2007年03月13日

新しい観光

JR東海の須田 寛会長は、著書「新しい観光」で”産業観光”の推進について提唱され、全国への普及を促しています。

物見遊山の、「見て、来て、楽しんで、疲れて、帰る」レジャーや旅行も楽しい思い出ですが。。。

新しい発見、人々との出会い、自己啓発と自己投資など生涯学習としても
、「商工農林業の」優れた企業・現場を見学し、知的学習を行ないながら、地域の活性化や人づくりにも貢献したい!!

例えば、「食」や「農業」の分野では、体験農業を通じて、農業の現場について発見し、理解し、農産物に新たな感謝をする。

幼稚園児や、小学生や主婦が、例えば、キノコの菌床生産現場や果樹を手入れする果樹園などを見学できると、食育の学習ともなり、世界が大きく広まります。

汗を流して農産物を大切に育てる農家の皆様に、感謝しながら
ものごとを大切にする心、意識を育てることが大事でしょう。

底では、自己中心型で、荒んだ今の世の中において、大人が見直すべき基本的なことも多々学べるのではないでしょうか?!

第2回増穂・鰍沢の自慢の企業・施設の見学を!では、キノコの
菌床生産現場2箇所を見学させていただきます。

ご一緒に見学できると良いですね。
posted by 創ろう甲斐 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

地方統一選挙と産業観光

地方統一選挙活動が各地で行なわれています。

現職議員には、これまでの実績を睨み、今後ともどのように県や地域の発展に貢献できるかどうか見極めたいですね。

新人議員を含めて、新しい視点として、「産業観光」の振興方策や取り組みについても見解をお聴きしたいですね。

産業観光は、地域の商工農林漁業の現場を見学し、
生活者と産業との関係をより身近にして、
人々が交流し人づくり・まちづくりとなる
意義ある社会創造的な活動の輪
となると思います。

今後、受験一筋や、ものづくり一辺倒から、
児童や学生に開かれた学習現場の体験や、
また、団塊世代の退職後の人づくりや生涯学習も
重要です。
社会的に「産業観光」活動を通じて
互いに対話と学習・自己啓発の機会を創り、人づくり・まちづくりとなる機会を創造していきませんか?
2008.3.11
posted by 創ろう甲斐 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

リニア中央エクスプレスのご案内

山梨県の大きな観光資源の目玉「リニア中央エクスプレス」について数字を挙げてご紹介します。
この世界一超高速のリニアモーターカー(磁気浮動式鉄道)に試乗ご関心ある方は、JR東海にお申込みの機会にチャレンジしてみてください。
山梨県内の方は:試乗会申込み

全国から試乗を希望される皆様は:試乗会申込み

・平成2年着手 平成9年3月完成
・実験線予定  42.8km
平成25年度末を目標 
・現在     18.4kmが先行区間として完成。
・最高速度   581km/H
・試乗者数   13万人
・総工事費    ?

夢の実現を!
東京〜甲府間 20分
甲府〜大阪間 40分 
    (チト小さい文字となってしまいましたが。。。)


posted by 創ろう甲斐 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

風林火山博

甲斐の国風林火山博」をもうご覧になりましたか?
首都圏・中部・信越方面の方々はチャンスもつくれますが、関西訪問の方は5月の連休でしょうか?

長野県では、もう一つの「風林火山」の賑わいを演じているようです。
川中島合戦ではないけれど、甲斐も信州もこの機会を上手に広報宣伝しながら、ご来訪のお客様に大いにご満足いただきたいですね。

NHKの大河ドラマ「風林火山」も武田晴信がいよいよ信玄として
世に名声を築いていく名シーンが多くなります。

リアルな名場面について前後には、「風林火山」博にて知識を裏付けて、納得した観覧をしてみませんか?
会場は、JR中央本線甲府駅から徒歩で7分くらいの山梨県民情報プラザ特設会場です。
1Fは、無料で山梨県の特産物をお買い物できます。
さて、地下1階の600円入場料にて、どうぞ「山梨県が心よりおもてなしする甲斐の国風林火山博」をごゆっくりとお楽しみください。
posted by 創ろう甲斐 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

JR東海身延線は中部地域の活性化の期待を担って!

JR東海身延線 富士市ー甲府市を南北に88km結び山並みと富士川沿いを走る貴重な旅客鉄道です。
特急ワイドビューふじかわも評判が良いですね。
回数券の利用度はいかがでしょうかは?

利用状況について、積極的な広報宣伝活動をされるとよいでしょう。

貨物車両の運行はいかがでしょうか?
夜間に走っているのでしょうか?

例えば、関係企業が駅前に駐車場や貸しビルなどを経営している状況も含めて、山梨県民に「開かれた鉄道会社」をもっともっとPRしてください。

今年は、沿線でどんなイベントを?
協賛、後援される事業は?

身延線の静岡県内と山梨県内の利用度、収益性は?

もっともっと両県の”交易・交流”を促進できるように願いながら。

今年の夢は静岡、山梨、新潟のJ1チームの応援合戦のために、身延線を貸切ツアーしませんか!
甲府から、同じ軌道幅のJR東日本中央線に乗り入れします。

先輩格のジュビロ磐田、清水エスパルス、そしてアルビレックス新潟ヴァンフォーレ甲府が戦う試合では、
身延線の数車両がサポーターで満杯になる!!
もちろん帰りの社内は、それぞれ地域の特産物を買い込み土産でいっぱい。

そんな夢を19年度は実現できないでしょうか?
J1を中心とするサポーター活動により、日本縦断の新しいスポーツ振興と地域活性化を具体化したいですね!
posted by 創ろう甲斐 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

中小企業地域資源活用法の骨子

中小企業地域資源活用法の骨子と政府予算案がまとまった。

中小企業と地方の活性化のために、5年間で新規事業を1000創出する施策が動き始めた。
特色ある資源として、
・ 産地の技術
・ 地域農林水産品
・ 観光資源など 
   を活かして新事業を創出し、モノづくり、まちづくりを支援
する。
   
中小企業基盤整備機構などが推進する新商品・新サービスの開発・販売をつぎのように促進する。
1) 地域の関係機関と連携
2) 地域資源をビジネスに結びつけるタネ作りのための勉強会・交流会の開催
3) 地域の中小企業と外部のビジネスパートナーにつなぐコーディネーター活動の支援
4) 地域ブランドや地域中小企業のポテンシャルをアピール市販路開拓となるアンテナショップ・商談会、フォーラムを開催

   これに伴い、関係する自発的で社会性の高い「地域活性化事業」には補助金枠も拡大されるようです。
   市町村・商工会議所や商工会などに密着して、ともに地域の活性化に取り組みたいですね。

産業観光研究会
第1回増穂町の魅力発見!に参加しませんか?
川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

地域活性化のため交流と連携

国は、19年度中小企業地域資源活用プログラムに101億円を新規計上。
地域の優れた資源を活用して、地域中小企業が「知恵」と「やる気」で新商品・新サービスを開発・市場化する取り組みを支援します。
尚、参考まで中小企業対策予算総額は1625億円です。
新規プログラムで、予算総額の6.2%を占めるので、国や中小企業庁の意気込みも十分伝わってきます。

この関連で、山梨県商工会連合会では、19年には、「交流と連携」をキーワードに商工会づくりや地域の活性化に取り組んでいます。
18年度より「地域資源観光活用推進事業」を創設し、5つの商工会が地域性を活かし町ぐるみで取り組んでいます。

そんなわけで、「産業観光」の社会的な意義も大きく、IIEN.Y登録「産業観光研究会」は、関心ある同志皆様と「小さく生んで、大きく育てたい」と願いつつ会員の輪を拡大したいと思います。
もちろん県外の「産業観光」に発展させていく楽しみも創っていきたいですね。
全国の先輩グループの皆様、どうぞコメントやアドバイスの程よろしくお願いします。
産業観光 第1回増穂町の魅力発見を!
甲府盆地の南端増穂町にある はくばく本社工場など 貸切観光バスで見学しませんか?
産業観光研究会
代表 川口正満
2007.2.18
posted by 創ろう甲斐 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。