2007年06月07日

産業観光 第6回 「山梨県の森林資源の現況と展望と、穂積地区の魅力を発見!」

県土の76%が森林の山梨県。

森林資源について、もっと深く理解し、「産業の視点」から森林との関わりを身近にしませんか?

森林は、生活を守る自然資源であり、環境問題との関わりや、食・住・観光などホントニ身近な存在です。

そこで、産業観光 第6回 「山梨県の森林資源の現況と展望・増穂町穂積地区の魅力を発見!」では次のとおり

関係先のご協力をいただき企画中です。

皆様のご関心やご要望をお聞かせください。

日時予定: 8月25日(土) 10:00〜17:00

 午前中:
  山梨県森林総合研究所の専門スタッフから「県および峡南の森林資源の現況と展望」に関する講座

  県の森林資源の活用状況について正しく理解し、県民が積極的に森にかかわりを持ち、県土の発展に寄与できるよう学習して取り組みに結び付けませんか?

  レジメ目次を事前に配布し、関心を喚起して当日の情報交流を効果的に行ないたいと思います。

 昼食: 12時 〜 13時30分

 峡南の食材を使った郷土料理弁当を食べながら、次の団体の映像を見て学習します。

 1) 早川町の官民の取り組み

 2) 櫛形山を愛する会

午後: マイクロバス2台で見学先を「産業観光」

 1) 小室山妙法寺 

 2) 穂積地区

 3) 森林工房セブリ舎

参加者40名(予定)とともに、穂積地区の魅力を発見・体感します。

最新のご案内を7月6日発信記事をどうぞご覧ください。
産業観光研究会


posted by 創ろう甲斐 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

第5回 甲府市内の先進工場“産業観光”に参加しませんか!

県内産業動向について講議 と 先進工場をバスツアー見学して情報交流を! 
優れた産業の現場や、町の施設の産業観光にご参加しませんか?


「産業観光」は、商工農林の産業現場や施設など“キラリと光る現場”を見学し、ともに感動し学んで地域づくりに役立ちます!


イベント: 
キャンパスネット連携  県内産業動向の学習と甲府の先進工場を見学!
開催日: 7月19日(木) 10:00 〜 16:00 

見学先:  
1)(財)やまなし産業支援機構         
   「山梨県内の最新産業動向と課題」について
    中小企業振興部経営支援課様から講義いただき、質疑応答。 
 
2) 昼食・懇談  アイメッセ・レストランかえで                             

3) 樺家製作所甲府工場          
   OA機器、半導体製造装置、自動化機器などの生産現場を見学!
   望月英昭社長(経営革新交流会の会長)からご挨拶いただきます。

4) 潟Iーフジ
  人気の土産商品「清里牛乳もち」など山梨発の地域土産品の生産工場を見学!
  観光事業部、食品事業部の事業概要を解説いただきます。

5) 国母工業団地 23社(工場)などを車窓から視察。  
  (協)国母工業団地工業会様から資料をもとに車内でご説明いただきます。

参加人数: 28人 先着順とし7月5日迄に最少催行人数15名にて実施を決定させていただきます
参加費:  1,800円
     (バス代、昼食代、傷害保険料、事務費を含みます)  

☆集合時間・場所: 10時00分(時間厳守) やまなし産業支援機構
    甲府市大津町2192-8 アイメッセ山梨3F Tel:055-243-1888

やまなしまなびネットに会員登録しませんか?
「まなびの手帳」をご持参ください。 5単位の受講となります!

後 援: 
  山梨県、 やまなし産業支援機構、 山梨県中小企業団体中央会、
  山梨県商工会連合会、 甲府商工会議所 
協 力:
   山梨県立大学地域研究交流センター、 (協)国母工業団地工業会
  山梨学院大学、 潟^ウンネット、 慨PARK、 志村観光トラベル株式会社

主 催: 山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Y登録「産業観光研究会」    
 お問合せ・お申込みをお待ちします。
 代表 川口正満 
posted by 創ろう甲斐 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

6/30(土)第4回 甲府市内の”古と現代の産業観光”を!

もう真夏の様相ですね

この回から、キャンパスネット連携講座!として、重みと価値ある「産業観光」活動となります。
山梨県の生涯学習文化課に承認されて連携機関は、各市町の教育委員会などを含む240余り。

やまなしまなびネットからも、幾つかのためになる講座と同様に申込みできます。

当産業観光研究会はその一つとして、県民の皆様方が要望やニーズを踏まえて、企画と内容に努めてまいりたく、どうぞよろしくお願いします。

キャンパスネット連携講座!6/30(土)第4回 甲府市内の”古と現代の産業観光”を!では、既に23名の方が申し込まれました。

今回初めて、午後から三箇所を徒歩で見学です。
真夏の甲府盆地甲府駅北口ですが、炎天下の日でも次の楽しみがあります

1)潟Tドヤ醸造場様では、地下のワイナリーを見学。
  さぞ、涼しいことでしょう

  当日は、土曜日でスタッフが不足して、残念ながら試飲はできませんが。。。


2)セインツ25高層マンションでは、25Fの最上階から甲府盆地を眺望します。
  これも、さぞ清々しく、涼しいことでしょう!

3)そして、甲府城の散策では、古をしのんで、鎧を身につけたと思えば、多少は「暑くても、 火もまた、涼しい」ことでしょう。
山梨観光物産連盟の「甲府城御案内仕隊」のガイド様に御案内いただきます。

山日イベント情報には6・7(木)に掲載されますが、30名の皆様で揃って見学できるように楽しみにしております。
現在、24名が申し込みあります。

当日、ベテランの会員様には、役割分担をしてもらいたく、追って連絡します。

例えば、Faxで地域ごとに連絡係り、集金係り、資料配布係り、移動のリーダーなどです

産業観光研究会
代表 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

キャンパスネット連携機関になりました

ホットニュースです!

IIEN.Y登録「産業観光研究会」は山梨県生涯学習文化課から「キャンパスネットの連携機関」として承認されました。

第241番目の連携機関とのことで、今後、参加者は「やまなしまなびネット」サイトから会員登録しておくと、参加ごとに単位取得できることになりました!!

キャンパスネットは、山梨県の文教予算の補助で生涯学習や技能習得の講座を安価に提供しており、県内で幾つかの会場で受けられます。

インドア型の講座・技能講習が多いですが、アウトドア型もあります。
さすがに「商工農林業の勝れた現場や県の施設などを見学して自己投資、交流を深めよう」という講座は少ないですね!

「産業観光」の参加者も、産業観光研究会にとっても大きな励みとなり、積極的に参加しともに交流の輪を拡大していくモチベーションとなりますね!

産業観光研究会のキャンパスネット連携講座!6/30(土)第4回 甲府市内の”古と現代の産業観光”を!にもまなびネットからさっそくお申し込みをお願いします。

次回は3時間なので3単位となります。

小生も「まなびノート」を次回持参し、単位取得をもらいたいですが。。。

産業観光研究会
代表 川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

6/30(土)第4回甲府駅北口の”古と現代の産業観光”を!

産業観光第4回は、次のように徒歩見学を予定しています。
関係先との最終確認中ですが、一足先に予告としてお知らせです。

 甲府駅北口の“古と現代の産業観光”に参加しませんか!
老舗ワイン製造工場と稲荷櫓・舞鶴城、セインツ25高層マンション を徒歩見学し情報交流を! 
 
イベント名: 産業観光 第4回 甲府駅北口の“古と現代の産業観光”を! 

開催日:  平成19年6/30(土) 13時〜16時20分 ☆雨天決行します。

見学先・時間: 
☆サドヤ醸造場    
  ・名門ワイン製造場と地下のワインセラー、現代風展示コーナーを見学。       

☆セインツ25(114戸)     
 ・見学先: 共用箇所。25階建て高層マンションの屋上からの眺望(入居が進んでおり、見学先は限定されます)を!
 ・解説:且O建ハウス様:
県内初の高層マンションの分譲事業のいきさつや成功談について
・ 質疑応答など30分ほど
 
☆稲荷櫓・舞鶴城 
 ・竣工した稲荷櫓を見学し400年の歴史を誇る近世城郭について学びます。 
  *県観光物産連盟の観光ガイドから説明いただきます。                   
解散 16時20分

参加人数: 定員30人(先着順とさせていただきます)   
            
参加費:   800円
 (サドヤ醸造地下のワインセラー見学料、資料代を含みます)

☆集合時間・場所: 13時00分 サドヤ醸造場 甲府駅北口徒歩5分
 甲府市北口3-3-24  Tel:055-251-3671

老若男女の産業観光に意欲的な方々のご参加をお待ちしております。
posted by 創ろう甲斐 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

第3回市川三郷・南アルプスの自慢の企業を見学!

第3回市川三郷・南アルプスの自慢の企業を見学!は、5/15(火)に行ないます。

歌舞伎文化公園を外観から眺めたり、
老舗の和紙をベースとしたマルアイ様の工場と、
ユニットハウスのトヨタ自動車のトヨタホームの工場や、
甲西工業団地8工場を車窓から見学と、
また、南アルプス市商工会が運営するハッピーパークで昼食です。

参加者は、2回目までの参加者や、市川三郷町の経営指導員5名様などで20数名となっています。

皆様が、「産業観光」活動を通じて、「新しい発見と感動」をともにできるように願っております。

中型バスの定員が、スタッフを含めて28名なのでお申込みとお支払いの先着順とさせていただきますのでご了承をお願いします。

お早めに払い込みも済まされて、先着登録されますようにお願い致します。
代表・富士川流域担当 川口正満 
posted by 創ろう甲斐 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

第3回市川三郷・南アルプスの自慢の企業を見学!

第3回市川三郷・南アルプスの自慢の企業を見学!では、
当事業が「社会・産業面でのまた、生涯学習などの教育的な意義、地域活性化に寄与できること」にご賛同いただき、「山梨県」に加えて、新たに次の機関より後援をいただきました。

 山梨県中小企業団体中央会
 ☆山梨県商工会連合会

 ☆やまなし産業支援機構


今回は、ものづくりの先進的な製造工場を2ヵ所見学させていただけます。
昼食は、南アルプス市の果樹の園にある、ハッピーパークでイタリア料理の予定ですが。

マルアイ様の和紙の商品や、トヨタホームの生産管理などにご関心あるビジネスマン、学生さんたちの参加者を期待したいと思います。

もちろん、勧学院などの主婦の皆様や、商工会などの公的団体の職員様なども、個人ではなかなか見学できないので奮ってご参加ください。

posted by 創ろう甲斐 at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

地域活性化は“一体感”と“参画”で!

地方や地域の活性化のためにさまざまな取り組みが行なわれています。
NPO法人や、ボランティア活動、学生発のベンチャー企業も貢献しています。
産官学のコラボレーション案件など。

そこには、“一体感”をもった仲間たち、同志が活き活きと活動しています。
共通のテーマに関して、問題点を解決しようと、
行政に対して積極的に働きかけ、
人々とともに喜びを分かち合おうと、
主体的、自発的に“参画”しています。


地方都市・地域には多くの問題があります。
高齢化と少子化や、若者たちの個性化と、政治離れなど。
都会には、商品は溢れ、幅広く選択できますが、
地方では、高い、遅い、少ないなども問題です。

情報を利用活用できる通信インフラが未整備で、人々のスキルも遅れています。
産業・商業は停滞して、地方都市の魅力が薄れています。

しかしデス!
人々が“一体感”をもった“参画”で活動を起すと、
例えば、祭りや、伝統的な文化行事、また○○教室などなどすばらしい事例がたくさんあります。
街の、田舎の、商店街の、市町村の“賑わいを創出”できます。
  “明るく元気な交流”を通じて、“活き活きとした出会い”が生まれます。
“創造的な活動”に盛り上がり、地域の活性化につながります。

そして“産業観光”という新しいテーマにおいても!
商工農林業の先進的な産業の現場・工場を見学し、
会社や商品について学び、情報交流を通じて、
公的な施設を積極的に見学し利用活用し、
公務員や専門家とももっと身近になり、
共通のテーマに対して、“一体感”をもって、主体的に“参画”して取り組めると

地域の活性化と、人々の生甲斐創りや、人まちづくりにつながるでしょう!
産業観光研究会
代表 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

第2回増穂・鰍沢の自慢の企業・施設の見学を!山梨県が後援を!

山梨県から産業観光活動に対して「後援」をいただきます!
山梨県から産業観光研究会の活動についてご賛同いただき、「後援」いただけることになりました。

小さく育てて、地域や県の活性化に役立ちたい!」とスタートした当研究会に対して徐々にご理解ご支援の輪が広まっています。

山梨日日新聞のイベント情報4/4号「文化探訪」に第2回増穂・鰍沢の自慢の企業・施設の見学を!について掲載されました。
甲府や南アルプス市の意欲的な方が何名も申込みいただきました。
マスコミの情報発信力というか、読者が“さまざまなイベントについて関心を寄せ、期待しているニーズ”が高いことを知らされました。

第2回増穂・鰍沢の自慢の企業・施設の見学を!の参加者は、前回のリピート参加者はことぶき勧学院の熱心な皆様など約半数の予定です。
キノコの生産現場を見学したい、食品生ゴミの分解処理技術を理解したい」という方々など感謝しながら、同好の皆様と交流できることを参加者一同楽しみにしております。
増穂町・鰍沢町の観光拠点ともいえる「あおやぎ活性館・ギャラリー六斎、春鶯囀の酒蔵の見学、かじかの湯、まちの駅塩の華」なども初めての方も多くどうぞご期待ください!
posted by 創ろう甲斐 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

町田市の桜祭りで加賀美シメジ園さん大活躍

山梨県の増穂町は、町田市防災協定を結んでいます。
増穂町では、毎年同市の桜祭りに参加し、友好的な人・特産品・情報の交流を続けています。
増穂町観光協会では今年も今日と明日バス1台で訪問し、旧交を暖めたり、初めての方は感激感動をしました。

尾根緑道は、桜が満開で最高の見ごろ。菜の花も花を添えていました。
P4070102.JPG
尾根緑道
.



さすがに40万人都市のエネルギー満杯で、友好都市の川上村、大島町、沖縄市などからも出展者が活発にお招きしていました。

そこで大人気だったのが、増穂町の加賀美しめじ園の「エリンギ炒め!」
エリンギ炒め
ご家族で列を作っていただき、舌鼓していました。
「昨年、とても美味しかったから」という人もいたり、
「午前中食べたけど、午後ももう一度といただきます」などと。
にんにくの隠し味も上手いのか、女性たちもヘルシーなエリンギのパワーを身につけていました。
エリンギ炒めに並んで

町田市の皆様!
今度は、増穂町で11月に行なわれる「第20回増穂祭り」にぜひ皆さんお越しください。

そうそう
その前に、産業観光研究会では、4月28日(土)に加賀美しめじ園などきのこの栽培現場のバスツアー見学などを行ないます。
まだ余裕がありますのでお早めにお申込みください。

posted by 創ろう甲斐 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

産業観光研究会のメンバー

2月に山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Yに登録した当「産業観光研究会」は、小さく生んで大きく育てと言い聞かせています。

まだ、メンバーは29名です。
ホントに老若男女と、世代がミックスしており今後が楽しみです。
学生さんの若さとエネルギー。
ビジネスマンの意欲とそれぞれの分野での専門性。
生涯学習に燃えるシニア様たち。
そして
商工業・サービスや農林業の指導者たち。

第2回増穂・鰍沢の自慢の企業・施設の見学を!では、
キノコ(特用林産)の専門家や、食品残渣のバクテリア分解に感心ある方々も参加されるでしょう。
大手企業にその技術をOEM供給している潟eクニカルスチールには、多くを学べることと思います。

ヒョットして、県外からも徐々にご関心ある方が参加されるかも??

暖冬とはいえ厳しい冬に生まれた当研究会は、温かい春を迎えて、徐々に力強く歩み始めています。
産業観光研究会
代表 川口正満
2007.3.29
posted by 創ろう甲斐 at 22:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3回市川三郷・南アルプスの先進企業の見学!

第3回市川三郷・南アルプスの先進企業の見学!第3回は5月15日(火)に行ないます。
市川三郷・南アルプスの先進企業の見学!

皆様まだきっと見学していないと思います。
市川三郷町町の名門企業潟}ルアイ様には小中学校時代に見学したかも?

今、マルアイ様は昔の和紙製造のみから、食品用のフィルム包装材半導体の生産までも行ない、時流を先取りした最新鋭の工場となっています。
社員皆様も誇り高く一丸となってよい製品を生産・販売されています。
当日は、「日常のおつきあいに使われる、のし袋や封筒の製造工程をじっくりと見学!」
「全国に出荷される物流現場も見学して、フィルム包装材の理解も深めます。」



午後は、トヨタ自動車山梨工場を見学します。
ここではあのトヨタホームのユニットハウスを製造し、首都圏と山梨県内に年間1000戸を供給しています。
”トヨタ自動車”の工場が山梨県にあることをご存知でしたか?

今回、トヨタホーム山梨蒲lを訪問し見学をお願いしご快諾いただきました。

「産業観光」といえば、トヨタ自動車の愛知県が発祥の地であり、「産業観光」の成功モデルとなっています。
自動車博物館など、関西へ出張される方は、名古屋でわざわざ途中下車して見学するそうです。
観光客の訪問で落ちる観光収入が数十億円とのこと。

山梨県でもホントにトヨタグループ様から多くのことを学びませんか?!

第3回市川三郷・南アルプスの先進企業の見学!の詳細について
下記をご覧ください
第3回市川三郷・南アルプスの先進企業の見学!
posted by 創ろう甲斐 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

産業観光第2回増穂・鰍沢の自慢の企業・施設の見学を!

富士川流域の”増穂・鰍沢の自慢の企業・施設を見学しませんか!“
 先進企業とキノコの生産現場などを見学し、情報交流を! 

「産業観光」は、農林商工の産業現場や公的施設を見学し、情報交流を行ないます。
“キラリと光る産業現場”を見学し人々と出会い・研鑽し地域づくりに役立ちます!

1 イベント: 産業観光第2回“増穂・鰍沢の自慢の産業現場を見学!“

2 見学日: 平成19年4月28日(土)    
3 見学場所: 
増穂町 
  潟eクニカルスチール    
   ☆コンピュータ処理の生産工場と、「産業ごみのバクテリア分解技術」を学びます。

    大手企業への技術提供など多くの実績について解説いただきます。

  加賀美しめじ園 
   ☆シメジやエリンギなどをオギノなどに安定供給。貴重な生産現場を見学します。
山梨県では、特用林産など農業生産の奨励を推進しています

  あおやぎ宿活性館・やなぎ亭 (昼食)
   ☆静かな日本庭園と和式建築の館でくつろぎながら。

    (初めての方ともお知り合いになりましょう!!)
  ギャラリー六斎/創業210年の酒蔵も見学させていただきます。
   ☆さまざまな作品を展示し、地域に情報発信しています。当日の作品は? 
                     
鰍沢町                    
鰍ヘなびらたけ本舗   
  ☆「栽培キノコの王様ハナビラタケ」を開発した生産現場で感動してみませんか?! ハナビラタケの生産では全国3位です。
かじかの湯  懇談とお買い物を!


まちの駅かじかざわ塩の華
解散:16時
 その後オプション:増穂町営まほらの湯 入浴をおくつろぎください。

4 参加人数: 定員28人(先着順とさせていただきます)       
5 参加費: 1800円 (昼食代、バス代、傷害保険料を含みます)

☆集合時間・場所: 10時00分 利根川公園プール駐車場
 ☆今後、県内4つの地域で産業観光の継続的な活動を通じて、県や市町の活性化を目指します。

後援: 山梨県、増穂町、増穂町観光協会、増穂町商工会、鰍沢町、鰍沢町商工会
協力: 山梨県立大学地域研究交流センター、JAふじかわ、

    潟^ウンネット株式会社SPARK、志村観光トラベル
主催: 山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Y登録「産業観光研究会」    
お問合せ・お申込みを下記にお願い致します。
富士川流域担当 川口正満 TEL/FAX:050-1568-7259

posted by 創ろう甲斐 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

産業観光 第1回増穂町の魅力発見!

3月19日(月)に行なう産業観光「第1回増穂町の魅力発見!」定員28名”あと3名様”となっておりますので、お早めにお申込みをお願いします。

ご案内先の「県のサイトや生涯学習関連」サイトや各団体のご協力とご関心意欲のある方々が参加されます。

学生さん6名、シニア様10名など老若男女がバランスよく参加されています。

第1回の当日は、「目的意識と学習意欲の高い」皆様のご参加により、山梨県森林総合研究所の研究棟や、株式会社はくばく様の本社工場を見学します。
「集い・語らい産業観光の熱心な見学行動」
が期待されます。
個人的にはなかなか見学できませんので、どうぞこの機会に奮ってご参加ください。
参加費は、1800円(バス代、昼食代、傷害保険料込み)です。

AMIPLAZA 経営とIT利活用を考えます にもお立ち寄りください。
posted by 創ろう甲斐 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

第2回増穂・鰍沢の自慢の企業・施設の見学を!

産業観光第2回を4月28日(土)に下記のとおり行ないます
増穂・鰍沢の自慢の企業・施設を見学しませんか!“
先進企業とキノコの生産現場などを見学し、情報交流を! 

県内のキラリと光る産業現場”を見学し人々と出会い・研鑽しませんか?!

1 イベント名:産業観光第2回“増穂・鰍沢の自慢の産業現場を見学!“
2 見学日:平成19年4月28日(土)10時〜16時    
3 見学場所・時間: 
午前中:
増穂町 
☆潟eクニカルスチール 
  コンピュータ処理の生産工場と、「産業ごみのバクテリア分解技術」を学びます。
☆加賀美しめじ園
  シメジやエリンギなどをオギノなどに安定供給。貴重な生産現場を見学します。
あおやぎ宿活性館・やなぎ亭 (郷土料理の昼食)
          
午 後:
ギャラリー六斎            
鰍沢町      
☆かじかの湯   
鰍ヘなびらたけ本舗 
  「栽培キノコの王様ハナビラタケ」を開発した生産現場で感動してみませんか?!
☆まちの駅かじかざわ塩の華
解散  16時00分
その後オプション増穂町営まほらの湯 入浴をおくつろぎください。
4 参加人数: 定員28人(先着順とさせていただきます。4月14日迄にお申込みください。)   
  *最少催行人員15名で2週間前に中止する場合もございます。

5 参加費: 1800円 (昼食代、バス代、ご自宅からの傷害保険料を含みます) *集合場所までの交通費は自己負担です。
☆集合時間・場所: 10時00分 利根川公園プール 道東駐車場
  (増穂町内の方もバス車内でのガイド・交流のためにご参集をお願いします。)
☆今後も、県内4つの地域で産業観光の継続的な活動を通じて、県や市町の活性化を目指します。

後援: 山梨県、増穂町、増穂町観光協会、増穂町商工会、鰍沢町、鰍沢町商工会
協力: 山梨県立大学地域研究交流センター、株式会社SPARK、株式会社タウンネット、志村観光トラベル株式会社

主催: 山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Y登録「産業観光研究会

皆様と感動と喜びを分かち合いたくご参加をお待ちしております。
詳細は下記をご覧ください
第2回増穂鰍沢の企業施設の見学を
ラベル:増穂 鰍沢
posted by 創ろう甲斐 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産業観光 JR東海須田会長のご提唱

JR東海須田会長は全国各県での、あたらしい「参加型の産業観光」の重要性・必要性を説いています。
愛知県で大成功している「産業観光」は、自動車産業がベースとなっています。

さて、さまざまな地域の特色を活かした「産業観光」資源の開発と展開方法については、各地でコンペのように独自性ある展開をしたいですね。
それぞれの特色を活かして、「意欲ある同志仲間とともに、関係先の協力」を積極的に得ながら、力強い取り組みが期待されます。
AMIPLAZA 経営とマーケティング・ITを考えるブログにて「産業観光」関連記事もご覧ください。
環境問題について考え取り組みませんか!
川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

産業観光第2回 四月の予定

桜咲く四月も半年あまり前倒しになりそうですね!
地球温暖化も何か不気味な予感もするようです。。。

さて、産業観光研究会では、4月末 土曜日 に増穂・鰍沢町の自慢の企業・施設を見学する予定です。
テーマは、「すばらしい技術と、きのこなど特産物」

土曜日なので、お勤めの方も、県や市町村の職員の方もご参加できるように。
そしてシニアの方々も両町の特産物をゆったりと楽しめるように!
そんな想いを込めながら、ただいま最終準備中です。
来週早々にご案内しますのでもうしばらくお待ちください。

山梨県内でご希望の工場見学先などありましたら、どうぞコメントにてお知らせください。
皆で楽しく有意義な意欲的な「産業観光」を具体化していきたいと願っております。
産業観光研究会 代表 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

産業観光は老若男女世代を超えて!

「産業観光」は、まだ馴染みが少ないようです。
愛知県では自動車産業がベースとなり、すっかり定着しているようですが。
勝れた商工農林業の現場などを見学して、同好の仲間とともに活きた学習ができます!
体験学習というか、現場見学により体で学ぶことはホントに基調です。
産業観光研究会の活動は、老若男女の意欲ある方々が主役です。
学生さん、主婦の方
大歓迎!
ビジネスマンも業務として、
また休暇をとって個人の自己啓発でもよいし、
求職中の方やシニアの方
が視野を広め、自己投資としてもきっと意義あるのでは?

貸切バスの車内や、見学先で楽しい交流ができます。
また、「産業観光研究会」に別途入会(入会費1口1000円以上)すると、M-Lなどでも情報交流でき、企画運営に参加できます。

産業観光の目的は、人・まちづくりです。
そして県内の就職率を高めたいとも願っています。

ご関心ある方は、このブログ広場にて大いに情報交歓しませんか?!
3月19日(月)第1回増穂町の魅力発見!に奮ってどうぞご参加ください。
産業観光 第1回増穂町の魅力発見を!
川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

産業観光「増穂町の魅力発見を!」

産業観光研究会 ご案内 “増穂町の魅力発見を!“
県森林総合研究所・鰍ヘくばくなどを見学し、情報交流しませんか? 

優れた産業の現場と県や町の施設の見学にご参加しませんか?
「産業観光」は、農林商工の産業現場や公的施設を見学し情報交流を行ないます。
県内の観光資源や“キラリと光る現場”を見学し人々と出会い・研鑽し地域づくりにも役立ちます!
1 イベント名:
 IIEN.Y登録「産業観光研究会」産業観光 第1回 増穂町の魅力発見を!
  (集合場所から貸切観光バスで送迎します)

2 日 時:
  平成19年3月19日(月)10時 〜 16時☆雨天決行します。    
3 見学場所・時間: 
山梨県森林総合研究所・(森の教室)    10時10分〜12時  
甲府盆地を眺望するすばらしい施設で、森林資源について学びませんか?! 

あおやぎ宿活性館・やなぎ亭(昼食) 12時20分〜13時
酒造ギャラリー六斎   13時10分〜13時50分
          
鰍ヘくばく本社工場   14時 〜 15時40分 (*)
ヴァンフォーレ甲府のスポンサーです。精麦の全国シェア6割を誇ります!
   (*)参加者との質疑応答 約15分を含みます

4 募集人数:定員28名 
(先着順とさせていただきます。3月4日迄にお申込みください。)   
  *最少催行人員15名で、実施日の2週間前に中止する場合もございます。
5 参加費: 1800円 (昼食代、バス代、ご自宅からの障害保険料を含みます)
  *集合場所までの交通費は自己負担です。
  *お支払いは郵便振替口座番号00280-5-133214 加入者名 産業観光研究会へお願いします。

☆集合時間・場所: 10時00分(時間厳守)利根川公園プール駐車場
 (増穂町内の方も、バス車内でのガイド・交流のためにご参集をお願いします。)
☆地図・留意事項については追ってご案内します。
☆今後も継続的な産業観光の活動を通じて、県や市町の活性化を目指します。

主催:山梨産業情報交流ネットワーク(IIEN.Y)登録「産業観光研究会」
後援: 増穂町、増穂町観光協会
協力: 増穂町商工会、志村観光トラベル梶A
    株式会社SPARK
    山梨県立大学地域研究交流センター(予定)、

お問合せ・お申込は下記にお願い致します。
富士川流域担当 川口へ TEL:0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

「産業観光研究会」目的と活動内容

産業観光研究会の目的と活動内容
目 的:
1) 山梨県の地域活性化のため、「産業観光」を推進します。先進的な商工農林業の産業現場”や、町の施設を見学し、地元経済について学び理解を深めます。
2) 世代間や専門家との交流による人づくりを推進します。県の研究所などの施設を見学し、知識・情報力を高めて、自己啓発や生涯学習の喜びを分かち合います。
3) 「産業観光」の展開と、人々との交流を通じて「人とまちを元気に創る」ように寄与します。
4) 県内4つの地域間を横断的に継続的な交流活動を促進し、県や地域の発展に貢献します。
5) 山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Yの研究会として登録の上、主体性をもって活動する。

名 称:
本研究会の名称は、IIEN.Y登録「産業観光研究会」(仮称)とし、通称名として「人まち創ろう甲斐」HitoMachiTukuroKaiを用いる。

事業活動:
本研究会は、前条の目的を達成するために、次の事業活動を行う。
(1) 定期的な産業現場を訪問する産業観光の実施
(2) 会員の交流会
(3) 会員相互の理解を深めるための情報交流
(MailingList,ブログなどによる)
(4) IIEN.Y活動について広報し、同ネットワークおよび当研究会に会員を勧誘する。
(5) 産業観光ガイドマップの作成
(6) その他目的の達成に必要な事業

会 員:
本研究会は、目的の達成に賛同する個人の会員をもって構成する。
入会の申し込みは、会員による紹介を必要とする。
会員は、前条に掲げる事業に参加することができる。
 法人会員については別途協議の上、規定する

役 員: 
代 表
副代表 2名
会計役 2名
広報役 複数名

幹事役:
1. 本研究会活動を地域別に推進するため、県内4つの地域(甲府峡東、富士川流域、北杜韮崎、郡内)ごとに幹事役を複数名置く。
2. 幹事役は、訪問先との折衝などを行ない、実施企画と実行について責任をもって運営する。
3. 幹事役は会員の中から自薦他薦で選任する、または代表が指名できる。
4. 幹事役は役員と幹事役会を開催し運営について協議する。

事務局:
1. 事務局長は、幹事役代表が担う。事務局長は代表が兼務できる。
2. 代表は事務局員を選任できる。 
3. 事務局は、代表の事務所などにおくこととする。 
4. 事務局活動は下記の業務を行う。
・年間計画の作成
・会員管理
・Mailing List管理(役員・幹事用M-L)
・別途会員は、IIEN.Yに会員登録してそのM-Lを利用できる。
・ホームページ(ブログ)運営とブログを中心とする広報宣伝業務
・訪問先の情報管理
・会計業務
・その他研究会の活動に関連する業務

会 費:年会費: 1口1000円 以上
    各回の参加費:1000円 それぞれ郵便振替により徴収する。

平成19年2月3日から施行する。

posted by 創ろう甲斐 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。