2008年06月29日

北杜市の魅力を発見しましょう!その2

山梨県の北杜市といえば?
八ヶ岳の南麓にある人口 5万人の都市。
清里や小淵沢、白州などが知られていますね!
平成4年に8町が合併して、今や魅力づくりを快走中。
山梨県内では、人口が増加している市としてうらやましがられているが。
その秘密はどこにあるのでしょう?
1) 八ヶ岳などの自然景観、森林資源がすばらしい
2) 農業や林業をたいせつにしている
3) 人々が温かく頑張りやで意欲的な方が多そう

4) 作家など芸術家さらに団塊世代などが移住・定住するに価値あり!
5) 子どもたちを大切にして学校教育も熱心!

6) 白倉政司市長のリーダーシップよろしく、次々と積極的な施策を打ち出して活力が見える!
7) そんな風土、行政と民力パワーを都会の企業や人々も評価して提携関係の案件が多い


このように7つのポイントを挙げてみましたがいかがでしょうか?
市内にお住まいの方は、自慢の我が北杜市をどのように評価採点していますか?

北杜市の魅力 その1は「教育と自然環境の問題を考え取り組みます!ブログ」をどうぞご覧ください。

産業観光研究会では、第16回7/24(木)北杜市へ産業観光!「自然・健康と美・味の魅力を提案する事業所を見学!」を行ないます。
今回、既に40名近くの参加者が期待を込めて申込みあり北杜市の魅力発見ツアーを楽しみにしています。

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。
posted by 創ろう甲斐 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

魚の都市 焼津市は「海の幸」拡販を!

燃料価格の高騰で漁船が遠洋漁業にでられない厳しい事態が発生。
政府の対応策がタイムリーに出ないので、この先見通しも立たずわが国は不安に満ちている。
輸入食糧に依存しないで、国内で漁獲、農作物を生産奨励できるよう農林水産省のスピーディーな対策を要望したい。

産業観光研究会では、第15回6/26(木)「焼津市のビール・わさび工場、さかなセンター、八雲に感動を!」として焼津さかなセンターを見学。
通常の観光旅行では、フリーにお買い物だけでしょうが、今回特別に事業について説明してもらい質疑応答時間をいただきました。
おかげさまで海洋資源に恵まれた「焼津市の産業と観光」の実情とそのすばらしさについて理解でき、感激感動しました。

焼津市は人口12万人、海の資源を活用して年間観光客323万人、宿泊者38万人を記録しています。
株式会社焼津水産振興センターは官民一体の第三セクターであり、全国で初めて郊外ロードサイドに設立された魚センターを運営。
その総売上額は約6億円。


利用観光客の利便性を考慮して敢えて郊外に設立され、焼津港、小川港から海の幸が直送される。
現在70店舗が協同組合焼津さかなセンターに集結。
ナント年間162万人が来訪。市全体の観光客の半数を吸引しています。
内、1000名を収容する食堂利用者が23万人。 
当日も、某政治家の後援会数百人が大型バスで乗り付けて大盛況でした。

日本人の食と命を守り続けるために、魚・海の幸を安定して廉価に提供して欲しいですね!

この海の幸を最大限に活用しているドル箱の観光産業は、海なしの山梨県民にとりまことにうらやましい限りです。
焼津市では、毎月「何とか祭りや、何とか市」のイベントを開催。
その市民総力での活力と観光客を吸引する力には学ぶ点が多いですね!

詳しいことは市のホームページをご覧ください。
今後ともお近づきをお願いしたいと感じました。

山梨県にとっても、「産業観光」の観点など大いに参考にし、今後行政と人々が交流を深めるべきパートナーであると痛感しました。
焼津市と山梨県との交流の機会を増やせるように願いながら、昨日掲載したアンケートの主な意見についてもどうぞご覧ください。

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。
posted by 創ろう甲斐 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

第15回「焼津市のビール・わさび工場、さかなセンター、八雲に感動を!」報告です

満席の予定が、1名歯痛にて当日欠席で残念!

4つの見学先から印象に残る説明をいただき、満足度の高い有意義な産業観光を行ないました。
焼津市は、人口12万人、海の観光資源を活用して年間観光客323万人、宿泊者38万人を記録しています。
山梨県にとっても、参考にしたり行政と人々が交流を深めるべきパートナーであると痛感しました。

今回有力な観光スポットで特別依頼に応じて解説案内をいただき、焼津市の産業観光について理解を深めることができました。

焼津市と山梨県との交流の機会を増やせるように願いながらアンケートまとめをご覧ください。

第15回 6/26(木)「焼津市のビール・わさび工場、さかなセンター、八雲に感動を!」アンケートまとめでは参加27名中ほとんどが満足したでした
ご参考まで主な感想と要望など下記のとおりです。 
A サッポロビール静岡工場   
・静岡にこんなすばらしいビール工場があったことは感動しました
・アルコールは苦手ですが、製造工程を見学させていただきよい勉強になりました
・説明の社員さんの「演技力」にびっくりし上手な説明に感激しました
・ガイドさんに感動して、ビールを美味しくいただき、土産もどっさり求めました
・ガイドさんはサッポロの看板を背負って頑張っている姿、自分に変えてこれから進みたいと思います
・笑顔と冗談を交えた最高の案内役であり、プロのお手本として消費者に効果的にPRしていました
・環境対策としてもゼロエミッションや段ボールの工夫なども感心しました。
・ビールだけでなく、ワインについて無添加傾向との話など説明と試飲できてよかったです
・発泡酒とビールの区別など分かりしっかりと学べました。
・ビールは黒ラベル派であるが、工場の温度管理のために特に美味しかった

B 焼津さかなセンターについて
・地場観光を上手く経営していることは山梨でも見習うべき教訓・システムづくりですね
・大規模な施設でびっくりし事業について解説いただき、魚屋さんたちとお話ができてよかったです
・お知り合いのおかげで安心してよい見学、買い物がお安くしていただきうれしかったです。
・市場内を見学して歩く時間も欲しかった。
・旅行ツアーでは普通買い物だけですが、事業について説明が聞けて全体像がよく分かりました。
・焼津市の海の資源を活かした観光産業について説明あり、焼津市や魚業について理解できました
・増穂町出身の焼津在住の方にご案内いただき、楽しく交流でき大変貴重な出会いができよかったです
・魚と観光について時流の話を聴けて参考になりました。

C 小泉八雲記念館 の見学
・八雲の人柄を感じられ、有意義でした。あと10分欲しかった。
・貴重な資料が多く、読み取るのに時間が少なく惜しかったです
・焼津市を愛した八雲の一生とその家族についても理解でき歴史と文化を学べてよかったです
・焼津市が1億円をかけた観光資産についてうらやましく思いました
・真新しい観光館で八雲と焼津市との関係がよく分かり勉強できました

 D 静岡わさび工場の見学
・健康食品であることが分かり、嗜好食品として大いに食卓に出したいです
・製造工程が見られるともっと良かったですが。
・わさびの効用についてもっと効果的にPRすべきと思った。新聞の記事も欲しかったです
・昔の人は、知らずの間に健康食だったことと実感できました
・本物の味について説明を聞き大変参考になった。
・わさびの見分け方、保存方法など参考になりました
*国道の騒音などで説明が聴き取りにくく、残念でした

E 昼食・車中・移動について
・リッチに見学でき楽しくお買い物ができて満足度100%の観光ツアーができ感謝します
・車中でも楽しく会話ができ、初めての方の自己紹介や名札が良かったと思います
・新しい方々と出会い、会話ができ、有意義でした。ブログもみており、今後も期待しております。
・こうして学びながら皆様ともお知り合いになれ本当に「IIEN.Y」だと思います。
・次回について状況を話して理解することができ、よかった
*前回よりも発言者が少なかったようで、次回は感想などの声も聴きたいですね。
*前回は全員が自己紹介、今回は初回参加者のみが自己紹介でしゃべり足りない方もいたようです。

☆次回16回 7/24(木)北杜市へ産業観光!「自然・健康と美・味・知を提案する先進事業を見学!」の参加者は19名となっています。
☆新規の入会者も多くあり、満足度と喜びを分かち合えてよかったです

以上 見学先皆様と参加者のご協力いただき有難うございました。
代表 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

山梨県の産業技術短期大学校

山梨県には、甲州市に産業技術短期大学校ある。
小生も福祉住環境コーディネーターの受講のため往復約50kmを通ったこともありました。
すばらしいキャンパスであり、多くの市民講座を開設しているので多くの県民が利用したいですね。

県の職業能力開発課が県立高校の2,3年生にアンケートしたところ、「8割が知らない」という。
これは驚きであり、県の産業・教育研修の資産活用にとってもったいない!
認知度の調査は何度か行なわれていると思うが、「実業界と技能習得の接点をモット拡大」しなければ!

産業観光の関連で「観光ビジネス科」の講師によると、「厚生労働省の職業技能の職業訓練校であり、国が定めた指導カリキュラムに沿って単位取得が厳しい」とのこと。

が、職業専門校の学生が「実習・工場見学/コミュニケーション力」を強化するように改善しませんか?
見学・体験や、「産業観光」の研修を通じて事業の「現場・現業・現実」状況について体得できるように!そして「知名度・利用度の向上」を通じて地域・家庭や産業界ともっと「身近な関係づくり」を創って欲しい。

峡南地方の増穂町には、県立峡南高等技術専門校があります。
職業能力開発促進法に基づいて設置された職業能力開発施設であり、ひとりひとりの態様に応じた多様な職業訓練を行なっています。
35歳以下の若年層を対象とした自動車整備科、建築科があり2年コース。
「授業料や入学料が不要」のことをご存知でしたか?
教科書代・災害傷害保険料・校内行事運営費・見学旅行積立金などは自己負担として2年間で約10万円は必要だが。
卒業生の就職率はほぼ100%!

また「職を探すため」の造園科などもあります。
造園技術を学んでいる学生には後援や商店街の植栽手入れなど大いに実習を増やして欲しいですね。

技能習得に加えて、「お客様とコミュニケーション力を実践的に体得」する機会も増やしたいです!
一回り大きなたくましい、ゆたかな会話ができる専門技術の職業人として誇りをもてるように!

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。




posted by 創ろう甲斐 at 15:36| Comment(2) | TrackBack(2) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ローソンが中部圏で山梨の味フェア

うれしいですね! コンビニの雄ローソンが味めぐりフェア山梨編を展開中。
中部圏の地元の味付けを、弁当、おにぎり、調理めん、デザート、パンに商品化。

甲州信玄豚を使った豚丼やおにぎり、
フジザクラポークなどの弁当
清里高原のジャージー牛乳入りのクリームをはさんだパンなど24品目を開発。
弁当は3万食、おにぎりは10万個を売ろうという。

中部圏のローソン店舗は1150店。
お早めにお買い求めて、山梨の味をじっくりと味わいましょう。
中部圏のお客様皆様には、山梨県をモット身近に感じてください。

このような「地産地消」と「地産外消」の活動の推進が大いに期待されます。
コンビニは、全国的な販路を通じてヤングの理解を促して旺盛な需要を開拓できるでしょう。
それにしても食材を選択し商品化までには大変で新浪社長の承認を得るのは厳しいハードルだったでしょう。

コンビニやスーパー・ショッピングセンターには地域や消費者にもっともっと密着して、「生活者応援」を本腰を入れて展開して欲しい。
今回のローソンの英断がニュースになることは大手企業が「地産地消」と「地産外消」の活動にまだまた遅れているということ。

農林水産省も、各県も農業と食の供給の政策をもっと真剣に、即効的に展開し、「食料自給率」をせめて50%を早期に目指して欲しいですネ。
その過程で農作物の「地域ブランド」が育ち、「モット低価格で、新鮮安全な環境にやさしい国産の野菜やくだもの」を多くいただけるでしょう!!

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。



posted by 創ろう甲斐 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

山梨県の風林火山ビジネスネットワーク

「ものづくり」の製造企業を販売機会の拡大などビジネスマッチングを支援するネットワークが多数あります。
製造業は、技術研究には勝れるが、マーケティングやセールス上の難しさをどのように取り組むか?

山梨県では、「風林火山ビジネスネットワーク」に約140余社が活発に情報交流を展開しています。
これらの先進的な企業見学を「産業観光」する企画も具体化したいですね!
消費者や学生が企業との接点を多いに増やして、地域の活性化に参画しましょう!

インターネット時代において、果敢にIT利活用により「人・物・金・情報を最大限に活用」しましょう!
この経営戦略と情報ネットワークを通じた着実な企業行動が成果を創ることでしょう。


「風林火山ビジネスネットワーク」のメリットは次の点も挙げられます。
☆広域的にビジネスチャンスを探る機会が増える
☆同業界や関心ある分野・地域の先進企業について学べる
☆全国の意欲的な企業の情報が得られる


山梨県内では、4つの商工会(韮崎、北杜市、南アルプス市、市川三郷町)がメンバーとなっている。
はて、その他にいくつも商工会があるが、どのように関心を持っているのでしょう?

「風林火山ビジネスネットワーク運営委員会」に先ず商工会が加盟団体に参加して、各商工会の会員企業が利用できます!

山梨県内でも「ものづくりの製造企業」がないわけではないでしょう!
各商工会の工業部会のリーダーシップが必要でしょうか?

参加費用は、各社がコスト対効果を追求していけば、決して負担が大きくないのでは?
ハテサテ、実情について各商工会や山梨県商工会連合会に問合せしてみませんか?

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。


posted by 創ろう甲斐 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

山梨県は「観光立県」を!

21世紀のわが国と地域の発展は“K”がキーワード!
高齢社会、環境、教育、国際化、そして観光
マイナス面の課題として景気の低迷や、「格差」が挙げられる。
さらに、コミュニティやコミュニケーションなどの「交流」が重要
です。

そこで、日本のスイスを標榜する山梨県は、「観光立県」を目指しませんか!?
四方八方東西南北に3000m級の山々を望み、
釜無川、笛吹川と富士川が山紫水明を織り成します。
甲府盆地の自然景観の美しさと、煙公害のない空気のさわやかさ!
また、ぶどう、もも、すももの果樹生産が日本一であり、四季に応じた「農業観光」も有望です。

首都圏に近いので、アグリツーリズムやグリーンツーリズムの森林セラピーや農業体験などバラエティーな「「日帰りコース」を組めるでしょう。
温泉もたくさんあるので一泊二日のゆったり旅程も楽しめるでしょう。

山梨県では、アジア諸国からのインバウンド観光にトップセールスも行なっています。
また、ニューツーリズムを通じて日本国内の「社会学習や自己啓発」を高め、「社員の研修教育」としての身近な新しい観光需要を創出することも十分できると考えます。
地場産業やワイナリーや食品工場、半導体工場などの工場見学を通じて人々と交流を広める「産業観光」の可能性も有望です。

そんなわけで、団塊世代をターゲットとして、効果的な「観光産業」のターゲット・マーケティングに取り組みませんか?

産業観光研究会では毎月1回、「産業観光」を実施しています。
第16回では県内でも人口が増加している北杜市の先進的な企業を45名で見学します。
まだ空き席がありますので、首都圏からのご参加も大歓迎です。
お待ちしております。

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。

posted by 創ろう甲斐 at 08:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

地域の協働による共同発電システム

太陽光発電システムの普及の鍵は、「市民と行政の理解と取り組み意欲」でしょうか?
民間の屋根に設置して、オール電化を促進していくにはまだ数百万円と高額なので普及には時間が掛かりそうです。

一方、公共施設などの広い屋根や敷地に何枚もパネルを設置し、施設利用や地域に太陽光発電の電力を供給する方法は、関係者の「理解と取り組み意欲」によりかなり有望ではないでしょうか?
設備と電力発電の効率も良いので「投資 対 有形・無形の効果」も大きいようです。

山梨県では、NPO法人みどりの学校 が数年前から、寺院や甲府市役所の市民センターに「県や市と、県民及び東京電力の協力」を得て、成功事例を作っています。

国母おひさま発電所は、法光寺の屋根に太陽光発電「共同発電所」3kwを設置。
山梨県内で最初の「共同発電」事業により、余剰電力は東京電力に売電。
今では利益を次の「共同発電」事業に投資しています。

甲府市の南部市民センターには「山城ひまわり第一発電所」として太陽光発電5.25kwが稼動中。
行政と自治会連合会そしてNPO法人みどりの学校 の3者協働の発電所です。
地域の人々のお風呂などコミュニティ施設に太陽光による発電が有効に
供給されています

多くの見学者が「クリーンエネルギーの協働による共同発電所」現場を見学して学んでいます。
災害時の対策設備にもなっているので見学希望者が年中絶えません。

産業観光研究会では、9月13日(土曜)に同施設と、また使用済み食用油からBDF燃料を生産し環境問題に先進的に取り組んでいる向山塗料株式会社を見学する予定です。

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。

posted by 創ろう甲斐 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

南部町の南部茶

山梨県の最南端にあり、静岡県の経済圏といえます。
南部町の特産品は、南部茶と、たけのこ!

産業観光第14回5/29(木)「南部町の中央化学・茶摘み体験、茶業センターなどの見学を!」では、茶摘み体験させていただき、またどの見学先でも美味しい南部茶をいただきました。

山肌に南部茶を生産する農家は約1000戸とのことです。
JAふじかわの茶業組合には840名余が参加し、やぶきた茶を中心に生産しています。
1戸の最大手では、自前で工場を稼動しているとのことです。
JAふじかわの茶業センターでは、「甲斐のみどり」をブランドとして開発販売展開中です。

今年、YBS山梨放送UTYテレビ山梨などで、テレビコマーシャルされた南部茶をどうぞ大いにご愛用ご愛飲ください。

昨年、UTYのウッティー木曜日で報道された南部町のキラリと光る現場を産業観光できてほんとに有意義でした。

産業観光に参加した24名は、南部茶がグット身近になり、また南部町の魅力が理解でき甲府から約60kmも離れた遠方の町とは感じなくなりましたよ!

尚、農家の高齢化の中で、県外や町外から「茶摘み体験や、お手伝いしていただける青年や主婦や高齢者グループ」なども大歓迎です。
お問合せをお待ちしています。
今年は、二番茶や秋の三番茶も楽しみませんか?

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。店長日記もご覧ください。

posted by 創ろう甲斐 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

産業観光「南部町の中央化学・茶摘み体験、茶業センターなどの見学を!」報告

第14回5/29(木)「南部町の中央化学・茶摘み体験、茶業センターなどの見学を!」のアンケートから主なご意見を紹介します。
申込み28名満席だったが、前々日2名、当日2名が欠席となり残念でした。
参加24名○満足した △まあ良かったがほとんどでした。
ご協力いただいた諏訪様や「見学受け入れ先」のおもてなしに感謝します。
また「参加型」で有意義に楽しく過ごせたので良かったと思います。
中央化学山梨工場、茶摘み佐野農園様、JAふじかわ茶業センター、森田文庫様や天ぷらそばの南部路様など温かく迎えていただき有難うございました。
☆主な感想と要望など 
A 中央化学山梨工場の見学   
・近代的設備でクリーンな環境の中でハイテク・コントロールしていることに驚きました
・身近な食品トレーの製造工程について理解でき、さらに関心が高まりました。
・食品トレーがさまざまな種類が大量に生産され、環境について考えなければならないと思いました
・管理職やスタッフの方にグループ分けして丁寧に説明していただき有難かったです。
・プラスチック包装容器のリサイクル事業のたいせつさと、地球の資源利用について考えさせられました
・プラスチックのみでなく、消費者も真剣に環境問題に取り組むことが大事だと思いました
・リサイクル活動がたいせつな問題であることを感じました。リサイクル事業を多くの人に広める必要があると思いました
・工場の安全・品質管理の徹底に感心し、ものづくりの創意工夫に驚きました。
・従業員の教育がすばらしいと思いました(いつでも、どこでもあいさつ)
・山梨の南端にこれだけの大工場を立地したものだと感心しました。
・山梨の産業について見直しました

B 茶摘みの体験について
・生まれて初めての体験で、楽しかったです
・晴れた日であれば半日くらいお手伝いに来たいです
・今日一番の楽しみにしていたので雨もあがり体験できて幸運でした。
*茶摘についてもう少し全員にわかるようなご指導をいただきたかった。
*茶畑にヒルの住むとは梅雨知らず・・・雨上がり
*ヒルの発生について、予め「安全であり心配ないこと」などお知らせいただき注意するように伝えて欲しかった。
*期待していただけに摘める茶葉が少なく、少な目の新芽で残念でした

C JAふじかわ茶業センターの見学
・木内社長の製造方法と美味しいお茶、その飲み方などわかりやすい説明が良かったです
・JAふじかわの加工場を見学できてよかったです。
・南部町の産業観光スポットとして、見学受入れの環境整備をすると南部茶の需要も増えると思います
・静岡の産地と競合で大変ですね。農家は天候に左右され大変ご苦労様です。
・日本広し 多くの産地のお茶が出回り大変だと思います
*製造工程についてパンフレットやパネルを見ながら説明を受けたらより理解できると思いました
*実際の作業工程が見られず残念。稼動していればもっと印象的に理解できたと思います。

D 森田文庫の見学
・個人が地域の皆様に貢献している姿はすばらしく感動しました。
・多くのことを学ばせていただき胸が熱くなり感動しました。
・地域のために私的に運営する努力に敬服します。
・奥様の人柄が素敵で地域の子どもたちは幸せだなあと思いました
・子どもたちが本に触れ合える場、自由の中で学ぶことが多いでしょう。 すばらしい活動の場所であると思いました。
・地域にしっかり根づいている様子が拝見でき感動しました。
・地域の子ども、お年寄りを大事にしている様子がすばらしくお手本にしたいと思いました。
・手づくりのおもてなしの心配りに感謝いたします。

E 昼食・車中・移動について
・南部町の人々と交流でき産業や農業についてよく理解でき有意義な機会でした。
・郷土農産品の天ぷらそば、コンニャクやグレープフルーツが美味しかったです
・どの見学先でも美味しい南部茶をいただけてよかったです。
・毎回、学ぶことが多く参加を楽しみにしております。
・今までに見学したことのないところばかりで大いに勉強になりました。
・車中では、自己紹介やクイズなど楽しい時間を過ごせました。
・他にはない企画なのでこのような機会を長く続けてください。
以上です 産業観光研究会 
posted by 創ろう甲斐 at 06:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

地元や現場をフットワークよろしくたいせつに!

よく「地元にいるけど知らない」、「いつでもいけると思うから行ったことがない」とか言われます。
「灯台下暗し」とはよく言ったものです。

これまで商工農林業の産業と消費者とは、遠い関係だった。
ものづくりの生産者の立場や、物売りの商業者が、消費者との関係づくりをないがしろにしていたようです。

もっともっと、使用する、食べる、利用する立場に立って!消費者がお客様であり、神様であることをもっと認識して企業や事業者は対応しなければ!
真の顧客志向、お客様本位の経営を基本として事業展開したいですね!

この観点から、「産業観光」は企業と消費者・地域の住民がもっと近しく理解する機会を追求します。
上場企業の大手工場などはさておいても、キラリと光る商工農林業の魅力を発見しましょう。
そして自己啓発、自己学習を通じて、人々との交流の輪を広めていきましょう!

JR東海の須田寛会長が提唱された「産業観光」は各地で大手企業を中心として実施されています。
山梨県の産業観光研究会では、地域地元にある魅力の現場を発見し、温もりの交流を通じて地域の活性化に取り組んでいきます。

AMIPLAZA 経営とマーケティングの活性化を考えます

教育と環境の問題を考え取り組みます!
posted by 創ろう甲斐 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

産業観光第13回「食・観光をテーマに峡中地方の先進企業と果樹試験場を見学!」の報告

第13回4/24(木)「食・観光をテーマに峡中地方の先進企業と果樹試験場を見学!」の報告をアンケートのご意見から引用して紹介します。

☆主な感想と要望など 
A 桔梗屋本店工場の見学   
・いつもいただいている和菓子の生産工場について理解できました。
・馴染みの信玄餅、製造工程と携わる方の知られざる情報のお仕事に感銘を受けました。
「工芸菓子」の極められた芸術作品に感動した。
・老舗が未来への生き残りを賭けて商品開発、生産管理している様子を見学できて良かった。
・老舗企業であるのに常に新しいことにチャレンジしていることに感服しました
・食品の原材料、特に大豆・小麦など値上がりが心配です。
 日本のフードマイレージは国全体で考えるべきと改めて感じました。
「美味しさ、楽しさ、美しさ、健康」のコンセプトがすばらしく、ハイジの村、ブライダル事業にも期待したい。
・アウトレット店も消費者には大変人気のスポットであり満足した。

*次の機会には中丸社長からもご挨拶を伺い、経営者の理念や方針を拝聴したい。
*案内サポートの方にも質問にすぐに答えて欲しかった。

B 山梨県果樹試験場の見学
・県内にこのような試験場のあることを知り、果樹について良い勉強をできました。
・果樹栽培の難しさが理解でき、農家のために努力研究していることがよく分かりました
果樹の技術指導や農村支援のシステム作りをサポートする試験場について学ばせていただき感謝します
・農家のご苦労と、生産コストについて考えさせられました。
・スモモの栽培生産をしているのでとても参考になりました。
・全国一をを誇る果樹の試験場であり、農家と県民のためにこの施設も大いに公開して活用したいですね
山梨県のドル箱の果樹やワインなど競争力を高めるようその役割を期待しています。

*画面がやや単調で、詳しすぎたようです。
 ハウスの各所を見たかった。
*簡単な資料をいただけると家族とも山梨県の果樹について話題を語り合え学習できると思います

C 鞄。二誠の見学
・山梨県にこのような勝れた観光グーズの観光産業の企業があるのに感心した。
県民に事業の成果を公開して、社会教育・産業振興に貢献していただきたい。
・社員の方と話ができてよかったです。
・おみやげ商品の開発に甲府の一角で発信されていることに驚きました。
・これから、各地でみやげ物を買うのが楽しみになります。
・楽しい発想、夢がある仕事をされ、活気ある職場だと感じました。
・小澤社長からも社業発展の歩みや方針を拝聴でき大変有意義でした。
・お土産もいただいたので家族にも楽しく話ができます。
 有難うございました

D 昼食・車中・移動について
・昼食パスタは、美味しかったが量が少なく、高くてもサラダも欲しかった。
・会費にコーヒー代を乗せても良いと思います

*熟年者にはスパゲティーは不評でした。
 美味しいお弁当屋さんも利用したいです
*オーチャードテーブルはメニューの見せ方、接客サービス、広報と集客の仕方を改善して欲しい。
*山梨市が誇りとするフルーツパークを観光スポットの一つとして「おもてなしのやり方などの魅力」を増して欲しい。 
*スタッフが分担して運営するようにアシストを検討したらよいと思います。
*朝の駐車場の手配と、各見学受け入れ先とドライバーとの連絡をスムーズにやりたかった。
以上です 産業観光研究会 代表 川口正満 
posted by 創ろう甲斐 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

地域の活性化とは?

皆様にとって「活性化」とはどんなイメージでしょう?
地域資源の活用による地域の活性化や、
商店街の活性化をナントカしよう、
また地方都市や地域地元の活性化
を目指そうと 提唱されています。

はい、活性化とは、
「元気に、明るく」、
そして「一体感や、連帯感をもって
ゆたかさや魅力を実感できる
そして「人・物・金・情報の交流が活発」なことではと思います。

では今、世代ごとに、どの世代が「活性化に取り組める」でしょう?
すべての世代が取り組めればよいが、
男衆は仕事に、主婦は家事・育児に忙しい。
近年の大学生は、単位をとるのが厳しいので、平日は忙しく、また週末はバイトで忙しそう。

そこで、やはり団塊世代などのシニアの活躍が期待されます。
「時間とお金?のゆとりと、地域へ役立とうという意欲」が求められます。
これまで活躍してきた分野の経験を活かし、または異なる新しい体験にチャレンジする方も!

地域や、同好のお仲間とともに新しい発見をしながら、感動をともにしましょう!
次の世代に対しても、責任をもってナントカして、地域地元の活性化に取り組みましょう!

地域の活性化の活動では、
我が町を、自主的な「参画型」で活動して、着実にやりたいことを実行していきませんか?
自発的なボランティア活動の輪を広めるように積極的な参加をしましょう!

さらに一歩踏み込んで、「街づくりや人づくり」のために「事業の企画や計画づくり」にも参画しましょう!
我が町の未来をともに創れるように創造的な、前向きな活動にチャレンジしませんか!?

産業観光研究会は、毎月末に「産業観光」活動を通じて、「キラリと光る企業や公的施設を見学し人々と交流の輪を広めています

社会教育の活動や自己学習に意欲旺盛な方々のご参加をお待ちしております。
posted by 創ろう甲斐 at 09:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

産業観光第12回「富士川流域の先進技術・食・技・歴史にふれあい!」の報告です

第12回3/22(土)「富士川流域の先進技術・食・技・歴史にふれあい!」 報告です。

参加者21名と期末、法事、風邪などで少なく、一番は学生が1名と少なくて残念でした。
意欲的な参加者からは下記のとおりテーマの異なる見学先でしたが、皆様に大変好評で満足度も高かったです!

☆主な感想と要望など 
1.全体の運営
・満足した方がほとんどであり、参加者の意欲と関心が見学先のテーマとおもてなしとマッチしてよかった。
・地元に住んでいても知らないことが多く、一日有意義な日を過ごせて感謝します。
・産業観光研究会の活動に理解を得られて賛同者が多くなってきているようです。
・会員に役割を分担して取り組めるように配慮したい。
・高齢者が多く、階段や移動に時間が掛かり、ややゆっくりすぎる場面とせわしくなった見学先があった。
・最後にまとめやアンケートを書く時間や場所を確保し、次回についても十分説明が欲しかった。
・キャンパスライン講座の受講生は4名で、皆さんとても熱心な方々でした。
・次回4/24(木)「食・観光をテーマに峡中地方の先進企業と果樹試験場を見学!」参加申込者は12名です。

2.ジットの見学
・すばらしい会社組織に感銘しました。他の企業の模範に値するのではと思います。
・会社の発展と取り組む姿勢には、社長と社員の夢を具体化しているように感じた。
・事業の着眼点と、社員の向上心、礼儀正しさがすばらしい。
・ISO9001、14000、2701(IMSM)を取得している勝れた企業力に関して感心しました。
・生産管理が「セル方式」によりインク注入からシール貼りまで従業員に任されている方式がすばらしい。
・循環型社会の実現のために、学校や市町村など地域へ積極的に働きかけ企業力を感じた。
・リサイクルされた中古インクカートリッジを選別洗浄している現場も見学させて欲しかった。
・インクタートリッジ回収システムについて、職場や仲間たちと協力したい(10名)
・石坂社長にも、記念写真の撮影のときに一言お声を聞きたかったです。

3 平林臼太鼓と養殖場
 ・めったに見学できない施設を案内いただき感謝します。
・秋山代表の熱意と素朴さに、また子どもたちの真剣なまなざしに感動した。
 ・秋山講師の心意気に感激し、「知恵と工夫」があれば発展できると感じがした。
・小学生たちの真剣な太鼓演奏がすばらしく感動した。
・「大当たり・太鼓判」「かみ頼み」など開発されたオリジナル商品を買い求められてよかった。
・峡南地方の地域資源・観光資源として大いに広報宣伝して、県外からも見学者を募るように期待したい。

4 増穂町民族資料館
 ・もうすこしゆっくり見たかった。
・「青い目の人形」を見ることができ合唱が楽しかった。
戦争のつぶさな様子が印象的でした。
・ 館内に昔の教室をイメージしたコーナーで座って説明を聞けるようにして欲しい。
・古い貯蔵品・資料を町民などから提供してもらうような働きかけをしてはいかがでしょう?
・せっかくの資料館が、町内外で見学する方が少ないので、効果的な広報宣伝を期待したい。
・最初に、館内全体の様子と見学時間について、皆が理解した上で解説してもらい鑑賞できると良いと思う。

5 富士川ロマン釜めしについて いち柳ホテルにて 
 ・地元の食材を各種取り入れ、ご馳走は美味でした。やまめ甘露煮がやわらかく美味しかった。
・肉、魚、野菜とバランスが良かった。
・ミミ入りのみそ汁もおいしかった。
・肉なしの、豆と野菜のバージョンがあるとうれしい。
・身延線などの駅弁にしたら良いと思います。
・箸の袋に工夫できないでしょうか?
・館内がやや暗かった。昼休みに峡南地方やホテルについてモット理解できるような情報提供をされては?
・「富士川流域」のポスターやパンフなども掲示してイメージアップをされると良いと思う。

以上です 産業観光研究会
キャンパスネット連携講座!
第13回4/24(木)「食・観光をテーマに峡中地方の先進企業と果樹試験場を見学!」ご参加されませんか?人とまちを創ろう甲斐!地方の活性化を目指します。
南アルプスタウンもご覧ください 無料でイベント情報を掲載できます!


posted by 創ろう甲斐 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

産業観光 第11回の報告

第11回2/22(金)「山梨県の情報拠点とシンクタンクを見学!」を21名が参加し有意義に行ないました。
山日YBS本社、山梨文化会館では、記念撮影で歓迎してくださり、見学後にナント見学の「号外」記事をいただきました。
ご家族ご近所様にどうぞ見せてあげましょう!

本日の山日7面に、その記念写真が掲載されましたよ!
皆さん お気づきでしたか?
一人、眠ってしまったのが右側におります(^^)

P2220094.JPG
このサムネイル画像は拡大しない方が良いですよ!

1F,3F,6F,8Fを見学でき、YBSテレビや、山梨日々新聞および山梨放送などが一段と身近に感じられるようになりました。
5Fは役員席なので、見学できませんでしたが。。。

山梨県の総合情報メディアセンターとして、グループ14社が情報を発信しています。
皆さんのご家族も勤務してますか?

小生のかわいい?姪も 新聞社の編集部に長らく勤務しており、昨日お目にかかったので、思わず大きな声を出してしまいました(^^)

財団法人山梨総合研究所では、藤波主任研究員から山梨県が減少する人口問題のために、社会経済や自然の保護、農業問題などにも影響が大きく出始めていることの警鐘がありました。

道志村では神奈川県に隣接して、蒸留水を供給しているメリットも活かして人口減少を止めているとのこと。
甲府市や他の市町村では、人口減少をどのような行政手腕で、対応策を行なうのでしょうか?

数年後、数10年後を見据えて、山梨県のあるべき姿を何とかしていくように「民間や女性パワー、ヤングパワー」を発揮し、そしてシニア、シルバーにも健康第一で大いに頑張ってもらいたいと痛感しました。

皆様、地元の市町において、ご家族や地域の人々とともにもっと真剣に地域づくり・街づくりに取り組みませんか?!
12の分野で「関心テーマ」を質問したアンケートでは、生活に身近な商店街の活性化や農業問題が関心が高かく、トップグループになっていました。

運営に関しては、「満足した」がほとんどでよかったです。
また、第12回3/22(土)「富士川流域の先進技術・食・技・歴史にふれあい!」に参加する方が12名いたので、会員固定客が安定してきたといえるでしょうか?

見学先でお世話になった皆様大変有難うございました。

参加された方のご感想をどうぞ発信お願いします。
posted by 創ろう甲斐 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

報告:第10回「東京へ産業観光!国会と情報企業2社を見学し視野を広めませんか?」

昨日はすばらしい天気、お仲間に恵まれて、また交通渋滞もありませんでした。おかげさまにて、く大変に有意義な産業観光第10回 1/24(木)「東京へ産業観光!国会と情報企業2社を見学し視野を広めませんか?」東京へ産業観光を無事実施できました。
80歳を超えた高齢者や、おしどり夫婦5組を含み44名の意欲的な参加者で、国会議事堂、参議院議員会館、ブティック社とフジテレビを見学して多くの収穫を得られました。

多くのご関係者に温かくご案内いただき心より感謝申し上げます。

前日の雪の日であれば、また、翌日の25日であれば給料日だし渋滞に巻き込まれたでしょうが、24日の木曜日は全て順調!

参加者の日頃の行いがホントニよいようです。

米長晴信参議員議員と秘書の方々が活躍する参議院の政治第一線の舞台をご丁寧にご案内いただきました。
米長はるのぶブログにも掲載されると思いますが、「国政を超現場に身近に感じられ」、皆で感激感謝しています。
参議院にバス参観」するケースは、全国からもとても少ないとのことで、参議院の役割が一層「地方や生活者」に理解されたように思いました。

42歳の米長晴信議員増穂町出身であり、峡南地方や山梨県の活性化のためにも大いに活躍していただけることを目の当たりに見られました。

前職が、フジテレビ記者として「国会担当記者」をされていたこともあり、今後の大活躍が大いに期待できます。

また、ブティック社では増穂町名誉町民の志村司郎CEOや、昌也会長様、内藤社長などの役員皆様が業界について、社業の発展についてそしてすばらしい書籍の数々について説明いただきました。

フジテレビでも貴重なスタジオなど見学でき、多くを学ぶことができグット報道や情報発信の場面と身近に感じられるようになりました。

車中でも山梨県の「企業誘致向け」DVDの視聴や、山梨県に関するクイズなども行ない、また名ガイドさんの案内もとても評判良かったです。

取り急ぎ、速報の報告です
40数名のアンケート集計はスタッフで取り掛かりますので少々お待ちください。

熱心な皆様はとても満足されたようで、次回第11回 2/22(金)「山梨県の情報拠点とシンクタンクを見学!」には15名が参加することになっています。
産業観光研究会
代表 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 18:14| Comment(2) | TrackBack(1) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

富士川流域の街づくりPart4「青柳商店街の活路・発展への目標」

さて、具体的に商店街の現場に足を運んで取り組み方を提案します。
人・モノ・金・情報の内部資源をどのように、どんなパートナーと具体化していくか
関係者皆様のご意見やお力添えをいただきたいと思います。

1 楽しく便利に買い物ができ「いきいき商店街」を創造するため、空き店舗を利用して新しい施設・機能を拡充! 
 ・・・「地産地消」の目標を実行し、商工農林業の振興を具現化していく。


金融機関とあおやぎ宿活性館、ギャラリー六斎は、歴史と文化を伝えるまちの駅、コア施設として、その役割を高められます。
一段と集客・賑わいを拡大して買い物や賑わいの場・機会の提供を促進する。

*農産物の直売、地元商店の販売促進のために下記を常設します。
 @毎土曜「朝市」 JAふじかわの協力、 

 A六斎市(毎月6日)実施
 
 *いきいきプラザ(増穂町の文化と特産品に出会える多目的利用の新しい観光物産館とする)
 
 *情報館 (まちの情報発信基地、パソコン・インターネット教室、情報コーナー、会社案内・商品展示 など)
 
 *八日市 (毎月8日 JA駐車場で?)の新設 
・・ 鰍沢の「元気会」(毎月12日に実施)と連携し相互に相乗りできる協力を具体化しませんか!

 *飲食サービス店舗の拡充 


2 学生も商業活動や情報活用に参画でき、高齢者も安全に散策できるやさしいまちづくりを!
   ・・・ 学生がUターン、新卒就職できるように地域の活力を創造して将来的な発展を具体化。


 ハード:青柳公民館の利用促進、花壇、道路標示、電柱の埋設、

    共同トイレ、ベンチ、駐車場、駐輪場、空き店舗を数箇所「コミュニティー広場」とする

 ソフト:年間を通じた催事・祭りの定例化と販売促進
  ふれあいカードの利用促進(利用者メリットの訴求を)、

  作品展示(園児、小・中・高校生、消費者・アーティストグループ、文化協会など)

  増穂商業高校、峡南技専の商店活動へ参画(ホームページ作りの指導、特産品の販売、実習)
   同校の教員が簿記コース指導を開始しています。
   ホームページやブログを商店主に教える機会は、高校生に「もってこいの出番」といえますね!

  商工業者の商品展示、販売促進、情報提供、共同イベント

  友好都市づくりと人・モノ・情報の交流活発化

 町田市や、首都圏増穂会と太いパイプを築いていきたいですね!
 国際交流の促進
 (数年前は、ブラジルと青少年の交流を行なっていました)

 ☆町内外の若者や役場の関係者ともテーマや項目ごとに、双方向な意見交換をできればと願っています。

川口正満(中小企業診断士)
増穂町観光協会・増穂町商工会会員 
posted by 創ろう甲斐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

JR東海身延線の利用客倍増を

日本を南北に縦断する交通路として、身延線の経済的な重要さを見直しませんか?
太平洋の静岡県富士市から、山梨県の甲府市まで。
そこからJR東日本の中央本線には同じ幅の軌道なので、乗り入れが可能!

長野県から、新潟県までも、排気ガス郊外がない、大量に乗客・貨物を輸送できる鉄道です!
ダイヤの組み入れを両社は戦略的に検討しませんか?

国土交通省が10年計画で、中部自動車横断道の建設を着手している。
が、その前に、すぐにもできる身延線の効果的な利用活用により、過疎地の峡南地方6町を活性化するよう取り組みたい。

観光、産業、森林産業のいっそうの振興のために、
県立高校生の通学のためなど、
静岡県と山梨県、長野県を結ぶ一段と観光客の来訪を増やすためにも、
スポーツ振興のために貸し切り列車も検討したい。
特産品や森林資源の物流のために貨物列車の運行なども検討できませんか?

もちろん、最寄り駅から、各町の中心街までは「ふるさとシャトルバス」を運行します。
高齢化率が高い当地では、公共乗り物が基本的に必要です。
お年寄仲間でも、甲府市や静岡県などにも安全安心して往ったり来たりできるようにJR東海には、地域の活性化に乗り出していただけませんか?!

産業観光研究会では、来年の初夏、
南部の茶摘み
イベントを企画中です。
もちろん、身延線で集合して、JAふじかわさんのマイクロバスで送迎してもらえれば有難いです。
川口正満
(増穂町商工会、増穂町観光協会会員)
posted by 創ろう甲斐 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

いきいきプラザ「朝市」レポート

いきいきプラザ「朝市」を12月8日、9日実施しました。               
いきいきプラザ「朝市」実行委員会から次のとおり報告します。

JAふじかわ、みどり会、家主様など関係先の協力のもとに、「いきいきプラザ」にて年末感謝祭「朝市」を実施
特別展示にご協力いただいた峡南幼稚園さんや、県大会で優勝したママさんバレー、ソフトボールチームの皆さん有難うございました。

初日は全戸チラシの効果もあって、賑わいの実感を共有できました。
一人暮らしのお年寄りから家族連れの幼稚園児も多く、こうじ甘酒や南部茶をいただきながらくつろぎ、明るい笑顔が店内にいっぱい。
いきいきプラザでお買い物.gif 

有泉前商工会長や主婦グループも「このような賑わいの輪を広めたいですね」と賛同いただきました。

北西には黒幕に幼稚園児の上手な作品が展示、南面には赤白のみどり会の幕が張られ販売商品を陳列、北東のガラス面に優勝旗、トロフィー、賞状が勢ぞろいして会場は「増穂町の元気」を発信しました。
園児の上手な作品.JPG   県大会優勝トロフィー.gif

軒下では、JAふじかわ中富直売所長沢新町の井上様の朝採れ野菜が勢ぞろい。
芦沢養鶏所のひまわり玉子内田青果店の焼き芋や豚汁やくだものいち柳ホテルの「富士川街道弁当」など次々とお買上げいただきました。

中富の曙豆腐やまめ餅ニューフラワーのシクラメンなども好評でした。
「いきいきプラザ」の名のとおり、老若男女の町内外の人々の交流ができ、楽しさと喜びを実感できました。
いきいきプラザで語らいを.gif

丸山青柳の区長さんや永井町会議長や望月町議や「六斎市」の深沢実行委員長もご来店され今後の運営に助言いただきました。

2日目は予想に反して客足が止まり、「日曜日の顧客行動」の読みや、プロモーションに問題がありました。
8時から開店後、昼前でも閑散。昨日と打って変わって来店客が伸びずに、店主や事務局が「どうしたことか」と相談の場面も。

後藤斉衆議院議員や商工会・法人会の入倉・保坂役員や、佐野様にも賑わいをご覧いただければよかったですが。
市川町議やママさんバレーの選手、深沢監督もお越しいただき有難うございました。

「2日目のほうが忙しい」、「日曜日は子どもたち家族連れも多いのでは」という予想ははずれました。
多くの方が園児の上手な作品に感心し、普段見られない展示に喜びを分かち合うこともできましたが。
体育館に保管された「見事な優勝旗やトロフィー」もオープン展示され多くの小中学生や大人にも見てもらいたかったですが。

甲府や南アルプス市、田富、南部などからのご夫婦なども来られましたが。。。

商店会では、「集い・語らい・お買い物」のイベントのメリットを共有できました。
いきいきプラザでくつろぎを.gif

個店への客足は厳しいですが、「朝市」広場への客足は増え、楽しいお買い物をしてもらえます。
ある長老が「良いことであり、続けることが大事ダ」と親身に助言いただきました。

「12月の両日スポット実施」の難しさを痛感しました。次の課題についてじっくり検討し解決策を見出していきたいと思います。
1 町内3600戸の折込チラシに期待感が大きく、「次の一手」を十分尽くせませんでした。

2 余裕をもった準備と協力機関・団体への申請と協力要請が必須です。
 「2日目の実施」などを含めて、十分事前に入念な準備と合意をもとに友好的な取り組みが必要です。

3 みどり会が甘酒サービスなど協力いただきましたが、実行委員や出店者がそれぞれのネットワークに対し「広報と集客」にも踏み込んだ協力が必要です。

4 協力先に対して十分に説明し、点から線そして面への協力取り組みが期待されます。

5 今後は町や商工会と綿密な協力体制や区長会などにも協力を依頼し、町の活性化につながる創意工夫を検討したいと願います。

今後は、町内商工会の福引セールや、蚤の市とまた「いきいき会」の販促セールとの協力を通じて商店街と町の賑わいづくりに発展できればと願っております。
山梨県立大学の兜森様も研修のお手伝いに駆けつけていただき有難うございました。
 
事務局 川口正満
 
posted by 創ろう甲斐 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

産業観光!国会と”情報企業”2社を見学!

東京へ産業観光!国会と”情報企業”2社を見学!

<山梨県内の方を対象とします。ご了承ください。>

☆「産業観光」は、商工農林の産業現場や公的施設など“キラリと光る現場”を見学し、ともに感動し学んで地域づくりに役立ちます! 
イベント:“国会、ブティック社とフジテレビを見学し視野を広めませんか?
開催日: 1月24日(木) 6:30 〜 20:00 
見学先:  
1) 国会議事堂・参議院会館 永田町
   国会を“現場主義“で見学して国政について身近に理解できるように!

2)昼食・懇談 国会議員と同じメニューをいただきます。

 
3) 潟uティック社 平河町 
   レディー・こども向け;業界トップの出版会社です。ブティック、趣味、料理、歌など出版業界について解説いただきます。

4) 潟tジテレビジョン 台場    
  関東地区で視聴率トップの本社とスタジオ現場を見学します。
      
☆大型観光バス内からお台場周辺についてボランティアが説明します。
 
参加人数: 40人(先着・お支払い順とさせていただきます)

*最少催行人員30名で、実施日の2週間前に中止する場合もございます。

参加費:  5,000円 (バス代、昼食・飲み物代、搭乗者保険料、事務費を含みます)  
お手数でも郵便局から 産業観光研究会口座番号00280-5-133214にお振込をお願い致します。
          
集合・解散 @6時30分 増穂町 志村観光トラベル
時間・場所:A7時00分 甲府市 アイメッセ山梨第2駐車場  ⇔ 甲府南ICから中央高速道へ
お帰り: 20:30予定

☆車内で、「山梨県の商工・農業・林業に関する資料を配布」し情報交流を行ないます。
☆キャンパスネット連携講座なので6単位の受講となります!

後 援: 山梨県、 やまなし産業支援機構、 山梨県中小企業団体中央会、山梨県商工会連合会、 甲府商工会議所、 鰍沢法人会、 
協 力: 山梨県立大学地域研究交流センター、 潟uティック社、 JAふじかわ
    山梨学院大学、 潟^ウンネット、 慨PARK、 志村観光トラベル
主 催: IIEN.Y登録「産業観光研究会」 

☆山梨県内の方でお申込みされる方は、やまなしまなびネットからお申込みをお願いします。
お問合せをお待ちします。代表 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする