2009年01月30日

産業観光第21回「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」の報告

かいや様の都合で定員20名だったが全員参加でよかったです。
身近な食品工場だったので、質問も多く充実感のある有意義な3時間半でした。
UTYニュースの星で「産業観光」の活動が報道され「産業観光」について理解が広まりつつあるように思います。
東京から全国地球温暖化防止活動推進センターの方も参加され、山梨県の魅力の一端を発見いただきました
今回山日イベント情報を見て参加の方など初めての方5名あり、ご満足いただきました
☆主な感想と要望など 
A かいやの見学  
・社長さんのお話も楽しい笑いの中で、煮貝についてよく理解できました
・歯に衣を着せない”透明感のある”話し方で楽しく聞くことができました
・手が掛かって大変なことがよく分かりました。県外への贈答品に使って喜ばれています
・貝殻の再利用を考えられているとのコト。その広報宣伝を通じて普及できるよう願っています
・煮貝は高いもの、贈答用と考えていたが、混ぜご飯用の商品も開発され身近になれてうれしいです
・原料から流通までよく吟味された製品を作っていることに感銘をうけました
・詳しい丁寧な説明もよく理解でき、歴史的にも学ぶことができました
・伝統の美味の商品をたいせつに扱われていることがよく分かりました
・なぜ高くなるのか昔の値段との比較も説明され、分かりやすくお話しいただきました
・社長さんのお話を拝聴でき、飾らない姿勢、話しぶりに感心し感動しました
・新商品をいくつかお買い物でき食卓の話題にできます
・女性を中心に老舗の工場で誇りをもって働く様子を見学できてよかったです
・詳しい資料も用意いただき、製造現場の見学を通じて有意義に勉強できました
・家族や知り合いに かいやと煮貝について 今後は教えられます
・山梨県の歴史的な名産物として煮貝を大いに普及促進したいですね
・和食に合う煮貝の食べ方と、一方洋食にも合うハムの代わりのメニューなども検討できませんか?
B テンヨ武田について
・大豆や小麦をアメリカから購入しているが、遊休農地を活用して契約栽培し「地産地消」を大いに進めるようにしたい
・我が家でも利用している調味料なので加工の工程がよくわかり楽しく見学できました
・ビミサン、醤油、白だしを使っていますので、内容がよく分かりよかったです
・搾りかすが最近家畜用などの利用に見直され循環型システムが広まりつつあるようです
・米は小麦よりたんぱく質が少ないですが、国内で過剰な米を使用した醤油と同等製品が開発できると良いですね
・みそ作りは個人でもできますが、醤油はグループでは作れないでしょうね
・男性の技術者の説明や回答が分かりやすく勉強できました。
・消費者や主婦の立場で女性のガイドさんもご検討ください サッポロ静岡工場のガイドは笑いを振りまいていました
*原料を外国に頼らなければならないのが残念ですが、国内で大量生産できないので仕方ないのでしょうか?
C 運営全般と産業観光の提案について
・食品工業団地、協同組合があるので、水の供給・下水、脱水汚泥処理の管理がされていることが良いと思いました
・組合さんには食品製造の安全管理のため、インフラの整備管理をしてもらい有難いです
・排水処理は最高のものがあると聞きました。廃棄物の再処理が有効になるといいですね
・業界の成功者のお話しを聞くことができ、その道で生きることのたいせつさ、難しさを感じました
・山梨県の加工食品について学習でき、ワイン、桔梗屋に次ぐ全国的な地場食品産業を育てるように願っています
・主婦を中心に、食について関心が高いので食品工場などの「産業観光ビジネス」を大いに活発化したいですね
川口の所感:
☆参加者の関心が「地産地消」や食の安全安心に強い関心があることがあらためて分かりました。
☆老舗企業の見学を通じて理解を深め、家族や地域に持ち帰り地域の名産品の普及に役立つことと思います。
☆今回申込者が多く、枠漏れの方は10名ほどいました。
次にも企画できると20名はすぐ埋まり、山梨県中小企業団体中央会さんなどと何回か実施する案も考えられると思います
山梨県が自慢できる食品工場や老舗企業について県の内外に大いに理解を広めるようにできると思います。

見学先でご案内いただいた皆様や参加者皆さん
何かとと有難うございました。
posted by 創ろう甲斐 at 23:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

都会人に地方・山村の魅力をどうぞ!

地域を愛し、山村田舎のすばらしさを紹介しましょう。
自然景観、名所旧跡・文化歴史のスポット、そして
古びた古民家、
農業や林業の魅力をいっぱい!
がんばる商店やグループたちも!
地元のぬくもりあふれる人々を!


都会人には おおいに地方・山村・田舎のよさ触れ合う機会をお届けしたいですね!
特に純真無垢の子どもたちが健やかにたくましく育つようにと願いながら!
そんなわけで山梨県のさまざまな魅力をお届けしているブログを紹介します。
やまなし・まちかど図鑑
「山梨県内のレトロなまちかど、面白物件を凡苦楽庵が探訪して紹介しています。


首都圏の皆さん
日帰りでできるので、さっそくお出かけください
週末は山梨で! 
祭日も山梨で!
平日も有給休暇をとって山梨で!
そしてリタイア後も、移住定住に相応しい山梨県へ!

自然に恵まれ、山紫水明が最高!
すばらしい田園風景に感動します!
日照が長く、フルーツがいっぱい、
野菜づくりも悠々自適でできますヨ!
人々も、のんびり、大らか、やさしいですヨ!


a href="http://ami-plaza.seesaa.net/" target="_blank">地域経営を考え行動するためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?

自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

地域資源の発見・活用

地域活性化のために、地域資源の活用が提唱されている。
市町村ごとに歴史・文化・名所旧跡巡りや、ウォーキングなどグリーンツーリズムなども活発である
地域住民にとっては、「便利にお買い物できること」が一番の願いなので「朝市」や直売所も盛況である。

市町村とそれぞれの観光協会には、地域の交流をできるような「産業観光ツアー」を頻繁に行なうよう即効型の企画具体化を期待したい。
もちろん見学先は、先進的な商工農林業や環境に取り組む事業所や公的施設などである。
多くの中高年齢者、団塊世代と若者は、「コミュニケーションと自己実現、学習できる機会と場」を望んでいる。

商店街にもキラリと光るお店や、自慢の店主や紹介したい商品なども多いでしょう。
お寺や学校なども大いに交流機会の場を増やしましょう。
農業では、冬場に農家の暖炉にて農作物の創り方、「地産地消」について語るのもいかがでしょう?
地域で頑張っている中小企業は、年末忙しいでしょうが、30分ほどでも事業主と交流した互いに理解を深めませんか?

冬休み、子どもたちにも商工農林漁業やサービス業の現場にて、学習してたくましく成長できる場を設けましょう!
そんなわけで、市町村や観光協会や商工会には、
軌道力ある柔軟な「産業観光」「地域活性化の活動」を具体化するようにご尽力をお願いします。

a href="http://ami-plaza.seesaa.net/" target="_blank">地域経営を考え行動するためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?

自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な山梨県市川三郷町の桑茶などの商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満




posted by 創ろう甲斐 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

産業観光の 2年間の見学先です

産業観光研究会 産業観光19年1回〜20年20回で実施した見学先です。

見学先の事業所・公的施設(約70ヵ所)の皆様、
講師・ご案内をいただいた皆様、
お仲間をお誘いいただいた皆様 

ホントニこの2年間ご理解ご協力を有難うございました。
参加者は延べ535人となりました。
それぞれ地域の活動や家族とお知り合いに産業観光の体験を語っていただき、地域活性化の輪を広めています。


1回 増穂町の魅力を発見!
   山梨県森林総合研究所、あおやぎ宿活性館、ギャラリー六斎、鰍ヘくばく
2回 増穂・鰍沢の自慢の産業現場を見学!
   潟eクニカルスチール、加賀美しめじ園、春鶯囀、はなびらたけ本舗、かじかの湯、塩の華
3回 市川三郷・南アルプスの先進企業の見学!
   歌舞伎公園、マルアイ、ハッピーパーク、トヨタ自動車山梨工場
4回 甲府市内の”古と現代の産業観光”を!
   サドヤ醸造場、 セインツ25、 甲府城
5回 山梨県の産業動向と国母の先進工場見学!
   やまなし産業支援機構、樺家製作所、潟Iーフジ、国母工業団地
6回 山梨県の森林資源の現況と展望と、穂積地区の魅力を発見!     山梨県総合研究所、小室山妙法寺、NA穂積地域、古民家
7回 中央・南アルプス市の流通センター・先進企業を見学!
  (協)山梨県流通センター、農業法人潟Tラダボウル、鞄燗。家具インテリア工業
8回 山梨県総合農業技術センターを見学し農業に理解を深めませんか!   
    山梨県の農業の実情について理解し、圃場を見学して身近に感動を覚えました。
9回 「市川三郷町の地場産業を学び先進的な企業を見学!」
    地域地場産業会館、樺J川商事
10回 「東京へ産業観光!国会と情報企業2社を見学し視野を広めませんか?」
    国会議事堂、参議員会館、ブティック社、フジテレビジョン
11回 「山梨県の情報拠点とシンクタンクを見学!」 山日YBS会館、(財)山梨総合研究所
12回 「富士川流域の先進技術・食・技・歴史にふれあい!」
    ジット、平林臼太鼓、養殖場、増穂町民俗資料館

13回 「食・観光をテーマに峡中地方の先進企業と果樹試験場を見学!」
   桔梗屋本店工場、フルーツパークオーチャードレストラン、山梨県果樹試験場、藤二誠

14回 「南部町の中央化学・茶摘み体験、茶業センターなどの見学を!」 
   中央化学山梨工場、茶摘み体験、JAふじかわ茶業センター、森田文庫

15回 「焼津市のビール・わさび工場、さかなセンター、八雲に感動を!」
   サッポロビール静岡工場、焼津さかなセンター、静岡わさび工場、小泉八雲記念館
16回 北杜市へ産業観光!「自然・健康と美・味の魅力を提案する先進事業所を見学!」
   アルソア本社、スパティオ小淵沢、ともにこの森(清里ミルクプラント、だいずや、ジャムや、アングーテ)

17回 「自然エネルギーと環境問題について甲府市南部市民センター、向山塗料鰍見学!」

18回 都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」
   小水力市民発電所、ミュージアム都留、都留文科大学、リニア見学センター、笹一酒蔵酒遊館

19回 「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」

20回 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」

3回、8回、9回、11回、17回、19回は3時間。
 他、県外の回を除き6時間(昼食1時間を含む) 

参加者の 地域別の人数です。
甲府      210人
都留・笛吹・甲州・山梨    21人
甲斐・中央・昭和  52人
韮崎・南アルプス       48人
増穂・市川三郷 155人
身延・南部・鰍沢・早川 45人
大阪・東京・神奈川       6人

来年は、産業観光第21回1月19日(月)「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」を行ないます。
 
「産業観光研究会」 http://sangyokankoken.seesaa.net/
posted by 創ろう甲斐 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

山梨県峡南地方の魅力づくりを

第20回11/22(土) 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」の参加者から峡南地方の魅力づくりのためにアイデア・提案をいただきました。

峡南地方では、山梨県民には分かるが、全国には「富士川流域」のほうが良いだろうという意見もありました。
富士川の知名度・歴史的な貢献を考慮すると確かにその通りですね!

4 今後この地域が活力をつけて魅力を増すために、どのような方策が必要でしょうか?
民間パワーと創意工夫: 
・地元のものを特長として、直売所で販売する。
 他との差別化を表示する
・先ずは、峡南地方住民が他地域に誇れる宝を知ってもらうこと
・若者が定住できる町づくり、
・自然環境の保存
・いろいろなコミュニティ活動と広めて、新しい活動に高めること
・富士川下り、珍しい花の観賞の旅、自然探勝の旅

市町村行政関連: 
・いかに人を育て、掘り起こすかが必要。
・6町の協力と、地域全部が一丸となること。
・情報をいかに集め発信できるかが鍵。
・道路、駐車場の整備が遅れている(鉄道や公共地の利用を検討すべき)
・国道52号線の渋滞をなくすこと、
・各場所を点でなく、線として結ぶこと
・鰍沢の船着場を復活させる案
・身延線の利活用と循環バスの利用促進

連携強化について: 
・関係機関、(女性)団体、組合、企業との連携を強化する
・各町および観光協会の相互協力、
・JAふじかわ、森林組合などが体験型観光事業を連携して具体化する
NPO富士川・夢・未来、鰍沢法人会、峡南広域行政組合など6町をまとめる団体がイニシアチブを強化して欲しい。

ご意見を有難うございました
このような機会を通じて、着実に地域活性化の行動が実っていくことと思います。
今後ともご支援ご協力をお願い致します。
posted by 創ろう甲斐 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

産業観光第20回特別講演会の報告

11/22(土)産業観光第20回記念として、
 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」を開催できました。
講師の皆様にはご多忙の中、ご理解とご協力を賜りまして貴重なご講演をいただき誠に有難うございました

53名の参加と3名の講師とともに活発に意見交流ができ、有意義で「意義深いセミナー」との声もありました。
実りの秋で行事が重なり、定員70名にはもう一歩でしたが地域活性化に意欲的な方々が多く、今後の地域活動などに結びつけることができると思います

昼食では、いち柳ホテルが開発した秋の味覚いっぱいの「富士川街道弁当や、JAふじかわ茶業センターが先週出荷した「南部茶ペットボトル」350mlも好評でした。

昼食時に、地元の特産品に育てたいと2つの農産物が紹介されました。
1)くにみ園の青木茂園長様から「増穂町のネギの会」で生産した「西洋ネギ・リーキ(ポロネギ)」

2)身延竹炭組合の片田組合長様から初めて生産に成功したキヌア
いづれも国内では珍しく、峡南地方の特産品として育成するよう今後の取り組みが期待されます。

参加者のアンケートは今回無記名で、20名から次のような回答を得ました。
NPO富士川・夢・未来とともにこれらの貴重な意見を参考に活動していきたいと思います

参加者から、
「特にはくばく長沢利久会長の話と、富士川・夢・未来の活動は興味深かった」、
「峡南地方の活性化について、各町や関係機関・間公共会との連携強化を期待したい」

山梨県森林総合研究所の柴田尚様やIBI社応用キノコ研究所の中村様の講演には、
*きのこについて幅広い情報をいただき、質疑応答なども参考になり知識が増えた
*中村友幸博士の講演で出されたメシマコブや柚の皮などが人命や体によいことが説得力あった
*菌糸体の説明とても良い機会でした。分かり易い説明で理解できました
*今後きのこの見方が変わると思います
*献立メニューにきのこを積極的に使いたい 
*ゆず刈りやきのこの体験講座に参加や、原木シイタケ狩りをしてみたい
という声もあり、地域への広まりも期待できそうです。

以上簡略ですが速報として報告致します。
posted by 創ろう甲斐 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学の報告とアンケートまとめ

第19回10/20(月)「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」の報告です
参加者26名と環境問題について関心が高いことが分かりました。
YBSワイドニュースでも大規模太陽光発電システムの見学について優先的に報道されました。
法人6名、自治体・商工会関係者5名の参加もありクリーンエネルギーや浄化システムについて理解を深められました。
車の移動については事前に十分に下見をしておくべきと反省しています。
質問に対する回答:  
A TDK太陽光発電の見学
満足した   13   
良かった    8    
改善したい   0
空白 6
B 釜無川浄化センターの見学
満足した    13
良かった    7
改善したい   1
空白 5
☆主な感想と要望など 
A TDK甲府工場の太陽光発電の見学  
・説明も分かりやすくとても良かったです 
・新築するときには太陽光発電システムを設置したいと思います
・太陽光発電を検討中ですが費用の点で考えています
・実際見たり聞いたり環境問題を考えると大事なことだと思います
・これだけ大規模なシステムは始めてみました。
・甲府盆地内に世界に通用する企業があるとは心強い気もしました
・エコ、太陽熱、時代の変化について考える力をいただきました
・良いこともあるが、実用性として経済性など難しい点も話して欲しかった
・3社の太陽電池の電力量が違うことがわかった
・今日見学でき、家庭内で主人も関心あるので話ができます
・地球温暖化防止のために太陽光発電には大変興味があり壮大な太陽電池パネルもみることができ満足した
・企業が先陣きって行動を起していることに拍手を送ります
・家庭では、パネル、家庭内配線との接続、屋根の補強など経費負担を考えるとすぐに普及するとは思えない
・上場会社の環境対応、CSR活動について学習でき、大変感心しました
・工場内の衛生や安全管理を徹底していることにも感心した。 記念写真を送付いただき有難うございました
*太陽光発電は環境社会にとって不可欠ですが、コストや効率を考えるとまだまだの分野と思いました
*これまでの見学者グループについて分野別などの取り組み状況についても知りたかった。

*工場内の見学ができればよかったと思います
*さらに公的施設や業務用などに普及を促すための展開計画についても紹介して欲しかった。
B 釜無川浄化センターについて
・説明を聞き、実際に見学できて下水道の浄化システムの様子がよくわかった
・浄化センターについて話を聞いたことがありましたが、見学して勉強になりました
・多少空気に臭いを感じましたけど、周辺の方々の賛同は大変なものだったと思います。
・これからの次代には何よりたいせつな施設になるのではないでしょうか?
・大変な仕事をしているのにあらためて感心しました 
・すごい設備でびっくりし、感動しました
・下水道について学んだ気持ちを知り合いに伝えたいと思います
・普段見れない施設が見れ、バクテリアの働きについてもモニターを見て理解できてよかった
・2回目の見学でしたが何回見学しても良いと思います
・浄化の仕組みを初めて知った。迷惑施設などと汚名をきせられるなんてとんでもないこと。
・このような施設に助かっています。縁の下の力持ちですね
・下水処理の状態が理解できましたが、自分の地域では、下水道工事ができていません
・毎日の生活インフラの重要性について県民多くが知るべきと思った。
*臭気あり。将来増大しないだろうか?
*汚泥の処理利用が県内でできるともっと良いシステムになると思います *高齢者や子どもたちのために、階段・屋上の段差をバリアフリー化して欲しい
川口の所感:
☆今回2度目の「環境」をテーマに大規模施設の見学を行ない、参加者の関心を引いて一同大変啓発されました。
 参加者は、家族や地域でこの話題を広めてもらえると思います。このような見学を効果的に推進する必要を痛感した。
☆TDK森野部長にも、浄化センターの見学に参加していただき、有意義な機会となりました。
☆YBS山梨放送には取材していただき、自然エネルギーの重要性に鑑みて優先的にニュース報道していただき有難かった。
☆集合場所からTDKまで協力して9台で予定どおりに移動していただき有難うございました。
 今回、その集合時刻・場所の確認のために、会員間でとても時間をかけて事前確認しました。
☆自家用車での移動は2度目だが、浄化センターへ先導した小生が信号を通り越してしまい時間をロスしました。
 大変申し訳なく、今後、十分事前に下見など気をつけます。
見学先にて丁寧に見学と解説していただいた講師にあらためてお礼申し上げます。
産業観光研究会
代表 川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

都留市立都留文科大学を見学

産業観光第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」では、都留市(人口33000人)の開学55年目の市立都留文科大学を見学しました。
夏休みなのに見学を受け入れてもらい、”市の職員様”から懇切な説明をしてもらい感謝します。 
 
都留市の人口12人に一人が都留文大生という都留市!
都留文科大学について、参加者一同その名声を聴いてはいたが、やっと訪問が実現です。

山梨県内から入学する学生は約1割とのこと!
全国各地で試験会場を設け、入学してくる学生さんがうらやましい環境の中で学んでいます。
文学部の学科は5学科あり、大学院や専攻科もあり、主に教職員を輩出しています。

今回は昼食時に、すばらしい大学キャンパスと図書館など見学できてよかった!
食堂の学食は夏休みなのでお休み!
学食をいただきたかったという意欲的な主婦も多かったです
(一行は、河口湖畔のレストハウスふなつやのお弁当をいただき煮物・焼き物・揚げ物など薄味で美味しかったです

4階建ての図書館は、図書の24万冊、全ての利用上のシステムなど驚きです。明治時代の新聞もマイクロフィルムに収められ、パソコンを通じて講読できます!

2班に分かれて丁寧に案内説明いただきました。
自主学習をする学生たちも見られキャンパスではアカデミックな若い気持ちになれました。

「学生は大いに勉強して立派な先生になってください。
広いきれいな大学で学生に戻った気分を味わいました。」という感想もありました。
小生も近ければオープン利用の図書館など利用させていただきたいのですが。。。
市内の住民の利用度はやや少ないようです!

都留市は、「ストップ温暖化『一村一品』大作戦」全国大会金賞受賞(本年2月)の都留市から、「“自然の力”をまちの力に」のメッセージを発信しています。
都留文科大学オープンカレッジでは県民コミュニティカレッジ講座テーマ「“自然の力”をまちの力に」も開講します。

近く独立行政法人化するとのことですが、市立大学の55年の成果と経営について山梨県民にも大いに知らせて欲しいですね。
そして、県内高校からの入学率も高め、また県内での就職率も高められるとよいですね?
posted by 創ろう甲斐 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

山梨県立リニア見学センター

産業観光第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」においてリニア見学センターを見学。
運がよければ展望フロアからリニア走行に出会えるかも? 
「1週間前に走行日時が決まります。
 当日の走行は当日朝に発表されます」とのことで何日も前から、当日もワクワクドキドキ走行時刻を気にかけていました。 

そして見ました!会えました! 

リニア2.jpg

超高速リニアはやはり、論より証拠! 百聞は一見にしかず!ですね
いや、カメラに上手く収めた方は少なかったかも?
超速い! 21世紀の最新技術の晴れ舞台です!
35人の参加者のうち、1名のみ試乗した方がいました。

以下に参加者が「感じた生の声」を紹介します。
・5分間隔の走行現場を何回も見ることができ、「大声をあげてしまったり」感激しました
・最高速度581km/Hは想像以上に速くやはり「百聞より一見と」興奮して感動しました。

・見るというより、通り抜けていくようです。息を殺してシャッターチャンスを待ち、興奮しました
・早期の実用化に向けて、工費とスケジュールについても公開し、前倒しの実現を図って欲しい

・走行実験の調査研究の成果についても開示して欲しい。
・JR東海の単独事業として長期的な収支予想は??

・超電礎石走行の原理により浮上走行に感心した
・ 全開通には夢のまた夢でしょうね! 

・ 山梨県内の駅舎について注目していきたい。 
・ JR東海の経営なので、身延線と交差する地域が優先されるのでは?
・わが国と山梨県の産業と地域の経済発展にも役立つようJR東海の意気込みに期待したい。

*関係者からの説明を欲しかった。
お願いしてみると、「どなたにも平等に応対しなければならないので」
グループによってガイド案内はできかねます。とのこと。
・・・この見学センターは山梨県立の施設ですね?!
だから無料の見学に対して、県庁の職員を解説として配置するのはムリなのでしょうか? 

今もって興奮冷めやらんようですが、ともあれ産業観光18回では5箇所を見学し、いづれも有意義な体験、学習をできよい思い出を創れました。
明日は、都留文科大学について紹介します。
posted by 創ろう甲斐 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

都留市は環境にやさしい自然エネルギー利用を積極的に推進中

産業観光第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」では、これらの見学先へ初めての方がほとんどで大変有意義な「産業観光」でした。
めったに行けない都留、大月のキラリと光る施設と観光事業を産業観光できよかったです。
超電動リニアを5分おきに見ることもでき、また笹一酒蔵で世界一の太鼓を叩いたり良い思い出を作れました。

35名のアンケートでは、都留市役所が直営する小水力市民発電所に最も関心が高く、主婦を中心とする山梨県民が「地球環境を守るために水力発電などの自然エネルギーの普及」についてとても意欲的に学びました。  

主な感想について紹介します。
・すばらしい「市民と行政とのエコエネルギーの取り組み」について都留の山国で行なれていることに驚きました
・小学校の隣にあり、子どもや父兄にも教育上うらやましいほどよいことだと思う
・CO2削減など、地域の人の協力が大事で、大勢の人が見学に来て山梨県を広めてもらいたい

・河川について国が管理しているので問題があることを知り、水力発電所の普及を促したい
・市民参加の発電システムについて資料についても学びたいと思う
・谷村ならではの水を大切にし、地域の熱意と市民全員の協力ですばらしい

・どこの自治体もこういう小水力発電に取り組めばよいと思う 市民住宅にも電力を供給できるとすばらしいですね
・丁寧な説明があり、都留市は市民が一つになって取り組み効果も出ていることがよく分かりました。
・「つるの恩返し」市民参加型ミニ公募債は1700万円の募集に対し40倍の応募あったとのこと。この方式で各地に水車や自然エネルギーの発電所ができることを期待します

「つるの恩返し」市民債に関して予想以上に応募が多かったことは、環境問題に関心が高いこと、それともロマンでしょうか?
・環境問題は人ごとでなく、私たちも真剣に考えるべきときである
・自然エネルギー、資源を有効に利用してエコ生活につながったらすばらしい

既にこの小水力発電「元気くん1号」を視察した方も、これから見たい方もご感想などお寄せください。
当日、滋賀県からも大型バスで見学ツアーがあり、元気くんは、2号機
、3号機の計画も決まっており、都留市民を元気に明るく
してくれるようです。
posted by 創ろう甲斐 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

産業観光第17回「自然エネルギーと環境問題について先進的な現場を見学!」報告

第17回9/13(土)「自然エネルギーと環境問題について甲府市内の先進的な現場を見学!」では参加者16名とやや寂しく参加率53%で残念でした。
環境というテーマのためか、広報不十分か、またご都合が重なったなどと思われる。
当日欠席3名だったが、最近、ご家族などの介護/看病などのためという方も増えている。
南部市民センターでは県の環境アドバイザーのNPO法人みどりの学校芦沢公子理事長に講師をお願いしたので、所定のアンケートにお答えいただいた。
質問に対する回答:
A 太陽光発電システムの講座・見学(無記名)
 ○よくわかった △だいたいわかった ◇ほとんど分からなかった
B 向山塗料バイオディーゼル油生産について (記名式)
○満足した △良かった  ◇改善工夫を

 どちらの見学先でも満足度が高く、一同有意義に学習できました
☆主な感想と要望など 
A 南部市民センター太陽光発電の講座・見学 
・先進企業、公的施設の方々の頑張りがよく分かりました。
・環境、農業、循環のことをぜひ見学させていただきたい。
・土日に見学できる会があれば参加したいです

・焼却炉、リサイクルの現状を見学したいと思います
・個人では聴けないものをこの会を通じ聴くことができ有意義でした。
・NPOの活動の一端に触れ参考になりました。

・自家消費による電力料金の節約効果について教えて欲しかった。
・1号機の成果を踏まえて、「市民立による」2号機の計画作りについても関心あり情報を欲しいです。
・これまでに立ち上げられた関係者のご苦労や喜びを理解しました。

・太陽光発電について自宅で話し合ってみたいと思います
・電気社会で、私たちのできる範囲で節電に心がけたいと思う
・太陽光発電の現状など計課や流れなどよく分かりました

・日常生活で簡単によい環境作りをできることを学習したいです
・風力、小水力発電についても機会あれば見学したい
*みどりの学校の活動についてもっと知りたかった
*数字面で分かりにくい点がありました
*見学から始めた方がよいのでは?

B 向山塗料バイオディーゼル油生産について
・BDFの良否について具体的な説明を受け、よく分かりました
・説明も分かりやすく会社の方針に感動し意識も変わりました。有難うございました
・地球環境問題に取り組んでいる現場を見学させていただき感銘を受けました

・環境問題は人類の死活問題になっています。みながCO2を減らす努力を課せられています。
・集めた廃食油が処理される現場が見れ、参加してとても良かったです
・環境についてやりたいと思いいたことをたくさんされていて嬉しかったです

・太陽光+風力の街灯・外灯もあったら良いと思います
・環境エコロジー事業に取り組む姿勢のすばらしさに感心しました。
・地球環境を守るために衣食住に関心を持って一人でも多くの人に参加してもらいたい。
・会社・役所などで南側窓際の最高の良い場所で転倒している例があるが、節電に努めたらよい
・リサイクル活動ぐらいしかやっていませんが、太陽光発電についても関心があります。
・自治会単位で廃油の回収活動を始めてみたいです

☆川口の所感:
・今回初めて「環境」をテーマに「講座+見学」を行ない、環境問題に関して参加者の関心が高いことが分かりました。
・参加者の意識はもちろん高かったが、取り組みや広報活動について工夫して効果的に進めていく必要を痛感した。"
☆今後、環境活動に取り組んでみたいですか?の問いに12名が「はい」として積極的で良かった。
☆家族や地域で環境問題に取り組みを実行し活動の輪を広められるように願っております
☆このような環境に関する勉強会・見学会と、広報宣伝活動を関係先と大いに積極的に行なたいと思います。
☆今後の企画にも意欲的に参加する方が安定していてホッとします。
 特に、峡南地方を理解してもらうため峡南地方で行なう次の機会にも甲府方面からの参加者が多いことが望まれます。

第19回10/20(月)「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」

第20回11/22(土) 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」
          産業観光研究会 
posted by 創ろう甲斐 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

産業観光研究会のこれまでの活動

山梨日日新聞の「産業観光」の連載記事が4回で終わってしまい残念!
見学を積極的に受入れる先進企業を大いに紹介し県民との接点を広められる紹介記事を期待していたが。

IIEN.Y登録「産業観光研究会」ではキラリと光る商工農林業の事業所や県の施設などを見学。
先進的な企業や公的施設との交流を通じて地域活性化を目指しています。

これまで昨年3月から16回で58箇所を見学。
内、公的施設では、国会議事堂、山梨県の森林総合研究所、総合農業技術センター、果樹試験場や協同組合山梨県流通センターなど計17箇所を見学し大変好評だった。
10月20日の第19回まで決まっており、合計68箇所となります。

参加者は延べ405人となり、1回あたり平均25名が参加しています。男女の比率は40:60くらいです。
内、東京、横浜から4名も参加。

さて、参加者は、学習意欲が旺盛で、各回に質疑応答が活発に行なわれます。
そのため時間通りに移動するために、質問を遠慮いただいたり小走りで次の会場に移動する場面もあります。
各回にアンケートでは満足度も高く、運営に協力いただく方々も増えています。
ご夫婦や兄弟姉妹で参加する方も多く、時折、親子で参加する方もいます。

産業観光を通じて、人づくりや地域づくりに取り組みその輪が広まっています
お馴染みの会員が増え、互いに仲間を誘ったり、新規会員には支えあい励まし合い毎回楽しく行なっています。
そんなわけで、楽しく有意義な「産業観光」にご関心の皆様もどうぞブログをごらんいただき、奮ってご参加ください。
お待ちしております。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満



posted by 創ろう甲斐 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

北杜市の魅力とパワーに学びましょう!

産業観光研究会では第16回7/24(木)北杜市産業観光!「自然・健康と美・味の魅力を提案する先進事業所を見学!」として38名で産業観光を行ないました。
北杜市の魅力の一端を紹介します。
首都圏の方々は、もう何回も八ヶ岳の南麓清里などにお出かけされたことでしょう。
昨年、「風林火山」ブームに乗って、ロケ地にも見学されましたか?
山梨県で数少ない人口が増えている市であり、企業誘致も盛んな北杜市について足を運んで魅力を発見しませんか?

面積は、山梨県全体の13.5%あり、山林・農業・観光資源に富んでいます。
2006年3月に、小淵沢町とも合併し旧8町村が北杜市として誕生。
この7月に人口は、49,551人。5万人までもう一歩です。

農林牧畜業が盛んです!
第一次産業の比率が、20.8%!
山梨県の比率が8.5%なので、県内外に農作物 牧畜産品の出荷をして、食糧自給率に貢献しています!
農業に生甲斐を見出して移住・定住する若者も増えています。

企業誘致がこの数年で8企業。
寮や社宅に住みつく県外の方々も自然景観や新鮮な食材のすばらしさなどに感激しています。
10年前には、化粧品の大手アルソア本社が渋谷から移転し、自然と健康・体との共生を図り、また地域との協働に取り組んでいます。

主要業種は観光産業!
入込観光客数が722万人!
 うらやましい限りです。
内、宿泊客は約1割ですが、首都圏から2時間の立地なので、先ずはやむをえないところです。

全国の姉妹都市、友好都市も多く、青少年などの交流も活発。
こちらもうらやましいですね

山梨県の市町村は、北杜市に大いに学び、続きませんか!?
山梨県外の皆様も北杜市にどうぞお出かけの上、その魅力を発見しませんか?

詳しい最近の実情など、北杜市のホームページをさっそくご覧ください。

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。

posted by 創ろう甲斐 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

産業観光第16回北杜市へ産業観光!「自然・健康と美・味の魅力を提案する先進事業所を見学!」のレポートです

第16回7/24(木)北杜市へ産業観光!「自然・健康と美・味の魅力を提案する先進事業所を見学!」アンケートReport
申込み40名満席だったが、前々日1名、前日1名欠席となり残念でした。
参加 38名中、アンケート回答者 38名
質問に対する回答: ○満足した △良かった ◇改善工夫を
A アルソア本社の見学 ・昼食  
B スパティオ小淵沢について
C ともにこの森 4つの事業所の説明・買い物
D 車中・移動について

回 答 A B C D
満足した  89% 34% 63% 58%
良かった  11% 42% 32% 34%
改善したい 0% 18% 3% 3%

☆主な感想と要望など 
A アルソア本社の見学・昼食  
・自然豊かな環境で地球にやさしい食品の提案と安全安心な商品を作る会社を見学でき勉強になりました
・30年来使っている化粧品について会社のコンセプトが理解でき幸運でした
・分かりやすく行き届いた説明案内に感動しました。 接客の極意を教えられ、食についても共鳴しました
・全てに満足しました。 マクロビオテック食は、身近な素材なのでこんな風に料理できることに感心しました。
・環境への心配りはすごいと思いました。製造工程なども見られたらと思いました。
・とても興味を持っていたので参加できてよかったです。 オーガニックの食に対してはプラスになりました
・また、昼食を予約していきたいと思います。家でも添加物のない食事を心がけたいです
・すばらしい建物と昼食に満足。企業見学は個人ではいけないので積極的に参加したいです
・企業が地域に溶け込んでいる様子がすごく新鮮に感じました *庭園などの散策もできれば有難かった。
*食材についてはシェフからの説明ありましたが、レシピのメモも欲しかった。
*昼食後の説明の時、私語が多く、先方の方に失礼と心苦しく思いました

B スパティオ小淵沢について
・北杜市の観光産業の取り組みが熱心で機能的に勝れていることに納得できました
・時間が足りないほどの自然や文化があり、うらやましい限りです
・何回か来たことありましたが、普段分からない道の駅の実情について理解できてよかった
・自然資源や四季の景観を活かした北杜市の取り組みに興味が湧きました
*接客応対について役所的な対応を感じました。アルソアとはずいぶん異なったように感じました
*ややかたぐるしい単調な説明で、少し工夫してもらえたらと思いました。 
*マネジメントを含めた詳しい説明でしたが、主婦を中心とする関心ごとに絞って短時間で説明して欲しかった。

C ともにこの森 4つの事業所の説明・買い物
・本物づくりを熱心に経営なさっている努力はすばらしいです
・4人の事業主皆様がまじめに頑張っている様子やご苦労が分かりました。黒字になればいいですね!
・普段買えない珍しいものが買えてよかった。それぞれから買ってみました。帰宅後味見したいと思います。
・本物のよさ、本物を原材料にした商品なので価格についても理解できました
・これからの時代を乗り切る課題を抱えながら取り組んでいる姿勢に応援したいと思った
・それぞれの事業に一生懸命取り組んでいる姿に感動し勉強になりました 友達に紹介したいです
・夢や理想を追い、個性・主張を提案している。一方、時代の波もあり事業のたいへんさを痛切に感じました
・萌木の村の近くにありながら、もう少し積極的に宣伝した方が良いと思います。
・この森の人たちの原料は値上がりのものばかりでこれからが正念場だと思いました
・チーズがとても美味しかった。
・タマネギのジャムは珍しい 
・パンは販売数が少なかった お値段相応に美味しかったです
・とうふのレシピが欲しかった。 
・ジャムはグラニュー糖を使用していたが糖尿の人用にはバリエーションが欲しいです
・現在の販売促進戦略では今後の展開が心配です。「4つの事業者が連帯して強みを増幅」しながら頑張ってください。
・原材料の説明や、本物のこだわりについて効果的なキャッチコピー・店長のメッセージを積極的に行って欲しいです


*清里に何度か行っていますが、初めての訪問でした。
・知名度を高め、観光客の誘導の工夫をしてください。
*もう少しゆとりをもってお店巡りをする時間が欲しかった
*値段の面で少々高価な点が課題ではないでしょうか? 
*本物ってことなのかお値段のいいのには驚きました

D 車中・移動について
・多少トラブルがあったものの効率よくツアーできてよかったです。
・勉強会のような難しい内容かと思っていましたが楽しく良かったです。
・初回の方々も満足され喜んでいました
・山梨にいても知らない企業などを知るよい機会なのでできるだけ参加したい
・回を重ねるごとに皆で協力し合いスムースに行き、皆様との親しみを感じました
*往路で初回(桃組)参加者が自己紹介したので、復路ではベテラン(白組)が感想などの声を聴けるとよいです。
☆初回の参加者13名を含めて、学びの充実感を共有して満足度と喜びを分かち合えてよかったです

☆アンケートでは、次回17回9/13(土)参加者は17名、
第17回9/13(土)「自然エネルギーと環境問題について甲府市内の先進的な現場を見学!」
18回9/25(木)の参加者は30名(大型へ変更も検討要?)となっています。
 第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」
 産業観光研究会 http://sangyokankoken.seesaa.net/ 
posted by 創ろう甲斐 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

北杜市についてもっと理解しましょう

いよいよ夏休み!
八ヶ岳のふもと北杜市へ納涼や、体験農業に行く人々が多そうです。
産業観光研究会でも第16回7/24(木)北杜市へ産業観光!「自然・健康と美・味の魅力を提案する先進事業所を見学!」を40人で行ないます。

そこで北杜市についてもっと理解を深めませんか?
次の7つの質問は簡単そうですね。
正解は明日のブログでご覧くださ〜い(^^)

北杜市について 知ってるけ? 
Q1 北杜市の名誉市民に有名な画家がいます さて誰でしょうか?

Q2 皆さん、「この画家のシルクロード美術館」へ行ったことありますか?

Q3 大泉町には有名な国語学者で言語学の権威者の記念館があります
さて、誰の記念館でしょうか? 

Q4 北杜市の鳥は何でしょうか?

Q5 北杜市は、電動車両普及センターの「電気自動車のモデルゾーン実験」対象地域に選ばれました。
さて、公用車として電気自動車は何台利用されているでしょうか?

Q6 北杜市は経済産業省の「その他の特色ある取組みを行っている市町村12選」に選定され、県内で唯一評価をいただきました。
この選定された理由を上げてください。

Q7 次は環境にやさしい取り組みを進める状況について伺います。
北杜市は「環境日本一の潤いの杜(もり)づくり」を目指しています。

国の委託事業として大規模太陽光発電実証研究の第1期分600キロワット級のシステムが完成し、発電を始めました。
さて、第1期では日本など何カ国の国の太陽光パネルが設置されているでしょうか?
posted by 創ろう甲斐 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

山梨県北杜市が魅力を発信中

山梨県北杜市2004年 8町が合併
同じような規模の町が合併し、広い山間地に農林牧畜と観光サービス産業を主とする住民たちがそれぞれの主張もあり大変な歩みだったでしょう。

今では、人口も増加中で、5万人まで今一歩アト数百人です。
北杜市となってから企業誘致数は7社。
さらに複数の企業や農業生産法人が市内への進出を計画中。

企業誘致の取り組みが認められ、経済産業省の「その他の特色ある取組みを行っている市町村12選」に選定され、その積極的な取り組みを高く評価されています。

ホームページを見ると、白倉市長のリーダーシップや、市民に対するきめ細かい行政サービスと、来街者観光客に対する「おもてなしの心」も感じられます。

全国の市町村合併をした、検討中の市町も北杜市について多いに理解を深めませんか?
そんなわけで、産業観光研究会では、第16回7/24(木)北杜市へ産業観光!「自然・健康と美・味の魅力を提案する先進事業所を見学!」を通じて40名が同市の魅力を発見できることを大変楽しみにしております。

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。
posted by 創ろう甲斐 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

北杜市の魅力を発見しましょう!その2

山梨県の北杜市といえば?
八ヶ岳の南麓にある人口 5万人の都市。
清里や小淵沢、白州などが知られていますね!
平成4年に8町が合併して、今や魅力づくりを快走中。
山梨県内では、人口が増加している市としてうらやましがられているが。
その秘密はどこにあるのでしょう?
1) 八ヶ岳などの自然景観、森林資源がすばらしい
2) 農業や林業をたいせつにしている
3) 人々が温かく頑張りやで意欲的な方が多そう

4) 作家など芸術家さらに団塊世代などが移住・定住するに価値あり!
5) 子どもたちを大切にして学校教育も熱心!

6) 白倉政司市長のリーダーシップよろしく、次々と積極的な施策を打ち出して活力が見える!
7) そんな風土、行政と民力パワーを都会の企業や人々も評価して提携関係の案件が多い


このように7つのポイントを挙げてみましたがいかがでしょうか?
市内にお住まいの方は、自慢の我が北杜市をどのように評価採点していますか?

北杜市の魅力 その1は「教育と自然環境の問題を考え取り組みます!ブログ」をどうぞご覧ください。

産業観光研究会では、第16回7/24(木)北杜市へ産業観光!「自然・健康と美・味の魅力を提案する事業所を見学!」を行ないます。
今回、既に40名近くの参加者が期待を込めて申込みあり北杜市の魅力発見ツアーを楽しみにしています。

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。
posted by 創ろう甲斐 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

魚の都市 焼津市は「海の幸」拡販を!

燃料価格の高騰で漁船が遠洋漁業にでられない厳しい事態が発生。
政府の対応策がタイムリーに出ないので、この先見通しも立たずわが国は不安に満ちている。
輸入食糧に依存しないで、国内で漁獲、農作物を生産奨励できるよう農林水産省のスピーディーな対策を要望したい。

産業観光研究会では、第15回6/26(木)「焼津市のビール・わさび工場、さかなセンター、八雲に感動を!」として焼津さかなセンターを見学。
通常の観光旅行では、フリーにお買い物だけでしょうが、今回特別に事業について説明してもらい質疑応答時間をいただきました。
おかげさまで海洋資源に恵まれた「焼津市の産業と観光」の実情とそのすばらしさについて理解でき、感激感動しました。

焼津市は人口12万人、海の資源を活用して年間観光客323万人、宿泊者38万人を記録しています。
株式会社焼津水産振興センターは官民一体の第三セクターであり、全国で初めて郊外ロードサイドに設立された魚センターを運営。
その総売上額は約6億円。


利用観光客の利便性を考慮して敢えて郊外に設立され、焼津港、小川港から海の幸が直送される。
現在70店舗が協同組合焼津さかなセンターに集結。
ナント年間162万人が来訪。市全体の観光客の半数を吸引しています。
内、1000名を収容する食堂利用者が23万人。 
当日も、某政治家の後援会数百人が大型バスで乗り付けて大盛況でした。

日本人の食と命を守り続けるために、魚・海の幸を安定して廉価に提供して欲しいですね!

この海の幸を最大限に活用しているドル箱の観光産業は、海なしの山梨県民にとりまことにうらやましい限りです。
焼津市では、毎月「何とか祭りや、何とか市」のイベントを開催。
その市民総力での活力と観光客を吸引する力には学ぶ点が多いですね!

詳しいことは市のホームページをご覧ください。
今後ともお近づきをお願いしたいと感じました。

山梨県にとっても、「産業観光」の観点など大いに参考にし、今後行政と人々が交流を深めるべきパートナーであると痛感しました。
焼津市と山梨県との交流の機会を増やせるように願いながら、昨日掲載したアンケートの主な意見についてもどうぞご覧ください。

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。
posted by 創ろう甲斐 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

第15回「焼津市のビール・わさび工場、さかなセンター、八雲に感動を!」報告です

満席の予定が、1名歯痛にて当日欠席で残念!

4つの見学先から印象に残る説明をいただき、満足度の高い有意義な産業観光を行ないました。
焼津市は、人口12万人、海の観光資源を活用して年間観光客323万人、宿泊者38万人を記録しています。
山梨県にとっても、参考にしたり行政と人々が交流を深めるべきパートナーであると痛感しました。

今回有力な観光スポットで特別依頼に応じて解説案内をいただき、焼津市の産業観光について理解を深めることができました。

焼津市と山梨県との交流の機会を増やせるように願いながらアンケートまとめをご覧ください。

第15回 6/26(木)「焼津市のビール・わさび工場、さかなセンター、八雲に感動を!」アンケートまとめでは参加27名中ほとんどが満足したでした
ご参考まで主な感想と要望など下記のとおりです。 
A サッポロビール静岡工場   
・静岡にこんなすばらしいビール工場があったことは感動しました
・アルコールは苦手ですが、製造工程を見学させていただきよい勉強になりました
・説明の社員さんの「演技力」にびっくりし上手な説明に感激しました
・ガイドさんに感動して、ビールを美味しくいただき、土産もどっさり求めました
・ガイドさんはサッポロの看板を背負って頑張っている姿、自分に変えてこれから進みたいと思います
・笑顔と冗談を交えた最高の案内役であり、プロのお手本として消費者に効果的にPRしていました
・環境対策としてもゼロエミッションや段ボールの工夫なども感心しました。
・ビールだけでなく、ワインについて無添加傾向との話など説明と試飲できてよかったです
・発泡酒とビールの区別など分かりしっかりと学べました。
・ビールは黒ラベル派であるが、工場の温度管理のために特に美味しかった

B 焼津さかなセンターについて
・地場観光を上手く経営していることは山梨でも見習うべき教訓・システムづくりですね
・大規模な施設でびっくりし事業について解説いただき、魚屋さんたちとお話ができてよかったです
・お知り合いのおかげで安心してよい見学、買い物がお安くしていただきうれしかったです。
・市場内を見学して歩く時間も欲しかった。
・旅行ツアーでは普通買い物だけですが、事業について説明が聞けて全体像がよく分かりました。
・焼津市の海の資源を活かした観光産業について説明あり、焼津市や魚業について理解できました
・増穂町出身の焼津在住の方にご案内いただき、楽しく交流でき大変貴重な出会いができよかったです
・魚と観光について時流の話を聴けて参考になりました。

C 小泉八雲記念館 の見学
・八雲の人柄を感じられ、有意義でした。あと10分欲しかった。
・貴重な資料が多く、読み取るのに時間が少なく惜しかったです
・焼津市を愛した八雲の一生とその家族についても理解でき歴史と文化を学べてよかったです
・焼津市が1億円をかけた観光資産についてうらやましく思いました
・真新しい観光館で八雲と焼津市との関係がよく分かり勉強できました

 D 静岡わさび工場の見学
・健康食品であることが分かり、嗜好食品として大いに食卓に出したいです
・製造工程が見られるともっと良かったですが。
・わさびの効用についてもっと効果的にPRすべきと思った。新聞の記事も欲しかったです
・昔の人は、知らずの間に健康食だったことと実感できました
・本物の味について説明を聞き大変参考になった。
・わさびの見分け方、保存方法など参考になりました
*国道の騒音などで説明が聴き取りにくく、残念でした

E 昼食・車中・移動について
・リッチに見学でき楽しくお買い物ができて満足度100%の観光ツアーができ感謝します
・車中でも楽しく会話ができ、初めての方の自己紹介や名札が良かったと思います
・新しい方々と出会い、会話ができ、有意義でした。ブログもみており、今後も期待しております。
・こうして学びながら皆様ともお知り合いになれ本当に「IIEN.Y」だと思います。
・次回について状況を話して理解することができ、よかった
*前回よりも発言者が少なかったようで、次回は感想などの声も聴きたいですね。
*前回は全員が自己紹介、今回は初回参加者のみが自己紹介でしゃべり足りない方もいたようです。

☆次回16回 7/24(木)北杜市へ産業観光!「自然・健康と美・味・知を提案する先進事業を見学!」の参加者は19名となっています。
☆新規の入会者も多くあり、満足度と喜びを分かち合えてよかったです

以上 見学先皆様と参加者のご協力いただき有難うございました。
代表 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

山梨県の産業技術短期大学校

山梨県には、甲州市に産業技術短期大学校ある。
小生も福祉住環境コーディネーターの受講のため往復約50kmを通ったこともありました。
すばらしいキャンパスであり、多くの市民講座を開設しているので多くの県民が利用したいですね。

県の職業能力開発課が県立高校の2,3年生にアンケートしたところ、「8割が知らない」という。
これは驚きであり、県の産業・教育研修の資産活用にとってもったいない!
認知度の調査は何度か行なわれていると思うが、「実業界と技能習得の接点をモット拡大」しなければ!

産業観光の関連で「観光ビジネス科」の講師によると、「厚生労働省の職業技能の職業訓練校であり、国が定めた指導カリキュラムに沿って単位取得が厳しい」とのこと。

が、職業専門校の学生が「実習・工場見学/コミュニケーション力」を強化するように改善しませんか?
見学・体験や、「産業観光」の研修を通じて事業の「現場・現業・現実」状況について体得できるように!そして「知名度・利用度の向上」を通じて地域・家庭や産業界ともっと「身近な関係づくり」を創って欲しい。

峡南地方の増穂町には、県立峡南高等技術専門校があります。
職業能力開発促進法に基づいて設置された職業能力開発施設であり、ひとりひとりの態様に応じた多様な職業訓練を行なっています。
35歳以下の若年層を対象とした自動車整備科、建築科があり2年コース。
「授業料や入学料が不要」のことをご存知でしたか?
教科書代・災害傷害保険料・校内行事運営費・見学旅行積立金などは自己負担として2年間で約10万円は必要だが。
卒業生の就職率はほぼ100%!

また「職を探すため」の造園科などもあります。
造園技術を学んでいる学生には後援や商店街の植栽手入れなど大いに実習を増やして欲しいですね。

技能習得に加えて、「お客様とコミュニケーション力を実践的に体得」する機会も増やしたいです!
一回り大きなたくましい、ゆたかな会話ができる専門技術の職業人として誇りをもてるように!

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。




posted by 創ろう甲斐 at 15:36| Comment(2) | TrackBack(2) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。