2007年10月05日

第7回中央・南アルプス市の流通センター・先進企業を見学!の感想です

第7回 9/27(木) 中央・南アルプス市の流通センター・先進企業を見学!に参加した学生から感想をいただきました。
お疲れさまでした。

○流通センターは身近な商品の流れが実際に見て感じられるので勉強になります。
中学生が社会科目の勉強で見学してもいいかもしれません。

○サラダボウルでの質疑応答は充実していて会員の方も満足されており良かったと思います。
ただやはり途中途中お疲れの様でした。

○日程が土日だと企業さん側が休みでしょうから難しいと思いますが、若い人にとって平日はかなり厳しいです。

○内容は年配の方には好評の様で喜ばれていました。
若い人でも興味を持ちやすい企業や見学先だと10〜30代の方も参加しやすいと思います。
以上です。

次回第8回 10/25(木) 「山梨県総合農業技術センターを見学し農業に理解を深めませんか!」も、有意義な産業観光を楽しみましょう!

posted by 創ろう甲斐 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

産業観光第7回中央・南アルプス市の流通センター・先進企業を見学! 報告です

第7回9/27(木)中央市・南アルプス市の流通センター・先進企業を見学!の報告です。
見学先皆様には丁寧な応対していただき有難うございました。

参加された方や、お知り合いの方々にも下記についてご一読をお願いします。

良かった点として次が挙げられます。
1)既入会者が21名であり、顔なじみで慣れた方々の参加で「満足した」が81%と高く、満足度を得られたと思います。

2)山梨県流通センターでは石田専務理事のご配慮で卸専業、小売業態への展開、倉庫の物流についても見学でき収穫が多かった。
 山梨県内の流通団地の変遷と実情や、組合共同事業などについて丁寧に解説いただき理解を深められました。
 県内企業の衰退のため入居資格も緩和している、県外企業の事業所が15社と増えている。
  "
また、年1回の組合まつりが市民サービスとして盛況であること、一方、設備が老朽化し、植栽の管理負担も大きいことなど教えられました。

3)農業法人サラダボウルの田中社長から農業経営の実態についてつぶさに拝聴できました。
 
sladabowl
 多くの質問に対しても熱い想いと社員との経験をもとに説得力ある回答があり多くのことを学べました。
 農場で1時間立ったままでお話しでしたが、全員の関心も高く、疲れを吹き飛ばして満足度が高いものでした。

トマトが元気に生育中です
農業に関心ある方が多いことが分かり、次回の「第8回 10/25(木) 「山梨県総合農業技術センターを見学し農業に理解を深めませんか!」に参加者は半数の13名です。
"
4)内藤家具インテリア工業では、内藤社長他の方に丁寧にご案内いただきました。
 据付家具の製造工程と品質管理について一同熱心に学習できました。
 
naitoukagu
 コンピュータ管理や人の技による生産現場では、多くの社員が「最終工程は顧客満足である」という姿勢で真剣に打ち込んでいました。

5)名門レストラン竹林亭では、コーヒーなどサービスに協力いただき美味しくいただきました。
 竹林堂との関係など説明の場を設けて交流でき、竹林堂でのお買い物にも役立ったようです。

6)7回目に相応しく、7箇所を有意義に見学でき、当日欠席者2名、午後欠席3名には惜しいことをしたと思います。

 時間通りの進行にはやきもきしましたが会員の協力を得ながら実り多い一日でよかっと思います。
 参加者は学習意欲が大変旺盛で、熱心な姿勢には互いに啓発しあっていました。
 参加者間のコミュニケーションでは、車内で2名の方が発言いただき、また1社よりセミナー案内をされた。
 互いに「参加型」運営を徐々に具体化しています。

7)「高くてもバスツアー」を希望する19名や北杜市など希望の方も多いことが分かりました。
 これらの方々のエネルギーを上手に盛り込んでいきたいと痛感しております。
以上 代表 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

「朝市」で地域の活性化に貢献 県から表彰

JR東海の身延線鰍沢口駅前で20年余りも続けている「朝市」の遠藤様など4名のグループが山梨県から昨日表彰されました。
新聞記事は今週でしょうか?

あの、台風の7日(金)も、台風の目に入って雨がやんだ早朝に、採れたて、もぎ立て、掘り立ての野菜を直売したとのことでした。
鰍沢口から南方面が普通となってしまい、子どもや家族を自家用車で送りに来た方たちがいっぱいお買い物してくれたとのこと。

毎月、7日と、22日のみ早朝5時過ぎから直売します。
今朝も久しぶりにお元気な様子に接して、柿、栗、イチヂクややまめの甘露煮、漬物そしてもちや各種の野菜、しそのジュースなどを明るい声で販売していました。
皆様、もう80歳前後です!!
「お元気と明るさ」をいつまでも、地域の人々に分けていただきたいですね。
後継者が手を上げてくれることを願っております。

AMIPLAZA経営支援塾 ECサイトにもお立ち寄りください
社会と環境の問題を考え取り組みませんか! 
川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

森林と共生する活動グループ

産業観光 第6回 「山梨県の森林資源の現況と展望と、穂積地区の魅力を発見!」では、森林と共生する2つの活動グループにより、それぞれ活動について紹介ありました。
初めて「出張講義」をお願いでき、意欲的な活動について一同で感心して学習できました。

峡南地方の“郷土料理”「富士川街道弁当」またの名を「富士川ロマン弁当」(いち柳ホテルによる初公開)を舌鼓しながら、  
1)早川町のまちづくりとNPO法人日本上流文化圏研究所の活動を柴田研究員から丁寧に解説をいただきました。

早川町という1500人ほどの森林資源のみとも言える小さな町(村)に
定住した若い活動家が、町民とともに過疎の克服や、森林資源について啓蒙教育と広報活動する状況について学びました。

)「櫛形山を愛する会」の活動と「櫛形山の自然を紹介では、有泉会員が2050mの櫛形山へ春夏秋に何度も登頂して、撮影した高山植物について解説いただきました。
高山植物は、日本の北から南までの植物が見られるとのこと。
それは、山梨県増穂町が日本の中心部に位置するからとのこと。

近年は、あやめがめっきり咲かなくなり、登山者をがっかりさせています。
その原因としてやはり、地球の温暖化が真因としてあるとのこと!

山梨県の山々のすばらしさと、同時に環境が破壊されている現実を知り、一同驚きながら、真剣に「自然を、森林を、環境を保全する」ことの大切さを実感しました。

産業観光研究会
川口正満
社会と自然環境の問題を考え取り組みます!
AMIPLAZA経営支援塾ECサイトにもお立ち寄りください 

posted by 創ろう甲斐 at 21:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

産業観光「山梨県の森林資源の現況と展望と、穂積地区の魅力を発見」の報告

産業観光第6回 峡南地方や増穂町の魅力発見を多くの方々のご協力をいただき無事行ないました。
30名の参加者にご満足を得られたと思います

大変な残暑の中、高齢者や法人会の社長さんたちも多くて気遣いましたがホッとしています。
お礼申し上げ下記のとおり報告します。

森林総研様、セブリ舎佐久間様、また出張講師をしていただいた森林と共生する2つのグループ様には土曜休日にも関わらずご協力をいただき、大変有難うございました
森林総研にて
セブリ舎佐久間様


小室山妙法寺には、今後とも大勢の方々に参観してもらいたい大変貴重な観光資源ですね。
池原お上人様、ガイドの瀧澤様には講話や丁寧な説明をいただきまして大変有難うございました。
               
小室山妙法寺三門


鰍沢法人会様とは、峡南地方の活性化への一歩に取り組めたと思います
幾つかの新しいメニューを盛り込みましたが、中でも峡南地方の郷土料理弁当については今後の利用推進や地域ブランドとしての普及が楽しみです。
いち柳ホテルの料理長様の腕前には一同感心しましたヨ!

当日などに欠席された方にも食べていただきたかったですが。。。

- - - - - - - - - - - 
IIEN.Y登録「産業観光研究会」
キャンパスネット連携講座!
第7回 9/27(木) 中央・南アルプス市の流通センター・先進企業を見学! ご参加しませんか?
  川口 正満 (中小企業診断士)
人とまちを創ろう甲斐!地方の活性化を目指します。
posted by 創ろう甲斐 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

宝石饅頭とは

宝石饅頭をご存知ですか?
山梨県は宝石・宝飾品の地場産業が自慢の一つです。

宝飾などの地場産業の有力企業が集積した「ジュエリー工房アリア」では、「宝石饅頭」をご賞味いただきたいですね!
十勝産の小豆入りですが、山梨の食の技術と、ブランドを兼ね備えています。

甲府盆地の山紫水明の美しさ、風光明媚な山々を見ながら味わい深くいただけますよ!

インターネット上だけでは、チトもったいないですね。
ぜひ一度お出かけください。
posted by 創ろう甲斐 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

小さな旅 増穂町穂積地域を訪ねて

皆様、昨日NHK8時から「小さな旅」をご覧になりましたか?

20分の番組に心が洗われたようでしたね。

あじさいの花がやさしく迎えてくれる山梨県増穂町の穂積地域
地域の住民が、長年協力してあじさいの苗を植え、草取りをして丁寧に育ててきました。
ゆずの里、日出ずる里としても移住した方々にも愛されています。

6月のあじさい祭りには、9日間で1万人以上の自然を愛する人々が訪問。
小池太一様や深沢洋様など、小学生にも育て方を教えながらともに健康的にすごされています。

小室山妙法寺は、1300年前に建立された名山。
現在は、95歳の池原練昌お上人が管主であり、毎朝部落に有線放送で読経を流しています。
人々は、日々敬虔な気持ちで感謝の心を養っています。

妙法寺には、130mの回廊や、三門には16羅漢が保存されています。

そんなすばらしい穂積地域の魅力を8/25(土)には発見できます。
産業観光 第6回 「山梨県の森林資源の現況と展望と、穂積地区の魅力を発見!」に
どうぞご参加しませんか?!

posted by 創ろう甲斐 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

小さな旅 山梨県増穂町

ゆずの里で有名な、山梨県の増穂町が、NHK総合テレビで放映されます。

7月15日(日)8:00〜8:25 どうぞご覧ください

南向きの山にゆずの木がいっぱい。

すばらしい大きな色つやの良いゆずを首都圏に供給しています。

県人会の皆様、里山にご関心のある方はぜひご覧ください。

産業観光 第6回 8・25(土)「山梨県の森林資源の現況と展望と、穂積地区の魅力を発見!」では同地区をマイクロバスで訪問します!!

posted by 創ろう甲斐 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

山梨県の温泉巡り

昨日甲府商工会議所主催の「山梨県観光集客交流活性化セミナー」に参加。
観光カリスマの鶴田浩一郎氏や、エルダー市場に刊行メニューを確立したNPOエルダー旅倶楽部の大社(オオコソ)充氏の講演など貴重な成功事例を拝聴できました。
ご関係の皆様 大変有難うございました

別府温泉の「別府オンパク」・・八湯温泉泊覧会 の略。
その成功事例と地域再生と着地型プログラムの実際については、山梨県内温泉関係者にぜひ聞いて欲しかったですね。

県内では、全国にも知られた歴史に残る石和温泉、湯村温泉、下部温泉などたくさんの名湯があります。

これらの温泉組合が「全員集合!」で、「甲州路 温泉巡り」を企画できませんか?
別府オンパクのご苦労と成功の秘訣に学んで、首都圏に近い
甲州の温泉街の活性化に活路を見出していきませんか?

ご関係の皆様とともにさっそく知恵とエネルギーを出していきたいですね!
posted by 創ろう甲斐 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

櫛形山の魅力を発見

山梨県は風林火山で今熱い!! さて、今年は自然を、山に癒しを求めてみませんか? 増穂町にある櫛形山は2050m。

初心者でも中高年齢者でも、上れます。

櫛型の頂上を数時間も歩けるのです。

 

そこからは東に富士山、西に南アルプス山脈を仰げます。

うつくしい草花や、やさしい鳥獣もおもてなしします。

 

「櫛形山を愛する会」のホームページでじっくりとその奥深さ、魅力をまずご覧ください。

日本のほぼ真ん中にあるので、北や南のさまざまな高山植物を楽しめます! まるで博物館か、植物事典を見るようなすばらしいホームページですよ!

さっそくお出かけプランを立てたくなりませんか?! 都心から日帰りでも登頂して、心を洗われて、夜にご帰宅できますよ!

もちろん旅の宿をいち柳ホテルなどで取っていただくのも大歓迎です。

 

posted by 創ろう甲斐 at 22:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

富士川の魅力を発見!

3大急流の一つ”富士川”の魅力を発見しませんか?

山梨県の甲府盆地の南端で笛吹川と釜無川が合流して富士川がスタート。
富士川紀行にて、ごゆっくり魅力の一端をご覧ください。

JR東海の身延線 六郷駅にある「富士川地域・身延線沿線観光振興協議会」は館内の町村が連携して観光振興を推進しています。

富士川の河原や両岸の道路を、歩く、走る、乗る!
そして、自然を観る、地場産業を見学する、地元料理を味わう!
ゆるやかに流れる富士川とともに人生をゆったりと楽しみませんか?!
posted by 創ろう甲斐 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増穂町の徳榮山妙法寺

山梨県増穂町の穂積地区はダイヤモンド富士で有名です。
今年も多くの観光客、カメラマニアが年末年始に来訪しカメラに収めました。
ここに徳榮山妙法寺が泰然として構え、日蓮宗の宗徒や観光客をお招きしています。
持統天皇693年に開基とのこと。

昭和47年に本堂が消失し、平成12年2000年に本堂が浄財により新築され、山門なども改築されました。
詳しいお話は、ホームページからどうぞご覧ください。
また、6月のあやめ祭りや、11月のゆず祭りにはぜひぜひお出かけになりませんか?
NA穂積の元気な人々も温かくおもてなしします。

小室山の静かな自然の中で、すばらしい建築に感動し心が清められますよ。
posted by 創ろう甲斐 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

春鶯囀酒蔵の“鷹座巣“

山梨県の増穂町にある名門「春鶯囀酒蔵」では、櫛形山の別名“鷹座巣“を銘酒の商品名に採用。
地元の作家江宮隆之氏が命名しました。

町内外の銘酒ファンの皆様、一度味わってみませんか?
(先日は、この銘酒にも酔いしれて同窓仲間と1時過ぎまで談を楽しみました)

創業210年を誇り、この間、与謝野鉄幹・晶子なども訪れた歴史をとすばらしい資産をしっかりと保存され往時を忍ばせます。

また、ギャラリー六斎は、文化芸術作品の展示スペースとして、貴重な場を県民に提供しています。
産業観光研究会では、次回4月28日(土)に酒蔵も見学させてもらえるようお願いしております。
posted by 創ろう甲斐 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

農と食の新しい未来を

山梨県中央市農産物直売所「た・から」が出現。
お客様が10万人を超えました。
中央市(旧田富町)が消費者と農家を結び、「田や畑からの贈り物」を毎日お届けしています。
新鮮な農産物を作り直接販売し、食の楽しさと利便性を地域に提供しています。
今では、大型観光バスも立ち寄ることもあり、おお賑わいの「新鮮収穫広場」活き活き農産物直売センターとなっています。。

店長の入原様は開業以前からのご苦労で10kg弱やせてしまったとのこと。
初めてのこと、流通や消費者への理解を得る難しい事業を立ち上げられホントに感謝申し上げます。

今では、農家の組合員150余名が毎朝摂れたて野菜を届け、欠品する直前には追加納入。
夜には、売れ残り品は回収され、毎日新鮮野菜を販売し評判の輪が広まっています。
このような「地産地消」、農家と消費者が直結する地域経済が各地で拡大できると、日本の食料自給率も安定化するのですが。。。
このノウハウをぜひ県内や全国に広めていただきたいですね!

農産物の直売所から、消費者本位の「野菜・果樹の”直買所”」を普及していきたいですね!

経営支援塾にもお立ち寄りください
AMIPLAZA 経営とマーケティングを考えます
中小企業診断士 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

産業観光 5月の予定

もう5月のゴールデンウィークの予定を立てていますか?
産業観光研究会では、5月の下旬には、
市川三郷町と南アルプス市のキラリと光る産業現場を見学し、
人々と交流を創り、県内産業について理解を深めたいと思います。
 市川三郷町の潟}ルアイ
 昼食を南アルプス市のハッピーパークで。(木曜は休日)

 午後トヨタ自動車が御自ら製造するトヨタホームの工場を見学したいと企画中です。
 往復の道すがら、南アルプスの果樹園など新緑と果樹の新芽を満喫できると思います。

 集合・解散は市川大門駅とし、中型バスで送り迎えです。
 定員は28人なのでお申込み早い者勝ちとなります。

 参加費用は、バス代、昼食込みで1800円です。

 オプションとして、南アルプスのやまなみの湯入浴 を企画したいと思います。
 この企画いかがでしょうか?
 現在市川三郷商工会や南アルプス商工会など関係先とも調整中です。
 県内外の老若男女の皆様のご意見ご要望を伺えれば幸いです。


posted by 創ろう甲斐 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

鰍沢町では県の機関などが近隣町民ご来訪をお待ちしています

鰍沢町には県の機関などが多くありうらやましいですね
駿州往還の宿場町、富士川舟運の河岸の町の歴史を有す鰍沢町は、国や県が政策的に公的機関を配置したようです。
例えば、甲府地方法務局、鰍沢区検察庁、鰍沢簡易裁判所そして鰍沢公共職業安定所。
峡南地域全町をカバーする鰍沢税務署、鰍沢法人会などもお世話になっている方も多いでしょう。

また、鰍沢病院と峡南病院や、鰍沢警察署も多くの方が利用しています。

山梨県庁の関係部局が“山梨県南巨摩合同庁舎”にて旗を振っています。
(ホームページにて当地域の行政・イベントについて広報活動をお願いしたいですが。。。)

そこでは、「山梨ことぶき勧学院」・・・高齢者のための生涯学習大学校が行なわれています。
1学年40名で2学年までを意欲的な方々がお仲間と学習しています。

さて、鰍沢町の人口は4500人余であり、商店街は一般的にいわれるように厳しい販売環境にあります。
が、上記のような“強み!”もあるので、これらを大いに(戦略的に)活かしませんか?
中高年齢者シニア・シルバーの皆様がが明るく元気に散策・回遊して、楽しめるような街づくりが可能ではないでしょうか?
鰍沢町商工会の宮沢指導員様とも具体策について検討したいと願っております。
産業観光研究会
川口正満
ご参考まで:AMIPLAZA 事業活性化とマーケティングを考えます
posted by 創ろう甲斐 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

南アルプス市は観光資源の宝庫

南アルプス市商工会保坂様と面談し、その産業観光を含むさまざまな観光資源の多さにうらやましく思いました。 
南アルプス市は、西には3000M級の南アルプス山々を仰ぎ、東には芦安地域と果樹を中心とする田園風景が広大に広まっています。

自然資源に恵まれ、農業資源を育てている農家のエネルギーを感じます。
釜無川以西の甲府盆地を一手に引き受けているようです。
4月8日には第5回桃源峡マラソン大会が行なわれます。
財団法人南アルプス体育協会などが中心となり主催運営します。

工場団地もあちこちにあり、トヨタホームの工場など見学したい活気ある工場が目白押し。
産業と生活が一体となり、道路網も整備され活力が感じられます。

陸上総合競技場など多くの公的施設が散在し、また平岡地区の高台までも分譲住宅が立ち並んでいます。
若いご家族が元気に住んでいる街の勢いと成長力を感じました。
生活者にとっては、住宅地区で、歩行者中心の「交通安全」対策をお願いしたいとのことです。

72,700人の勢い弾む南アルプス市に近く、産業観光で訪問し、その魅力を目の当たりにしませんか?

経営支援塾
AMIPLAZA 経営とIT利活用を考えます
川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

産業観光 地域の魅力発見を!

「産業観光」と聞けば、愛知県の自動車博物館?

各県でも多くの観光資源の魅力を発見・発掘できます。
例えば、当「産業観光研究会」が実施する増穂町の魅力発見!では添付の見学先を訪問します。
産業観光 第1回増穂町の魅力発見を!

百聞は一見にしかず、この目で、足で見聞を広めましょう!
関心を同じくする同志とともに、貸切観光バスで、町の動向も聞きながら、知識を高め人の輪を広めましょう。

人生において?、青春時代に!フットワークよろしく先進的な工場や施設を見学し貴重な体験をできることはすばらしいですね。
体で覚え、仲間とともに学習できる温かい交流をお奨めします。

やまなし産業情報交流ネットワークIIEN.Yに登録する「産業観光研究会」では、各地域の「地域プロデユーサー役」が見学したい訪問先の現場と折衝し企画実施します。

テーマは、
県などの公的施設を見学、
産業・工業の現場、
商業・サービス業の現場、
農業・環境・観光スポット 
などです。

県内の皆様はもちろん、首都圏から山梨にご関心ある方々も
ご要望をお聞かせください。
コメントをお待ちしております。
IIEN.Y登録「産業観光研究会」
posted by 創ろう甲斐 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産業観光の重要性・ポイント

”観光産業”は、外国からの観光客勧誘(インバウンド)や、日本人の国内外の旅行が主流です。
ホテル旅館業と旅行代理店が、主なお世話役でしょうか?
観光は、ともすると”来て・見て・楽しんで・帰る”という消費娯楽型でしょうか?

、「産業観光」は、地域のキラリと光る魅力の発見と参加者が主役となるコンセプトです。
新しい観光資源となる”商工農林業の現場”や、県や市・町の施設を見学し、人々との交流を通じて、地域の活性化を目指します
それは、未来志向の創造型で、社会教育的な効果・成果もあります。
もちろん、そこには、観光のすばらしさである「発見と交流・自己実現」があります。
「産業観光」は、JR東海の須田寛会長が提唱され、愛知県では自動車産業をベースとして大成功しています。

他の県でも、産業観光により地場産業や、個人では訪問できない工場や公的施設などを大いに見学し、「新しい発見と活発な交流」をしていきませんか?
多くの公的機関・関係団体と会員参加者とともに身近な「産業や公的施設とのお近づきを深めて、地域活性化を!」目指しませんか?

やまなし産業情報交流ネットワークIIEN.Y
 登録「産業観光研究会」
   代表 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。