗り回さないようにもしましょう!
グループツアーではバス車内や見学先で楽しい語らい交流をできるのが喜びでしょう!

山梨県のIIEN.Yに登録した「産業観光研究会」では、「産業観光」を毎月行なっています。
商工農林業や環境関連の勝れた事業所や、公的施設を見学し、人々の交流の輪を広めながら、学習と啓蒙を通じて地域の活性化を目指しています。
専門家の解説と質疑応答の時間を設けて、「双方向的で、参加型」の「産業観光」活動に参加してみませんか?

これまで19回行ない、県内(県外からも数名)各地から約450名が参加しました。
添付の見学先一覧と、参加者の地域別人数をご覧ください。

1-19回見学先 参加者内訳.xls

産業観光第20回では、20回記念として11/22(土) 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!を開催します。
詳しくは関連ページをどうぞご覧ください。

山梨県の出身者で、大阪府や藤枝市からもはるばるご参加いただけるとのコトで交流できるのを楽しみにしております。

山梨県人を会員として山梨県の峡南地方に光を当てようと立ち上がったNPO富士川・夢・未来との連携を通じて交流の輪が、いよいよ全国的に広まりつつあります。
産業観光 第20回11/22(土) 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」に、どうぞお早めにお申込みください。

a href="http://ami-plaza.seesaa.net/" target="_blank">地域経営を考え行動するためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?

自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満




posted by 創ろう甲斐 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 5 全国の産業観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学の報告とアンケートまとめ

第19回10/20(月)「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」の報告です
参加者26名と環境問題について関心が高いことが分かりました。
YBSワイドニュースでも大規模太陽光発電システムの見学について優先的に報道されました。
法人6名、自治体・商工会関係者5名の参加もありクリーンエネルギーや浄化システムについて理解を深められました。
車の移動については事前に十分に下見をしておくべきと反省しています。
質問に対する回答:  
A TDK太陽光発電の見学
満足した   13   
良かった    8    
改善したい   0
空白 6
B 釜無川浄化センターの見学
満足した    13
良かった    7
改善したい   1
空白 5
☆主な感想と要望など 
A TDK甲府工場の太陽光発電の見学  
・説明も分かりやすくとても良かったです 
・新築するときには太陽光発電システムを設置したいと思います
・太陽光発電を検討中ですが費用の点で考えています
・実際見たり聞いたり環境問題を考えると大事なことだと思います
・これだけ大規模なシステムは始めてみました。
・甲府盆地内に世界に通用する企業があるとは心強い気もしました
・エコ、太陽熱、時代の変化について考える力をいただきました
・良いこともあるが、実用性として経済性など難しい点も話して欲しかった
・3社の太陽電池の電力量が違うことがわかった
・今日見学でき、家庭内で主人も関心あるので話ができます
・地球温暖化防止のために太陽光発電には大変興味があり壮大な太陽電池パネルもみることができ満足した
・企業が先陣きって行動を起していることに拍手を送ります
・家庭では、パネル、家庭内配線との接続、屋根の補強など経費負担を考えるとすぐに普及するとは思えない
・上場会社の環境対応、CSR活動について学習でき、大変感心しました
・工場内の衛生や安全管理を徹底していることにも感心した。 記念写真を送付いただき有難うございました
*太陽光発電は環境社会にとって不可欠ですが、コストや効率を考えるとまだまだの分野と思いました
*これまでの見学者グループについて分野別などの取り組み状況についても知りたかった。

*工場内の見学ができればよかったと思います
*さらに公的施設や業務用などに普及を促すための展開計画についても紹介して欲しかった。
B 釜無川浄化センターについて
・説明を聞き、実際に見学できて下水道の浄化システムの様子がよくわかった
・浄化センターについて話を聞いたことがありましたが、見学して勉強になりました
・多少空気に臭いを感じましたけど、周辺の方々の賛同は大変なものだったと思います。
・これからの次代には何よりたいせつな施設になるのではないでしょうか?
・大変な仕事をしているのにあらためて感心しました 
・すごい設備でびっくりし、感動しました
・下水道について学んだ気持ちを知り合いに伝えたいと思います
・普段見れない施設が見れ、バクテリアの働きについてもモニターを見て理解できてよかった
・2回目の見学でしたが何回見学しても良いと思います
・浄化の仕組みを初めて知った。迷惑施設などと汚名をきせられるなんてとんでもないこと。
・このような施設に助かっています。縁の下の力持ちですね
・下水処理の状態が理解できましたが、自分の地域では、下水道工事ができていません
・毎日の生活インフラの重要性について県民多くが知るべきと思った。
*臭気あり。将来増大しないだろうか?
*汚泥の処理利用が県内でできるともっと良いシステムになると思います *高齢者や子どもたちのために、階段・屋上の段差をバリアフリー化して欲しい
川口の所感:
☆今回2度目の「環境」をテーマに大規模施設の見学を行ない、参加者の関心を引いて一同大変啓発されました。
 参加者は、家族や地域でこの話題を広めてもらえると思います。このような見学を効果的に推進する必要を痛感した。
☆TDK森野部長にも、浄化センターの見学に参加していただき、有意義な機会となりました。
☆YBS山梨放送には取材していただき、自然エネルギーの重要性に鑑みて優先的にニュース報道していただき有難かった。
☆集合場所からTDKまで協力して9台で予定どおりに移動していただき有難うございました。
 今回、その集合時刻・場所の確認のために、会員間でとても時間をかけて事前確認しました。
☆自家用車での移動は2度目だが、浄化センターへ先導した小生が信号を通り越してしまい時間をロスしました。
 大変申し訳なく、今後、十分事前に下見など気をつけます。
見学先にて丁寧に見学と解説していただいた講師にあらためてお礼申し上げます。
産業観光研究会
代表 川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

イベント間の競争

秋はさまざまなイベントが行なわれ、集客戦略について競争が展開されます。
運動会や体育祭、そして遠足も。
収穫祭や農業祭り、
芸術祭や学園祭、
スポーツイベントはもちろんであり、近年、環境関連のイベントも多いですね。

さて、数ヶ月前からイベントのスケジュールが分かっているので、競争戦略が試されます。
マーケティング努力やお客様を吸引するソフト企画力が必要です。

積極的にマスコミに対して仕掛けて、広報宣伝を十二分に行ないたいですね。
関係者のネットワークを通じて、口コミなどの集客方法を実行していますか?

ポスターを積極的に掲示し、またチラシは「予告」と「直前」の2回実施し、広告効果を狙いたいですね!
例年行なっているイベントの場合、この回の特長を強烈に訴求してアピールしましょう。
お客様消費者は、「新・珍・創・充・安・楽・満」を求めています。
新しいこと、
珍しいこと、
創造的なこと、
充実感が得られること
安全で安心感があることそして安い価格で買えること、
もちろん楽しさが、いっぱい満ちあふれていること 
などが条件として試されますね!

では、あなたの市町村で行なわれているイベントにはそのような条件が満たされていますか??

年間を通して9,10,11月が勝負の季節。
再度、準備中のイベントについて、ソフト訴求力を高めているか、
効果的な広報宣伝の方法を実行しているか点検してみませんか?

地域経営を考え行動するためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?

自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満






posted by 創ろう甲斐 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 6 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

空き店舗を利用した「いきいきプラザ」

いきいきプラザ」という団体や地域の活動が全国にいくつもあります。
地域の活性化を願いながら、「活き活きと元気に明るい街づくり!」に取り組んでいます。

山梨県増穂町の「青柳商店街の活性化を考える会」でも空き店舗を利用した「いきいきプラザ」が昨年に次いで2軒目の空き店舗利用の活動が行なわれました。
18日、19日の両日、富士川流域の技 六斎市と協力し、山梨中央銀行の向かいにある旧いづみや履物店が「いきいきプラザ」に変身。
シャッターが閉められホコリだらけだった店でしたが、会員や主婦グループの協力により片付けられ「街の産業と文化・情報の発信スポット」に改装できました。

店内には、はくばく様の商品やJAふじかわの南部茶や農林水産大臣賞を受賞した芦澤養鶏所のひまわり玉子などの自慢の商品を販売。
無料のゆで玉子コーナーが人気で、生みたての玉子のワゴンの山がたちまち小さくなりました。
またブティック社様本を通じて東京の文化情報が提供されました。

増穂町と峡南地方の産業・文化教養と教育が一堂に会した手づくりの「いきいきプラザ」を実施できました。
関係先の皆様にはご支援ご協力をいただき誠に有難うございました

ブティック社様の目新しい趣味の本については、主婦など大変評判でした。
地域の活性化のためには東京の情報や人々との交流を活発にすることが必須であり、その一歩の具体化でした。
同社から素敵な本のプレゼントに関して、「ご感想をお寄せください」という付箋を付け有意義に配布させていただきました。

増穂町川柳部の短冊作品やパッチキルトスクールの皆さんのつるし雛も会場に彩りを飾りました。
NPO富士川・夢・未来は今年5月峡南地方6町の発展のために、光を当てようと設立されたNPOであり、PRしました。

2日目には、増穂中学校の2年、1年生ボランティア5名が駐車場の誘導やとお茶の接待などに協力してもらいました。家主が保存していたファミコンソフトやCDなどに興味深々で積極的に声掛けして販売していました。
これからもこのような「地域を元気に明るくする活動に参加したい!」と貴重な経験を通じて頼もしい声がありました。

これまでともに活動していた農家も新鮮野菜の販売に加わり店頭が元気になりました。

来客いただいた皆様には、空き店舗を利用し「街を元気に明るく!」するイメージをご理解いただきました。
残念だったのは、準備や広報宣伝を大きく仕掛けられず不十分だったこと、県の農業祭りや、町の体育祭とも重なり集客が大幅に少なく課題を残しました。

青柳商店街の活性化を考える会」はこれまで商店会の皆様と意見交流を4回行ないましたが、今回は「活性化のため行動の一歩」を具体化しました。
今後とも家主の協力も得て商店会や関係先との連携を通じて、「商店街に人通りを創れるよう!」に関係者とともに取り組んでいきたいと思います。

青柳商店街の活性化を考える会
事務局 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

山梨県峡南地方の森林資源の活用を!

静岡県蒲郡竹島まで研修旅行で往復し、太平洋の漁業・観光資源のスケールの大きさにはうらやましくとても大きな影響をうけました。
「山はあっても山なし県」ではその森林資源をどのように活用して、産業と地域の生活が豊かに潤えるか? 
そして若い世代がUターン、Iターンしたり、都会から移住・定住者が増やせるかどうか??
往復の車中で考えてみました。
・防災や高齢者のセキュリティーネットワークのために、生活道路網を整備すること。
 子どもたちの安全安心な通学のためにも優先すべきです。
 
・国道52号線は、せめて渋滞が発生しないように、道路工事などの配慮を十分すること

・通信情報の遅れを生じないようにNTTに対しては、政治力により、光フレッツを早期に整備する

・身延町は、富士五湖(本栖湖)とのアクセス道路を早期に整備し、観光客の入込みを増加させる

・身延町役場へのアクセスを早期に改善し、国道の渋滞を解消する 
(南側の商工会館方面からの出入り口を建設する案を検討する)

・身延山や下部温泉との連携事業を協力に推進する

・南部町は、木材産業や竹林の資源の強みを県や静岡県の協力も得て市場を開発する
 例えば、「竹取り競争、竹の子掘り大会」など全国に発信しませんか?

・6町は、県との協力を強化して、県立施設や町立施設・温泉の利用者数を大幅に増やし町の活性化に資すること
(富士川クラフトパーク、中富青少年センター、釜無川浄化センター、他 町立施設・温泉)

・JR東海身延線との連携を強めて、通勤通学・買い物・観光など利用客の増加を図る。

・森林組合と建設業界、JAふじかわなどと、連携して林道や農道を整備する共同計画を立てる

・JAふじかわには、貸し農園やオーナー制度などを通じて県外の人・物・金・情報が入りこむように企画力を高める

・6町の出身者に対して、峡南地方の実情について積極的に広報し、峡南地方の過疎の克服、活性化に関して理解と協力を求めること

以上例えばの例ですが、県外のパワーとも連携して、人々・金・情報の交流をグイグイと推進し、魅力を創造できるようにしたいですね!!

地域経営を考え行動するためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?

自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満




posted by 創ろう甲斐 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

ミカン狩り

イヤー、ミカン狩りを初体験しました。大型バスでお邪魔し皆で感動感激!
ところは静岡市草ヶ谷広大な山の中腹。
東名清水インターから車で8分で行けます。

成ってる成ってる鈴なりに! 
黄色やみどりのミカンがいっぱいです。
さあ、甘くておいしいミカンを食べ放題!
10月の品種は極早生。
11月は早世を楽しめます。

料金は大人500円、子どもは400円。
おみやげ1kgのミカン付きで、入園料は800円となりますよ!
お土産には、もぎたてミカンをどうぞ!

8年木のミカンをいっぱいいただきましたが、太陽の恵みを受けて甘さとビタミンCたっぷり!
静岡県が農業奨励のために、山を削って「ミカンの丘」にしてくれたと
奥様が感慨深く話しておられました。
広大なミカン畑は、観光客にもろ手を挙げて歓迎しているようでした。
詳しいことは鈴木農園までどうぞ。054-366-5210

静岡県のゆたかな山の幸、海の幸の観光サービス産業にとてもうらやましく多くのことを学びました。

いろんなことを伺ってミカンの丘で働く皆さんともお友達になりました。
鉢植えのミカン苗木を買って、山梨県の庭先に移植したかったですが、来年へのチャレンジ課題とします。
ミカン狩りの感動を胸に、産業観光研究会でも来年ぜひ大勢で来ますと約束しました。

地域経営を考え行動するためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?

自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 5 全国の産業観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

増穂町の商店街 空き店舗の利用について

山梨県の富士川流域にある増穂町の「青柳町商店街の活性化を考える会」はこれまで4回懇談会を行ないました。
商店街をどのように活性化できるか?
商店(会)の魅力を高められるか?
来街者・来店客を増やすための方策について
町や商工会との連携する方策
 などについて意見交流しました。

「今、できることを、効果的に行ない、街の魅力づくりや人づくりに結びつけたい」と考えました。
厳しい経済環境の中で、何事も多難ですが「小さく生んで大きく育てられるよう取り組んでいます。

10/18(土)19(日)富士川流域の技 六斎市に併せて2日間家主様のご理解を得て、同店舗を利用できることになりました。
つきまして「いきいきプラザ」として「富士川流域を元気に明るく!美味の食品・名作品をどうぞ!」をテーマに開店します。
同店舗に次の参加事業者が決まりました
1)はくばく様          健康に良い評判の同社製品を販売させていただきます。 
2)JAふじかわ様        美味の甲斐のみどり南部茶 試飲と受託販売となります
3)芦澤養鶏所様        ひまわり玉子はいつも、だれにも評判です!

4)布ぞうりの会        健康に良い布ぞうり・アクリルたわしなど主婦の作品をどうぞ!
5)家主井上様         ファミコンソフト、CD、DVD 無料・50円・100円で販売


6)ブティック社様        この分野で業界トップのブティック社から趣味・教養を高めるよう100冊いただきました。
お一人1冊をプレゼントします。

7)NPO富士川・夢・未来   山梨県の峡南地方に光を当てようと立ち上がった事業活動の紹介です

8)深沢修様    和紙造形作品
9)産業観光研究会       勝れた事業所・公的施設を見学し交流の輪を広めている「産業観光」の活動についてチラシの掲示・配布
   
スタッフが10月5日、7日片付け手伝いを行ない、熱意と汗・パワーを出し合いました。
何か「始まりの始まりが始まる」という喜びや興奮も分かち合っています。
協賛者も増えています。
13日(祭日)にはレイアウト店づくりです。

六斎市10/18(土)19(日)には青柳町商店街に多くの来街者・来店者で賑わうように願っております。
posted by 創ろう甲斐 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

都留市立都留文科大学を見学

産業観光第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」では、都留市(人口33000人)の開学55年目の市立都留文科大学を見学しました。
夏休みなのに見学を受け入れてもらい、”市の職員様”から懇切な説明をしてもらい感謝します。 
 
都留市の人口12人に一人が都留文大生という都留市!
都留文科大学について、参加者一同その名声を聴いてはいたが、やっと訪問が実現です。

山梨県内から入学する学生は約1割とのこと!
全国各地で試験会場を設け、入学してくる学生さんがうらやましい環境の中で学んでいます。
文学部の学科は5学科あり、大学院や専攻科もあり、主に教職員を輩出しています。

今回は昼食時に、すばらしい大学キャンパスと図書館など見学できてよかった!
食堂の学食は夏休みなのでお休み!
学食をいただきたかったという意欲的な主婦も多かったです
(一行は、河口湖畔のレストハウスふなつやのお弁当をいただき煮物・焼き物・揚げ物など薄味で美味しかったです

4階建ての図書館は、図書の24万冊、全ての利用上のシステムなど驚きです。明治時代の新聞もマイクロフィルムに収められ、パソコンを通じて講読できます!

2班に分かれて丁寧に案内説明いただきました。
自主学習をする学生たちも見られキャンパスではアカデミックな若い気持ちになれました。

「学生は大いに勉強して立派な先生になってください。
広いきれいな大学で学生に戻った気分を味わいました。」という感想もありました。
小生も近ければオープン利用の図書館など利用させていただきたいのですが。。。
市内の住民の利用度はやや少ないようです!

都留市は、「ストップ温暖化『一村一品』大作戦」全国大会金賞受賞(本年2月)の都留市から、「“自然の力”をまちの力に」のメッセージを発信しています。
都留文科大学オープンカレッジでは県民コミュニティカレッジ講座テーマ「“自然の力”をまちの力に」も開講します。

近く独立行政法人化するとのことですが、市立大学の55年の成果と経営について山梨県民にも大いに知らせて欲しいですね。
そして、県内高校からの入学率も高め、また県内での就職率も高められるとよいですね?
posted by 創ろう甲斐 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

山梨県立リニア見学センター

産業観光第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」においてリニア見学センターを見学。
運がよければ展望フロアからリニア走行に出会えるかも? 
「1週間前に走行日時が決まります。
 当日の走行は当日朝に発表されます」とのことで何日も前から、当日もワクワクドキドキ走行時刻を気にかけていました。 

そして見ました!会えました! 

リニア2.jpg

超高速リニアはやはり、論より証拠! 百聞は一見にしかず!ですね
いや、カメラに上手く収めた方は少なかったかも?
超速い! 21世紀の最新技術の晴れ舞台です!
35人の参加者のうち、1名のみ試乗した方がいました。

以下に参加者が「感じた生の声」を紹介します。
・5分間隔の走行現場を何回も見ることができ、「大声をあげてしまったり」感激しました
・最高速度581km/Hは想像以上に速くやはり「百聞より一見と」興奮して感動しました。

・見るというより、通り抜けていくようです。息を殺してシャッターチャンスを待ち、興奮しました
・早期の実用化に向けて、工費とスケジュールについても公開し、前倒しの実現を図って欲しい

・走行実験の調査研究の成果についても開示して欲しい。
・JR東海の単独事業として長期的な収支予想は??

・超電礎石走行の原理により浮上走行に感心した
・ 全開通には夢のまた夢でしょうね! 

・ 山梨県内の駅舎について注目していきたい。 
・ JR東海の経営なので、身延線と交差する地域が優先されるのでは?
・わが国と山梨県の産業と地域の経済発展にも役立つようJR東海の意気込みに期待したい。

*関係者からの説明を欲しかった。
お願いしてみると、「どなたにも平等に応対しなければならないので」
グループによってガイド案内はできかねます。とのこと。
・・・この見学センターは山梨県立の施設ですね?!
だから無料の見学に対して、県庁の職員を解説として配置するのはムリなのでしょうか? 

今もって興奮冷めやらんようですが、ともあれ産業観光18回では5箇所を見学し、いづれも有意義な体験、学習をできよい思い出を創れました。
明日は、都留文科大学について紹介します。
posted by 創ろう甲斐 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

都留市は環境にやさしい自然エネルギー利用を積極的に推進中

産業観光第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」では、これらの見学先へ初めての方がほとんどで大変有意義な「産業観光」でした。
めったに行けない都留、大月のキラリと光る施設と観光事業を産業観光できよかったです。
超電動リニアを5分おきに見ることもでき、また笹一酒蔵で世界一の太鼓を叩いたり良い思い出を作れました。

35名のアンケートでは、都留市役所が直営する小水力市民発電所に最も関心が高く、主婦を中心とする山梨県民が「地球環境を守るために水力発電などの自然エネルギーの普及」についてとても意欲的に学びました。  

主な感想について紹介します。
・すばらしい「市民と行政とのエコエネルギーの取り組み」について都留の山国で行なれていることに驚きました
・小学校の隣にあり、子どもや父兄にも教育上うらやましいほどよいことだと思う
・CO2削減など、地域の人の協力が大事で、大勢の人が見学に来て山梨県を広めてもらいたい

・河川について国が管理しているので問題があることを知り、水力発電所の普及を促したい
・市民参加の発電システムについて資料についても学びたいと思う
・谷村ならではの水を大切にし、地域の熱意と市民全員の協力ですばらしい

・どこの自治体もこういう小水力発電に取り組めばよいと思う 市民住宅にも電力を供給できるとすばらしいですね
・丁寧な説明があり、都留市は市民が一つになって取り組み効果も出ていることがよく分かりました。
・「つるの恩返し」市民参加型ミニ公募債は1700万円の募集に対し40倍の応募あったとのこと。この方式で各地に水車や自然エネルギーの発電所ができることを期待します

「つるの恩返し」市民債に関して予想以上に応募が多かったことは、環境問題に関心が高いこと、それともロマンでしょうか?
・環境問題は人ごとでなく、私たちも真剣に考えるべきときである
・自然エネルギー、資源を有効に利用してエコ生活につながったらすばらしい

既にこの小水力発電「元気くん1号」を視察した方も、これから見たい方もご感想などお寄せください。
当日、滋賀県からも大型バスで見学ツアーがあり、元気くんは、2号機
、3号機の計画も決まっており、都留市民を元気に明るく
してくれるようです。
posted by 創ろう甲斐 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

産業観光第18回都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」

災害・事件・政治の不始末も多い昨今で全く嘆かわしいですね

さて、産業観光第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」にFinalCallご案内です。
山梨県の都留・大月方面へまだ訪ねていない見学先も多いと思います

マスコミによく掲載される「小水力発電所」やリニアー見学センター、
大月の笹一酒蔵の志村健さんの名ガイド振りなど興味深々です
まだ数席空きがありますので奮ってご参加ください。

1)小水力市民発電所「元気くん1号」 都留市役所内
   市民公募「つるのおんがえし」債により設置された水車による発電所。
   2号機、3号機を建設予定です。
   地球温暖化防止に自然エネルギーを活用する都留市の取り組みについて学びます。
2)ミュージアム都留  
   常設展では、都留市の歴史や現況について資料とマルチメディア映像を視聴します。
   企画展では、日本画名作を鑑賞できる予定です。

3)都留文科大学 (見学・昼食)  
   開学55年目の大学について案内していただきます。
   都留市の人口の12人に1人は都留文大生!
   学食で「お弁当]をいただき、キャンパスではアカデミックな若い気持ちになってみませんか? 

4)山梨県立リニア見学センター  
   展示フロアではリニアについて理解を深めましょう。
   当日に試験走行することが決まっています!
   さて、その走行時間は、当日朝に決まります!
   運がよければ展望フロアからリニア走行に出会えるかも?! 

5)笹一酒蔵酒遊館 大月市    
   老舗の酒蔵を世界一(直径4.1m)の大太鼓を見ながら志村健さんの巧みな話術に感動を! 
   「産業観光」を実感し、酒遊館では日本酒、ワインの試飲比べしてみませんか?
 
参加費: 会員特別料金 3500円(観光バス代、搭乗者保険料、昼食代、飲み物代、入場料、事務費を含みます) 
当日でも大丈夫です。
ご都合が悪くなった方もいて現在35名となっています。

詳しくは下記のブログもどうぞご覧ください
- - - - - - - - - - - 
IIEN.Y登録「産業観光研究会」
第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」
第19回10/20(月)「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」
第20回11/22(土)特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」 ご参加されませんか?
  川口 正満 (中小企業診断士)
人とまちを創ろう甲斐!地方の活性化を目指します。
 増穂町商工会・観光協会会員
 Tel/Fax: 0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

全国各県で「県産材」を大いに使いましょう

わが国の森林資源を大いに見直しましょう
海外からの輸入材が割高となっているからではなく、農林業は、わが国で供給できる資源を十分活用しなければ!
遠く海外の森林を伐採して船で運ばれてくる輸入材は、安くても、二酸化炭素CO2を排出します!

日本の森林を適切に保全し、防災対策も施し、
間伐材や伐採した剪定した端材についてはバイオマス燃料などに利用しましょう

高齢化した森林の所有者・森林組合員を助成し、
和風木質住宅のすばらしさについてあらためて見直しませんか?

山梨県では、南アルプス市に「木の国サイト」があり、関係の団体・業者が山梨県産材の生産・加工・流通・消費を連携してトータルシステムのメイン拠点としています。

山梨県産材を使った、集成材加工、プレカット加工、木材販売、展示、相談、研修やイベントを開催しているのでご家族と一緒に行ってみませんか?

「もう行ったよ! 県産材の和風住宅に快適に住んでるよ!」という方が多いとよいですが。。。
関係する民間パワーとして、山梨の木や森・林業・木材・設計・家について「洒落た話」ブログがさまざまな情報を提供しています。
どうぞお立ち寄りください

老若男女・こどもたちの皆さんがわが国の森林・木材にもっともっと関心を持って利用を広めるように願いながら。。。  
地球環境にやさしい木工作も大いに広めたいですね!
例えば、山梨県増穂町にある木工房きかん舎 は「優しい木のオルゴール」をお届けしています。
美しい富士山を正面に見て、ゆたかな自然に囲まれた山崎正俊氏木の工房をどうぞお立ち寄りください 

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。

地域経営を考え行動するためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?

自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満



posted by 創ろう甲斐 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

産業観光第17回「自然エネルギーと環境問題について先進的な現場を見学!」報告

第17回9/13(土)「自然エネルギーと環境問題について甲府市内の先進的な現場を見学!」では参加者16名とやや寂しく参加率53%で残念でした。
環境というテーマのためか、広報不十分か、またご都合が重なったなどと思われる。
当日欠席3名だったが、最近、ご家族などの介護/看病などのためという方も増えている。
南部市民センターでは県の環境アドバイザーのNPO法人みどりの学校芦沢公子理事長に講師をお願いしたので、所定のアンケートにお答えいただいた。
質問に対する回答:
A 太陽光発電システムの講座・見学(無記名)
 ○よくわかった △だいたいわかった ◇ほとんど分からなかった
B 向山塗料バイオディーゼル油生産について (記名式)
○満足した △良かった  ◇改善工夫を

 どちらの見学先でも満足度が高く、一同有意義に学習できました
☆主な感想と要望など 
A 南部市民センター太陽光発電の講座・見学 
・先進企業、公的施設の方々の頑張りがよく分かりました。
・環境、農業、循環のことをぜひ見学させていただきたい。
・土日に見学できる会があれば参加したいです

・焼却炉、リサイクルの現状を見学したいと思います
・個人では聴けないものをこの会を通じ聴くことができ有意義でした。
・NPOの活動の一端に触れ参考になりました。

・自家消費による電力料金の節約効果について教えて欲しかった。
・1号機の成果を踏まえて、「市民立による」2号機の計画作りについても関心あり情報を欲しいです。
・これまでに立ち上げられた関係者のご苦労や喜びを理解しました。

・太陽光発電について自宅で話し合ってみたいと思います
・電気社会で、私たちのできる範囲で節電に心がけたいと思う
・太陽光発電の現状など計課や流れなどよく分かりました

・日常生活で簡単によい環境作りをできることを学習したいです
・風力、小水力発電についても機会あれば見学したい
*みどりの学校の活動についてもっと知りたかった
*数字面で分かりにくい点がありました
*見学から始めた方がよいのでは?

B 向山塗料バイオディーゼル油生産について
・BDFの良否について具体的な説明を受け、よく分かりました
・説明も分かりやすく会社の方針に感動し意識も変わりました。有難うございました
・地球環境問題に取り組んでいる現場を見学させていただき感銘を受けました

・環境問題は人類の死活問題になっています。みながCO2を減らす努力を課せられています。
・集めた廃食油が処理される現場が見れ、参加してとても良かったです
・環境についてやりたいと思いいたことをたくさんされていて嬉しかったです

・太陽光+風力の街灯・外灯もあったら良いと思います
・環境エコロジー事業に取り組む姿勢のすばらしさに感心しました。
・地球環境を守るために衣食住に関心を持って一人でも多くの人に参加してもらいたい。
・会社・役所などで南側窓際の最高の良い場所で転倒している例があるが、節電に努めたらよい
・リサイクル活動ぐらいしかやっていませんが、太陽光発電についても関心があります。
・自治会単位で廃油の回収活動を始めてみたいです

☆川口の所感:
・今回初めて「環境」をテーマに「講座+見学」を行ない、環境問題に関して参加者の関心が高いことが分かりました。
・参加者の意識はもちろん高かったが、取り組みや広報活動について工夫して効果的に進めていく必要を痛感した。"
☆今後、環境活動に取り組んでみたいですか?の問いに12名が「はい」として積極的で良かった。
☆家族や地域で環境問題に取り組みを実行し活動の輪を広められるように願っております
☆このような環境に関する勉強会・見学会と、広報宣伝活動を関係先と大いに積極的に行なたいと思います。
☆今後の企画にも意欲的に参加する方が安定していてホッとします。
 特に、峡南地方を理解してもらうため峡南地方で行なう次の機会にも甲府方面からの参加者が多いことが望まれます。

第19回10/20(月)「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」

第20回11/22(土) 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」
          産業観光研究会 
posted by 創ろう甲斐 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

竹炭のミネラルパワー

山梨県身延町の和田峠には、1日に1mも成長するような甲州の孟宗竹が生え茂っています。
この森林資源を活用し、身延竹炭企業組合は竹炭を製造し、さまざまな商品を生産販売中。

竹炭の商品価値は、他の天然素材にはない次のポイントが鍵となっています。
)「縦横に無数の孔(穴)」が空いている!
  その数は、木炭の2〜3倍といわれている!
  そのため、種々の物質を吸着して空気や水を効果的に浄化できるのです。

2)成分としてカルシウム、カリウム、ナトリウム、鉄分など天然ミネラルが豊富である。
そのため、炊飯器に入れるとミネラル分が水に溶け、カルシウムの多いふっくらご飯が炊けます。

詳しくは、同組合のホームページをご覧いただき、竹炭について身近に理解を深めませんか?

水差しやポットに入れると”浄化”をお手伝い!
美味しい水がいただける
こともご存知でしたか?

我が家の母は、おっかなびっくりで食わず嫌いですが、ソット入れてみてその効能を試しています。

糠漬けに入れてもよいとは! さっそく試してみましょう。

消臭効果として、冷蔵庫内、米びつに、ゲタ箱などにも
大活躍。

竹炭のサンプルと利用例についてご関心ある方は、当ブログにコメントをお願いします。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。

地域経営を考え行動するためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?

自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

第3回富士川流域の技作家たち展 富士川街道「六斎市」のご案内

第3回富士川流域の技作家たち展 富士川街道「六斎市」が開催です。
富士川流域のクラフトから特産品まで「ものづくり」が一堂に結集!
「富士川の技・伝統と現代」を再考してみませんか?


☆開催日時 2008年10月17日(金)〜10月27日(月)

☆開催会場 山梨県増穂町あおやぎ宿「活性館」、ギャラリー六斎他

☆料金  お買い物は有料です! 展示や車座トークは無料です!

農家の自慢の”“食の技”作家の“工芸の技とふれあい、ゆたかな交流を楽しみませんか!?
車座トークとバロック音楽の夕べもあります!

1)富士川流域の技作家たち展 10月17日(金)〜27日(月) 酒蔵ギャラリー六斎
火曜・水曜は休日です

2)富士川街道「六斎市」 10月18日(土)、19日(日)10:00〜16:00
会場: あおやぎ宿「活性館」

3)「富士川流域の食」今昔物語
山梨県立博物館学芸員植月学氏から興味深いお話を伺います(無料)
10月19日(日)17:30〜
会場: あおやぎ宿やなぎ亭

4)バロック音楽を楽しむ夕べ 10月25日(土)
バロック音楽を聴きながら、ワインと富士川の食を
楽しみませんか? 前売り券3000円
会場: いち柳ホテル

■主催 第3回富士川流域の技実行委員会

■後援 山梨県、峡南地方6町、峡南広域行政組合、JR東海、マスコミ各社、峡南青年会議所他

山梨県峡南地方の秋の実りと作品展にどうぞお出かけください。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満


posted by 創ろう甲斐 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」

産業観光第20回を記念して、特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」を開催します。

山梨県と峡南地方の発展を考えるビジネスマン、意欲ある方々のご参加をお待ちしております。

☆ 「産業観光」は商工農林の産業現場や公的施設など“キラリと光る現場”を見学しともに感動し学び地域づくりに役立ちます!
    
開催日: 11月22日(土) 10時00分〜16時20分
    
講 演:
1) 「私の経営と地域経済の活性化について」    10時00分〜12時00分
   講師: 長澤 利久氏 
    現役職 山梨県経営者協会 会長
         全国精麦工業協同組合連合会 会長
          鰍沢法人会 会長
        鰍ヘくばく 代表取締役会長  
         NPO富士川・夢・未来 理事長
        
 昼食: 峡南地方の食材を使った“富士川街道弁当”を舌鼓   
                 
2)「山梨県きのこの生産現況と生産奨励施策について」     13時00分〜14時30分
   森林資源を活かし各種のきのこの増産と「地産地消」を促しませんか?
  講師: 山梨県森林総合研究所 資源利用研究部長 柴田 尚氏

3) 「きのことユズの新規機能性と新市場の開発について」      14時40分〜16時10分
   農産品の機能性が健康に有用です。取り組みについて理解を深めましょう! 
  講師:株式会社アイ・ビー・アイ               
     中村友幸専務取締役 (応用キノコ研究所 所長 工学博士)
    
定 員: 70名 払込先着順 3日前まで解約の場合払い戻しします)
参加費: 1,300円 (郷土料理弁当、事務費を含みます) 
産業観光研究会 口座番号 00280-5-133214に払い込みをお願い致します。 

☆集合時間・場所: 9時50分 山梨県森林総合研究所(大研修室)
      増穂町最勝寺2290-1  Tel: 0556-22-8001
 または身延線市川大門駅 9:41着(甲府駅9:04発)
         マイクロバスがお迎えします。
 ☆キャンパスネット連携講座なので6単位の受講となります!  
      
後 援: 山梨県、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
     山梨県商工会連合会、甲府商工会議所、山梨日日新聞社山梨放送増穂町 
  
協 力:  山梨県立大学地域研究交流センター、山梨大学、山梨学院大学
     潟^ウンネット、慨PARK、鰍ヘくばく、 潟Aイ・ビー・アイ、峡南JC、いち柳ホテル

主 催: 山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Y登録「産業観光研究会」    
協 賛: NPO富士川・夢・未来、 鰍沢法人会 
 お問合せ・お申込みをお待ちします。代表 川口
このブログにコメントでお申込みください

posted by 創ろう甲斐 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

産業観光研究会では、環境問題にもチャレンジします。

産業観光では、商工農林業の勝れた企業を見学し人々と企業との交流を深めています。
また県の研究施設などを見学し、専門家に解説いただきながら、社会学習を通じて、交流を広めています

今回、第17回9/13(土)午後「自然エネルギーと環境問題について甲府市内の先進的な現場を見学!」では、環境問題にもチャレンジします。

1)甲府市南部市民センターでは、太陽光発電システムについて深く理解します
NPOみどりの学校の芦沢公子理事長から解説いただき、県内の太陽光発電の普及状況や課題について認識を高めます。
その必要性について学習し、各地域の太陽光発電システムの普及促進にともに取り組みたいですね。

2)向山塗料は、県内でも有名な食用廃油からバイオディーゼル油を生産する先進的な企業です。
県内には多くの仲間たちが活動団体を組織化してその普及に取り組んでいます。
「大量生産大量消費」を排除して、「循環型社会」を具体化するために、先進企業の現場において多くのことを学べると思います。

現在、申込者が18名ほどです。
来週木曜日に山梨日日新聞イベント情報に掲載されるので申し込みを
お待ちしております。
多くの皆様が、「環境問題」について直視し、対岸の他人事でなく、自分たちの子孫のためにも、そして美しい地球を守るためにも地球温暖化を防止する活動にともに取り組んでいきませんか!?

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

JC峡南カレッジが講演会を開催

全国各地の期待を担って日本青年会議所は積極的な活動を推進しています。
社団法人峡南青年会議所
は、9月11日(木)に峡南カレッジ第2回を身延町総合文化会館で行ないます。

講師に株式会社はくばく長澤利久会長をお招きし、「はくばく流骨太経営術」と題して講演をお願いします。
はくばくの2代目社長としてはくばくの経営を全国に拡大させた同氏の「経営哲学とOnly1を目指してこられた経営の歩み」について1時間半語っていただきます。

また5月に立ち上げたNPO法人富士川・夢・未来の理事長として、峡南地方の魅力を発見・発信するための事業展開についても熱くPRしていただきます。

当日は、質疑応答の時間も十分とり、若手の実業家やビジネスマンとも「双方向で参加型」の中味の濃いオープンカレッジが予定されています。
定員は70名ですが、お申込みをさっそくされ予約してください。
料金は無料です。
お問合せはTEL:0556-22-6366 望月までお願いします。

産業観光研究会も応援していますので、ご関心ある方は、当ブログ上でもお問合せください。

posted by 創ろう甲斐 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

中山間地域を活性化する情報通信インフラの整備を!

山梨県峡南地方は県の面積の約8%を占めるが、80%が山間部であり富士川が東西の交流を遮っている。
増穂町から南部町までは53kmもあり、国道52号線のバイパス化も期待されるが。。。
6町(増穂・市川三郷・鰍沢・早川・身延・南部)合計では6万人を超えるが、人口は減少し高齢化が進んでいる。

南北をつなぐ交通アクセスは国道52号線とJR東海の身延線である。
山間部には県道の丸山林道も貴重な産業・観光道路であるが、豪雨には通行止めとなることも多い。

2017年には中部自動車横断道が開通予定で、太平洋と日本海を結ぶ高速道路が10年後には実現される。
静岡国際空港の2009年3月に開港するので、身延線は、“特急”を増便するに違いない。
また、静岡県や富士五湖地域と道路整備を通じて海外からのインバウンド観光客の流入も期待される。

さらにJR東海が経営するリニアモーターカーの試験運転が43kmに延長され実用化に向けて明るい見通しである。
そのアクセスとしてJR東海身延線の“特急増便”などを通じて地域経済の動脈になるよう期待されている。

現在、峡南地方には観光客の流入も少ない。
また県立の施設が少ない、人口も減少しているなど人々と情報の交流機会が少なくなり、「過疎」に直面し、限界集落も多い現状である。
今後は、峡南地方がどのように一帯的になり活性化して、人口流出を止め、自立した「地域経営」ができるかどうか? 
この難題に対して関係する町や機関・団体は連携協力した関係を強化し、連帯の効果を実現していきたい。

さて、峡南6町の約25%の人口を占める増穂町にも10月から光フレッツ網が開通している。
しかし峡南地方の他町では依然ADSLであり、里山地域ではまだISDN回線であり、インターネット映像通信には支障がある地域も多い。
経済的な過疎や情報格差を埋めるため! 先ず、交通網や情報通信のインフラ整備が急がれている。
行政からNTTに対して光フレッツ網を早期に整備して、「情報の格差」を是正しながら、産業の振興につなげていかなければならない!
また、里山の特産物開発と販売促進のためにも、「情報発信力の強化」が必須である。

小中学生の家庭教育にも、動画による情報の受発信が必要となっていることも行政とNTTは真剣に対応を急いで欲しい。
産業振興や若者たち情報通信の面からも峡南地方という一例だが、
地方山村地域にも魅力を見出せるような環境整備が急務である。


さらに、防災対策のためにも情報通信網を整備することが優先課題である。
情報通信インフラの整備は、国道の整備よりも早期に、経済的に成果を見出せる。
その社会的な投資効果が大きい
ので関係者の英断と関連施策の前倒しを強く要望したい。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満


posted by 創ろう甲斐 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

産業観光の社会的な課題

週末や休暇をとって「非日常型の観光旅行・レジャー」とは異なり、自己学習型や地域活性化に役立つ「産業観光」には次の課題もある。

1) 参加者は、時間とゆとりがある「自己投資」として中高年齢者の参加者が多くなります。
平日の企業訪問でもあり、ビジネスマンや学生は、なかなか平日には休暇がとれないのです。
会社のご理解を得て、大手を振って平日に休暇をとるか、研修扱いで参加できるような「自己学習の場を提供・ゆとり社会」になるのはまだまだ先のようです。

そんなわけで、「産業観光研究会」ではこれまで、土曜日の午後3−4時間2箇所を見学するなどを数回実施しました。

2) 産業観光の実施日は平日となります。
参加者は土曜日などをご希望だが、受入先の工場見学は、平日の営業日となります!
そんなわけで、農業関連の施設や経営者がご理解ある工場を土曜日に見学したこともありました。

これらの「見学の実施日と参加者」のマッチングが難しく運営上のポイントである。

工場見学では、産業と生活者・学生との接点を広めるために、次の課題について検討していきたい。
@ 学生が参加できると、学生が企業と接する機会も拡大できる
A 企業には同業他社を見学できる場合、業務上の「視察研修」として認めてキャリアプログラムの意義付けとしたい。
B 大学や専門学校は「企業見学や産業観光」をカリキュラムとして認定できるよう要望したい。

3) 団体行動なので移動時間はスケジュールに沿って時間を守ってもらわなければ!
熱心な質問したい方々に、質問をご遠慮いただくなどの場面もありました。

4) 自己学習や社会学習の一貫なので事後にアンケートをキチンといただきたい。
産業観光研究会では、見学先ごとに「満足度」とご感想やご要望などをいただき全体をまとめています。
このアンケート記入でも「主体的な参加型」が求められます。

アンケートのまとめは、「後援」をいただいた関係機関には報告として届け、事後の活動にも反映するように有意義に活用しています。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 5 全国の産業観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アート・アクセサリー・ギャラリーオゴン

山梨県早川町の里山のアート・アクセサリー・ギャラリーオゴンを紹介します。

すてきなカップルが当地をこよなく愛して移住。
「温もりと癒しのギャラリーと作品の製作」をしています。

◆ Glass Art(パート.ド.ヴェール)by 金井君恵

◆ Wood Art(木彫作品・木皿)by 渕上照生

ギャラリーオゴンのブログも連日フレッシュな記事を発信しています。

皆さん
Web上で、また紅葉の秋、早川町のギャラリーにもどうぞお出かけしませんか?

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 11:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

岩崎けんいちのイ ラ ス ト 展

岩崎けんいちのイラスト展にお越しくださ〜い

;">『 音楽でみんなが感動して仲良くなれたらうれしい!

愛(Love)と平和(Peace)をテーマに岩崎けんいちが心に響く優しい歌を届けます。
岩崎けんちゃんは、ミュージシャンとしてまた、イラストレターとしてHeritage Music Liveなどのポスターも手がけています。

カンボジアには4度も音楽チャリティーコンサートを通じて国際交流を深めています。

四国お遍路、広島などで見たものを描いた多くのイラストなど    一枚のイラストに込められたメッセージを感じてください。

日時: 2008年9月1日(月)〜 9月13日(土)
最終日: 13日(土)2時に ミニライブを開催します。
  
岩崎けんちゃんの弾き語りを聴きにきませんか!?

入場は無料です。

身延町出身の岩崎健ちゃんが、峡南地方の人々に温もりの愛の詩をお届けします。
場所:  山梨県増穂町 活性館(いきいき)館 (青柳郵便局向かい)
休館日: 毎週火曜日   

どうぞお誘いあわせお越しください。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山梨県内の「産業観光」の紹介と地域活性化の推進を

山梨県内でも新しい観光資源の発見や工場見学をする「産業観光」の取り組みが行なわれ、県の商工労働部や観光部、やまなし産業支援機構、甲府商工会議所などが支援している。

山梨県中小企業団体中央会では、「山梨県産業観光ガイドブック」を本年作成。
ワイン、飲食料品などの製造業、ジュエリー、地域活性化の団体など見学受入れを積極的に行ない、「地域と共生共栄」する事業所を紹介している。

山梨産業情報交流ネットワーク(IIEN.Y)に登録された当「産業観光研究会」は、山梨県立大学の地域研究交流センターが開催した「地域プロデユーサー養成講座」の講師、受講生が中心となり、実施している。

商工農林業の産業現場や県の施設など“キラリと光る現場”を毎月見学。

昨年3月から毎月16回を実施し、見学先は、58ヵ所、延べ405人の参加者となった。
産業観光研究会の活動実績について紹介記事をどうぞご参照ください。

参加者同士と企業や施設の専門家との交流を通じて、感動し学んで“人づくり・地域づくり”に役立っている。
一人では行けない見学先を見学でき、人々が交流して地域の活性化に寄与している。
生涯学習・社会教育的な研修活動としても「産業観光」に取り組んでいる。

県外への見学先の拡大や、県外からの参加者との交流、また学生の県内就職率を高めることも中長期的な目標としている。

尚、これまで第10回では、産業観光東京へ!として国会と”情報企業”2社を見学!
1) 国会議事堂・参議院会館
2) 平河町のレディー・こども向け業界トップの出版会社潟uティック社          
3)台場の潟tジテレビジョン  を44人で見学。

第15回6/26(木)には、「焼津市のサッポロビール・わさび工場、さかなセンター、小泉八雲に感動を!」にて焼津市民の人々とも27名が有意義な交流をできた。

明日は、「産業観光の社会的な課題」について考えましょう。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満



posted by 創ろう甲斐 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 5 全国の産業観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産業観光のメリット

「産業観光」の参加者にとって、次のメリットがある。
* 一人では行けない工場や公的な施設に、関心を共にする同好の人々と見学でき交流できる。
* 目的や質問をもって現場を見学でき専門家などの解説も聞きながら有意義な情報を得られる。
* 食品などの消費者向けの工場では試供品などをもらえる
* 試食品や捥ぎたて果実などおいしいものを食べられる
* 手づくりを体験できる企画もあり、独自性あるオリジナル作品を作れる

これらのため満足度が高く楽しめるので自己実現度が高いといえる

企業はCSR(企業の社会的責任)も考慮して見学の受入れと情報提供に積極的な企業が増えている。
企業のメリットは、
@ 消費者・地域のお客様から会社と商品を理解してもらえ、愛顧客となってもらえる  
A 「社会性・地域との連帯性の強化」として社会から評価される 
B 見学者にモニター的な協力をお願いできる場合もある
C 見学者から口コミで企業の評判を宣伝してもらえる  などがある。

「産業観光」活動は地域の活力となり、地域のメリットも大きい!
地域住民と企業は、社員が説明する見学会を通じて密着した関係を創れます。
地域の魅力である「地域資源」を活用した地域活性化に結びつきます。
産業観光に参加した親御さんたちが子どもたちに紹介し、就職してみようとなれば最高ですね!

「産業観光」は、社会教育的な生涯学習プログラムとしても評価され、運営団体は公的な「生涯学習の推進機関」として認定されるケースも多い。

山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Yに登録された我が「産業観光研究会」は山梨県の生涯学習文化課が推進しているキャンパスネット連携講座です。
毎回、同講座に登録した参加者は1時間に1単位を取得し、年間表彰を狙っています。

「産業観光」の重要性と社会的な必要性は高く、受け入れ先企業の協力によりその市場性は大きい。

産業・企業と地域社会・生活とはもっと密な関係を保つべきであり、「産業観光」は行政や事業者としても大いに推進するべきである。

地域経済全体への効果や潜在需要が大きく、団塊世代の参画により市場性は「産業として成長」しつつあります。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満


posted by 創ろう甲斐 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 5 全国の産業観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

産業観光第17回「自然エネルギーと環境問題について甲府市内の先進的な現場を見学!」

今朝の山梨日日新聞社イベント情報に掲載されました。
詳しくは下記をどうぞご覧ください。
産業観光研究会は、見学して「自己学習」から、さらにお仲間との交流を通じて、人づくりと地域活性化を目指しています

「産業観光」を通じてキラリと光る先進企業や公的施設を見学し人々と交流の輪を広めませんか!?
日時:9月13日(土) 13:30 〜 17:00  雨天決行

1) 甲府市南部市民センター(山城ひまわり第一発電所)   下今井町15
・太陽光発電システムの現場を見学。“市民立”の共同発電について理解します。
  ・公共施設に市民参加による“協働”の「電力を地産地消」して「売電」を実現! 
NPO法人みどりの学校のエコ活動事業について説明を拝聴します。

2) 向山塗料滑ツ境事業部   上町2244    

・使用済みてんぷら油からバイオディーゼル油を生産する現場を見学します。
・公用車や一般にも環境にやさしい燃料の販売事業について伺います。
・「まちなかに油田をつくろう会」など先進的な活動について解説いただきます。 

☆ 中学生や高校生も親御さんやお友達と参加しませんか?
 (中学生以下は無料です)
  但し、お申込みをお願いします。参加者の管理がありますので。

*現在、15名がお申込みです。

☆ 移動:甲府南部市民センターからできるだけ車に便乗して往復します。
  同乗させていただけるドライバー参加者のご協力をお願い致します。

参加費: 300円(資料代) 当日ご持参ください。
     申込み時に、交通手段についてご連絡をお願いします。
募 集: 30人 (申し込みされご都合悪くなる場合は、お知り合いをお誘いください)

集合時間: 13:20 甲府南部市民センター 下今井町15 TEL:055-241-0083 
 ☆キャンパスネット連携講座なので4単位の受講となります!

後 援:山梨県、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
甲府商工会議所、山梨県商工会連合会、山梨日日新聞社・山梨放送、鰍沢法人会、
山梨県地球温暖化防止活動推進センター 

協 力:山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、株式会社タウンネット、
   ことぶき勧学院、株式会社SPARK、NPO富士川・夢・未来NPOみどりの学校

主 催: IIEN.Y登録「産業観光研究会」お問合せ・お申込みをお待ちします。
 
次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

商工農林業の「産業観光」を通じて地域活性化

商工農林業の“キラリと光る”事業所を見学し、現場主義に基づき地域を活性化しましょう!
「産業観光」について次の定義がある。
(社)日本観光協会は:「歴史的・文化的価値のある産業文化財生産現場および産業製品を観光資源とし、それらを通じてものづくりの心に触れるとともに、人的交流を促進する観光活動をいう」

JR東海の須田寛会長: 著書「新しい観光」において
「見る・体験・学習」の三位一体の自己実現をできるとして、「産業との関わり」を積極的に見出して「新しい観光需要」を創出するべきと主張している。

愛知県は「産業観光」の先進県である。
自動車産業が地域に役立ち、自動車博物館や自動車製造ラインの見学受入れなど既に30億円以上の有効需要を産出している。

自動車産業が、新たに地球環境を軸としたテーマ館を設けてくれないかと願っているのだが。。。

昨年10月全国産業観光フォーラムが会津若松市で開催されテーマ・分科会として3つのキーワードがあった。
「広域連携による産業観光」、
「多面的観光スタイル」、
「教育旅行の推進」が挙げられた。

産業観光の見学先として、
「産業遺産(近代化遺産)」
「ミュージアム(特に企業博物館・企業資料館)」
「工場見学」
「伝統工芸・地場産業」
「農業・林業・漁業の勝れた事業所の現場」

「先端科学技術」など魅力の研究所やセンターの見学がある。

小生は、「公的施設」の見学を通じて専門職員との交流と知識と関心を高めるべきと考えている。

「産業観光研究会」では、1年半の16回において県や市町の施設を17箇所見学した。
その中では、国会議事堂や県の総合農業技術センター、果樹試験場、流通センターなども大変好評でした。

明日は、見学する参加者と受入れする企業にとってのメリットを考えます。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。

自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満


posted by 創ろう甲斐 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 5 全国の産業観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

産業観光研究会のこれまでの活動

山梨日日新聞の「産業観光」の連載記事が4回で終わってしまい残念!
見学を積極的に受入れる先進企業を大いに紹介し県民との接点を広められる紹介記事を期待していたが。

IIEN.Y登録「産業観光研究会」ではキラリと光る商工農林業の事業所や県の施設などを見学。
先進的な企業や公的施設との交流を通じて地域活性化を目指しています。

これまで昨年3月から16回で58箇所を見学。
内、公的施設では、国会議事堂、山梨県の森林総合研究所、総合農業技術センター、果樹試験場や協同組合山梨県流通センターなど計17箇所を見学し大変好評だった。
10月20日の第19回まで決まっており、合計68箇所となります。

参加者は延べ405人となり、1回あたり平均25名が参加しています。男女の比率は40:60くらいです。
内、東京、横浜から4名も参加。

さて、参加者は、学習意欲が旺盛で、各回に質疑応答が活発に行なわれます。
そのため時間通りに移動するために、質問を遠慮いただいたり小走りで次の会場に移動する場面もあります。
各回にアンケートでは満足度も高く、運営に協力いただく方々も増えています。
ご夫婦や兄弟姉妹で参加する方も多く、時折、親子で参加する方もいます。

産業観光を通じて、人づくりや地域づくりに取り組みその輪が広まっています
お馴染みの会員が増え、互いに仲間を誘ったり、新規会員には支えあい励まし合い毎回楽しく行なっています。
そんなわけで、楽しく有意義な「産業観光」にご関心の皆様もどうぞブログをごらんいただき、奮ってご参加ください。
お待ちしております。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満



posted by 創ろう甲斐 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

市川三郷町の神明花火大会

山梨県市川三郷町の笛吹川下流富士川畔にて夜空に2万発の神明花火大会がありました。
約2万人以上の観衆・家族が酔いしれましたね!
犯罪や災害事故が多発する暗い世の中ですが、明るい幸せな2時間でした。

皆、路上に椅子など出して家族で楽しんでいました
農道に寝っころがった中年夫婦や、軽トラックの荷台で楽しんでいたカップルもいました。

特に、工事中の増穂橋が、ようやく大工事も半ばで一方通行になったので、橋の歩行用スペースに
多くの家族が、高い場所から無料鑑賞していましたね!

県外の親戚なども、毎年この8月7日花ハナ火ビの日に田舎に帰って故郷の味や空気を吸い込む人々も多いですね。

平和のわが国だからできる夏の夜の祭典!
地方の過疎や、限界集落の問題や、苦しい台所についてはしばし忘れさせてくれました。

明日からは花火やさんの「技とエネルギー」に感謝をもって、仕事に精出しましょう!を

今年は、隣の増穂町からは80万円の特大大仕掛け花火も協力でき良かったですね!
来年は、増穂町にも観客スタンドを設けたいですね!!

身延町からも大仕掛け花火の協賛があるとよいですね!
もちろん、下部温泉卿の旅館には満員の宿泊客となるでしょう。
JR東海身延線の貸切運行車両も実現できるように!!

今年、UTYテレビ山梨が、8時まで生中継で放映してくれたのは効果的でしたね!
来年は、8時以降、YBS山梨放送や、NHK山梨放送局も放映に協力し、全県・全国的なイベントを創れるとよいですが。。。

山梨県峡南地方は、これまで県内でも人・物・金・情報が遅れて、高齢化が進み今でも課題が多い地域です。
住民と、この地域の出身者の「英知とエネルギーを結集」して活性化を図っていきたいですね!

次のブログにもどうぞお立ち寄りください。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満


posted by 創ろう甲斐 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

産業観光 第19回TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学! 

産業観光第19回10/20(月)「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」 を次のとおり行ないます。

県内外の方々が奮ってご参加いただきたいと思います。

日時:10月20日(月) 13:30 〜 16:30  雨天決行

1)TDK轄b府工場  
 ・太陽光発電300kWの現場を見学。
 ・”新エネルギー100景”にも選ばれ日本の大手3社の太陽電池を各100kWづつ設置し比較調査を行ないながら普及を促進中。
 ・年間、一般家庭の年間電気使用量約100軒分に相当し220トンの二酸化炭素を排出削減。 
この地球にやさしい取り組みについて学びませんか?

尚、工場は業務用の薄膜デバイス、腕時計用太陽電池を生産しています。
 
2)釜無川浄化センター 
 ・県内最大の下水道終末処理場を視察し現況と今後について(財)下水道公社から説明いただきます。
 ・8市町の汚水を一括処理し現在、処理能力は74,000m3/日。
下水処理の重要性と循環型環境システムについて理解を深めましょう。
・多くの小学生も見学して学習しているので親御さんたちも学習しませんか?

☆ 移動:TDKから車に便乗して往復したく同乗させていただける方のご協力をお願いします。
☆ オプション: 増穂町立まほらの湯に入浴していきませんか?(町外の方は500円です)

参加費: 300円(資料代)当日ご持参ください。申込時に交通手段をお知らせください。

募 集:30人 (申し込みされご都合悪くなる場合は、お知り合いをお誘いください)
集合時間: 13:20 TDK轄b府工場 南アルプス市宮沢 TEL:055-284-3111 
☆キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!

posted by 創ろう甲斐 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。