2007年03月20日

産業観光第1回増穂町の魅力発見!報告です

産業観光第1回増穂町の魅力発見!を3/19(月)行ないました。
28名全員参加のところ、当日にご不幸が起きてしまった2名の方が欠席で残念でしたが、26名で意欲的に、増穂町の魅力発見や優れた企業とすばらしい県や町の施設を有意義な見学できました。

参加者は、甲府から11名、富士川流域から15名、
ビジネス関連が12名、主婦が8名、学生が6名でバランスのよい構成でした。

見学先の県森林総合研究所、活性館、ギャラリー六斎鰍ヘくばくの皆様方には、それぞれ大歓迎いただき、ご発展の状況についてご説明いただき、互いに理解を深めて、有意義な交流ができました。

昼食は、増穂町商工会が運営するあおやぎ宿やなぎ亭で郷土料理をいただき皆様ご満足でした。

  

地元の朝採れ野菜のてんぷらやとろろなど皆で美味しく舌鼓みして味わいました。
石井精一画伯の絵画や、熊王徳平様の小説など郷土の文化人に接することもできました。

活性館では、富士川流域作家の文化作品や民芸工芸品にもふれあいでき、情緒豊かになりました!

 

あおやぎ活性館


今回は、
午前中、県森林総合研究所の専門家から森林資源について講義いただき施設を見学、
森林資源について学んでいます。

昼時ギャラリー六斎様の展示館などにて商業サービス施設を見学堪能、

ギャラリー六斎 産業観光で見学です


午後、はくばく様の躍進の状況について長澤利久会長と長田部長からご説明いただき、食の製造工場現場を2班に分かれて見学できました。

町内に住んでいても個人的には見学できなく、初めての見学体験の方が多く、アンケートでもご満足の声を多くいただきました。

事務局では、初めてのバス団体行動なので、集合までは気をもみました。
また、参加者の皆様と同じように、ワクワクドキドキで、「あたらしい発見と喜びを共感」できた第1回でした。

皆様のご協力お蔭様にて無事に実り多く学習と人々の交流をできよかったです。
学生6名様を中心に、目的を絞った見学先の選定やもっと交流をできるようにとの声もありましたので次回には活かしていきます。

山梨県立大学の市原実先生には、「産業観光」の意義をごあいさついただきました。

互いに「産業観光」活動について理解を深められ、徐々に県内にその社会的な意義を広められそうです。

先ずは温もりのある「産業観光第1回増穂町の魅力発見!」ができまして報告とお礼申し上げます。
産業観光研究会 代表&富士川流域担当 川口正満

追伸: はくばく様の写真は暗くなってしまい掲載できず申し訳ないです。

posted by 創ろう甲斐 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Y

昨日山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Yが開催され、山梨大学の教授や、県の商工労働部また、株式会社石友の皆様のご尽力のお蔭様にて有意義な交流が行なわれました。
会場は、株式会社石友様のすばらしい社屋。
宝飾業の最先端の工場も見学させていただき、業界のリーダーとしてのご発展の様子を目の当たりに拝見できました。
「産業育成と人材育成」また、「宝飾の甲府ブランドKoo-Fu」の普及のためのシンポジウムも多くの質疑応答もあり、熱気を持って行なわれました。
山梨日日新聞の記事(写真)には小生もしっかり聴講している様子も掲載されましたヨ!(^^)

posted by 創ろう甲斐 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

地域プロデューサーとマーケティング人材

地域プロデューサー」は、地域の活性化のために、地域のまちづくり、観光資源などの活用を図るために旗を振ろうという創造的な活動を行ないます。
昨年、山梨県立大学地域研究交流センターの前澤哲爾先生が主宰となり「地域プロデユーサー養成講座」が行なわれ、関心を同じくするグループが参加しました。

自発的に、自立的に創造的に地域のために活動する地域人材のリーダーシップが求められます。

さて、19年度「中小企業地域資源活用促進法」が制定されます。
その目玉となる施策は、中小企業の地域資源活用事業展開支援であり、支援人材となるマーケティング人材(専門家・仕掛け人)をネットワーク化し、相互に活用します。
同法の施策骨子については、中小企業基盤整備機構のHPまたは、http://ami-plaza.seesaa.net/ ブログでもご参考にしてください。

そんなわけで、地域プロデユーサーも、地域資源のマーケティング人材も同義と思います。
地域におけるキーマンとして、または、地域活性化への目標に向かってシャカリキ?となって、猪突猛進する「若者、ばか者」のエネルギーを期待されています。

経営支援塾
環境問題について考え取り組みませんか!
川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

株式会社SPARKと業務協力です

産業観光研究会では、本日慨PARKと業務協力を合意しました。

慨PARKは、学生の就職活動を支援し、企業の採用活動をサポートします。
まだ一年も経たないのに現在600名の学生が登録。
約100社が効率的な求人活動を図るために、同社サイトにエントリーしています。
(各社からのサイトイメージのご確認待ちが多いとのこと)

学生が、先進企業の工場を見学したいというニーズも高いので、「産業観光」について積極的にご協力いただけるとのこと。
同社の戸田達昭社長は、現役の山梨大学院生です!!

産業観光研究会では、先進企業への見学の依頼に際して同社が推進する求人やWeb広告募集などに協力し、相互互恵の共同取り組みするものです。

山梨県内のより多くの大学生がSPARKサイトの利用と、産業観光への参加なども通じて、「県内企業へのインターンシップや就職」が増加するように願っています!

学生のパートについても、より求職機会のマッチングが高まるように今後企画したいとのことです。
産業観光研究会
川口正満
ご参考まで:AMIPLAZAブログ 経営とIT利活用を考えます


posted by 創ろう甲斐 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。