2010年07月07日

産業観光32回南アルプス市のニコニコトマト園とハラダ種苗を見学

産業観光 第32回南アルプス市のニコニコトマト園とハラダ種苗を見学!花と野菜にふれあい理解を深めましょう!    
7月16日(金)9:00〜12:00
1) ニコニコトマト園 西南湖4225 055-284-0003
8代目の名門農家であり、プログラム農法を実践しています。
環境にやさしい有機農法に
加えて、特に水と土の自然の力を引き出してトマトや野菜を生産し甘味をつくっています。
トマトの出荷時期は過ぎましたが、ハウス農園において意見交流します。

2)ハラダ種苗梶@西南湖4429 055-282-1476
種苗の卸・小売店として花と野菜、苗の世界について学びませんか?
山梨県内の花や野菜の生産状況や種を利用した家庭栽培の話題について意見交流
しませんか?
秋蒔きの種なども買い物しましょう。

参加費: 400円(事務費) 当日ご持参ください。
募 集: 20人
集合時間: 9:00までに カインズホーム甲西店 東側駐車場 南アルプス市西南湖325?

☆参加者の自家用車で移動します。
☆キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!
☆昼食と午後は南アルプス市内のお好みのスポットを個人的に訪ねてみませんか?

後援:山梨県、南アルプス市、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
  甲府商工会議所、山梨県商工会連合会、山梨日日新聞社・山梨放送、NPO富士川・夢・未来
協力:山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学、ことぶき勧学院 

共催:産業観光研究会  
  街中プラザ「いきいき村
  富士川町追分 山梨中央銀行青柳支店向かい「地産地消」を通じて地域を活性化!
  お申込みをお待ちします 代表 川口 Tel:0556-48-8177
posted by 創ろう甲斐 at 13:50| Comment(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

産業観光31回 山梨県工業技術センターと山日新聞印刷センターを見学!

産業観光31回 山梨県工業技術センターと山日新聞印刷センターを見学!を次のとおり行ないます。    

産業や文化くらしをリードする技術指導や情報発信の先進現場を見学しましょう!
☆“産業観光”は農林商工の優れた産業現場や公的施設を見学し交流を広めます。


5月20日(木)9:00 〜 12:00
1) 山梨県工業技術センター 大津町  
ものづくりを支援する技術支援、研究開発、人材育成、情報提供の4本柱で
業務を推進し地域産業の振興・発展に寄与しています。
センター全体を説明していただき特に、消費者に近いデザインセンターの業務について学習しませんか?

2) 山梨日日新聞社新聞印刷センター  
本紙を印刷する現場は見られませんが、印刷するラインを見学します。
山日YBSグループの事業全体についても説明いただき、県内外に情報を発信する
マスメディア製作について理解を深めませんか?

参加費: 400円(事務費) 当日ご持参ください。
募 集: 20人 (申し込みされご都合悪くなる場合、お知り合いをお誘いください)

集合時間:9:00までに山梨県工業技術センター大津町2094 
    Tel: 055-243-6101
☆参加者の自家用車で移動します。
☆キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!
☆オプションとして昼食を美味しいレストランでご一緒しませんか?

後援: 山梨県、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
甲府商工会議所、山梨県商工会連合会、山梨日日新聞社・山梨放送、

協力: 山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学、 
ことぶき勧学院、NPO富士川・夢・未来、潟^ウンネット

共催: IIEN.Y登録「産業観光研究会」  
いきいき村 「地産地消」を通じて地域を元気に明るくします
お問合せ・お申込みをお待ちします
 代表 川口正満 Tel:0556-48-8177
posted by 創ろう甲斐 at 10:54| Comment(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

産業観光第30回南アルプス市の環境にやさしい先進企業を訪問!シラネパックと田中洋装(山梨ユニフォーム)を見学!

産業観光第30回は、南アルプス市の環境にやさしい先進企業を訪問!
シラネパックと田中洋装(山梨ユニフォーム)を見学!

☆“産業観光”は農林商工の優れた産業現場や公的施設を見学し交流を広めます。
3月25日(木)9:00〜12:00
1) (株)シラネパック  飯野  
段ボール製造・包装梱包資材の販売の先進企業であり、土木工事用の裏型枠では最大手です。「エコロジー化粧箱」を開発し、組立時間や材料を大幅に削減。
テープがなくても封ができる「エコ段ボール箱」を普及する事業について学びませんか?

2)山梨ユニフォーム 西野 
田中洋装のユニフォーム部門であり、温室効果ガス排出権付き作業着を販売中。
メーカー・企業購入者とともに地球温暖化への対策を推進しています。
県内初の作業着カーボンオフセット事業ついて解説いただき、洋服製造の現場も
見学させていただきます。

 参加費: 400円(事務費) 当日ご持参ください。
 募 集: 20人 (申し込みされご都合悪くなる場合、お知り合いをお誘いください)

集合時間: 9:00までに 南アルプス市商工会 2F会議室 
南アルプス市飯野2812  Tel: 055-280-3730
 
 ☆参加者の自家用車で移動します。
☆キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!
☆昼食をオプションとして、美味しいレストランでご一緒しませんか?
後援: 山梨県、南アルプス市、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、甲府商工会議所、山梨県商工会連合会、山梨日日新聞社・山梨放送、

協力: 山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学、南アルプス市商工会、ことぶき勧学院、NPO富士川・夢・未来、 潟^ウンネット
        
共催: IIEN.Y登録「産業観光研究会」http://sangyokankoken.seesaa.net/ 
    いきいき村 「地産地消」を通じて地域を元気に明るくします
お申込みをお待ちします 
代表 川口正満 Tel:0556-48-8177
 夕方6時半までにお願いします。
posted by 創ろう甲斐 at 11:20| Comment(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

産業観光第29回「梅の里クラインガルテンと地元で収穫された葡萄を使ったワイナリー敷島醸造を見学しませんか!」

産業観光第29回は「梅の里クラインガルテンと地元で収穫された葡萄を使ったワイナリー敷島醸造を見学しませんか!」を行ないます
9月30日(水) 9:30 〜12:30

1)梅の里クラインガルテンhttp://www5f.biglobe.ne.jp/~studio-noah/umenosato_test/
「クラインガルテン」とは市民農園のことで、都市生活者が農作物を作り、地元住民とふれあい、農村生活を楽しむ場所です。
甲斐敷島梅の里クラインガルテンは(滞在型50区画、日帰り型25
区画)地元農家の組織「農事組合法人ゆうのう敷島」が管理運営を行っています。
自治体が事業主体となり公共のクラインガルテン事業であり、運営を地元農家が行うのは日本で最初だそうです。
牛句3294 TEL 055-267-0831(ゆうのう敷島)

2) 敷島醸造株式会社 http://www.mountwine.co.jp 
標高約600mの茅ケ岳山麓、南傾斜地に3haの自社農園を所有、創業以来、この地元で収穫された葡萄を使ってワイン造りをしているワイナリーです。
近年垣根式栽培方式も始め少量高品質のワイン造りをめざしています。また「葡萄の樹オーナー制度」を採用し多くのワインファンが参加しています。 亀沢3228 TEL 055-277-2805

参加費:  300円(事務費) 当日ご持参ください。
募 集:  20人 (申し込み後ご都合悪くなる場合、代りの方をお誘いください)
集合時間:9時20分までに梅の里クラインガルテン駐車場にお集まり下さい。(場所が判らない方は、ご連絡ください)

*梅の里クラインガルテン(農事組合法人ゆうのう敷島)で農産物の直売があります。
*敷島醸造ではワインのテイスティングもありますので、できる限り相乗りでご参加下さい。 

  ☆参加者の自家用車で移動します。
☆キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!
     
後援:山梨県、甲斐市、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、山梨県商工会連合会、甲府商工会議所、山梨日日新聞社・山梨放送
  
協力:山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学、ことぶき勧学院、NPO富士川・夢・未来、潟^ウンネット、慨PARK
      
共催:IIEN.Y登録「産業観光研究会」http://sangyokankoken.seesaa.net/ 
いきいき村 「地産地消」を通じて地域を元気に明るくします http://ikiiki-mura.seesaa.net/
お問合せ・お申込みをお待ちします 
代表 川口正満 Tel:0556-48-8177
posted by 創ろう甲斐 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

産業観光第28回横河マニュファクチャリングの環境への取り組みとサンニチ印刷のマスメデイアについて学びませんか!

☆“産業観光”は農林商工の優れた産業現場や公的施設を見学し交流を広めます   
8月26日(水)13:00 〜16:00
1) 横河マニュファクチャリング株式会社 
 40年余り伝送器、通信測定器などを生産。
 広大な工場において約1600名が「自然にも人にもやさしい工場」として地球環境調和型の環境保全型活動を推進中。
 NYPS(多品種少量生産を実現し経営効率の向上を図る)によるもの作りや自慢の「クリーン&グリーンの甲府パーク」の資源循環型経営の実情について学びます。

2)サンニチ印刷  
 創業134年で山日YBSグループの印刷事業を展開中。
 最大手の印刷工場において特に「ザやまなし」など地域を紹介する編集企画やデザイン部門などについて案内解説いただきます。
 情報の電子化サービス など興味深い事業についても学びましょう。

参加費: 300円(事務費) 当日ご持参ください。
募 集: 25人 (申し込みされご都合悪くなる場合、お知り合いをお誘いください)
集合時間: 12:55までに横河マニュファクチャリング轄b府工場 会議室 
  甲府市高室町155 Tel:055-243-0300
 ☆参加者の自家用車で移動します。
キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!

後援: 山梨県、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
甲府商工会議所、山梨県商工会連合会、 山梨日日新聞社・山梨放送、

協力: 山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学、 
ことぶき勧学院、NPO富士川・夢・未来、タウンネット、SPARK

共催: IIEN.Y登録「産業観光研究会」 
いきいき村 「地産地消」「交流」を通じて地域を元気に明るくします 
お問合せ・お申込みをお待ちします 
代表 川口正満 Tel:0556-48-8177






posted by 創ろう甲斐 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

産業観光第27回 鰍沢町の富士川写真美術館とはなびらたけ本舗を見学。 富士川流域の歴史ときのこの効果と効用について学びません

産業観光第27回 鰍沢町の富士川写真美術館とはなびらたけ本舗を見学。 富士川流域の歴史ときのこの効果と効用について学びませんか?7月29日(水)13:00〜16:00に行ないます

1) 富士川写真美術館 
  新聞記者だった村田一夫氏が撮り残した2000点以上の稀少な写真を展示する私立美術館を見学します。
  富士川舟運時代の御廻米蔵を改装した館で昭和初期から30年代の富士川周辺の町並みと生活を拝見し、館長から解説いただきます。
 
2)鰍ヘなびらたけ本舗 鰍沢町柳川606-1 0556-27-0711
  さまざまなきのこの生産現場を見学し「茸類の生理機能を活性する効能」について学びます。
  茸類は納豆やヨーグルトと同じ最下等生物ですが、健康にすばらしい効果があります。
  特にハナビラタケの生産と市場性や、料理方法についても学びませんか?

参加費: 300円(事務費) 当日ご持参ください。
募 集: 20人 (申し込みされご都合悪くなる場合、お知り合いをお誘いください)
集合時間: 12:55までに 鰍沢町合同庁舎跡地駐車場 
      3分ほど歩いて美術館 Tel:0556-22-0125 鰍沢町鰍沢1821 に行きます。
 初めての方は増穂町の「いきいき村」に12:00までにお越しください。

 富士川弁当・いきいき弁当をご希望の方はご予約をお願いします。
 ☆参加者の自家用車で移動します。
☆キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!
 ☆オプション:かじかの湯で入浴をしていきませんか?

お問合せ・申込みはコメントからお願いします。

posted by 創ろう甲斐 at 22:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

南アルプス市の長谷川醸造鰍ニ南アルプスファームフィールドトリップ

産業観光第26回「南アルプス市の長谷川醸造鰍ニ南アルプスファームフィールドトリップの観光農園でふれあいを!」の参加者予定

24日(水)の産業観光第26回には、主婦の会員を中心として食品や農業に関して関心が高く、参加者予定は20名となっています。
山梨市からは4名の熱心な方が参加です!
最終調整段階なので、どうしてもご参加したい意欲的な方はさっそくご連絡ください。

産業観光研究会は、一人では行けない、行ってみたい勝れた事業所や公的施設を見学し、人々との交流の輪を広めながら地域の活性化に役立っています。

長谷川醸造鰍笂アルプスファームフィールドトリップの観光農園は、南アルプス市でも先進的なすばらしい企業であり、「産業観光」の見学先として断然お奨めです!
参加者と受け入れ先との温もりのふれあいと学習できる機会をお見逃しなく!

長谷川醸造に集合するので地図について後日ご案内します
posted by 創ろう甲斐 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

産業観光 第26回南アルプス市内の2箇所を見学 ご案内

産業観光第26回は「南アルプス市の長谷川醸造叶H品工場と
南アルプスファームフィールドトリップの観光農園でふれあいを!」行ないます
☆“産業観光”は農林商工の優れた産業現場や公的施設を見学し交流を広めます。

6月24日(水) 13:00 〜 16:00
1) 長谷川醸造株式会社  鏡中條  明治39年創業。山梨の特産である「甲州小梅干し」を主力製品として「カリカリ甲州
小梅」など100%自然仕込みの商品
を開発販売中。
日々人材を育成し山梨の特産品の開発と商品化を展開する事業について見学します。
キラリと光る工場を見学し山梨の勝れた食品工場について学びませんか?

2)NPO法人南アルプスファームフィールドトリップ 西野  
若者たちを中心に農業を体験できる事業を展開しています。
南アルプス市の果物に触れ農業体験を通じて学び、共感するグリーンツーリズムについて解説いただきます。
関東ツーリズム大学などとも連携し田舎で働きたい研修生に
農業実習の場を提供しています! マイジャムづくりについても見学できます。
参加費: 300円(事務費) 当日ご持参ください。
募 集: 20人 (申し込みされご都合悪くなる場合、お知り合いをお誘いください)

集合時間: 12:55までに 長谷川醸造株式会社会議室 
南アルプス市鏡中條3481 055-282-1516
 
☆参加者の自家用車で移動します。
☆キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!
☆午前中は個人的に南アルプス市内の魅力スポットを訪ねてみませんか?
後援: 山梨県、南アルプス市、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
甲府商工会議所、山梨県商工会連合会、山梨日日新聞社・山梨放送、

協力: 山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学、 
ことぶき勧学院、NPO富士川・夢・未来、潟^ウンネット、慨PARK
共催: IIEN.Y登録「産業観光研究会」 
いきいき村 「地産地消」を通じて地域を元気に明るくします
お問合せ・お申込みを「コメントから」お待ちします
産業観光研究会
 代表 川口正満 
posted by 創ろう甲斐 at 21:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

第25回5/27(水)「増穂町の先進企業と民族資料館で技術と歴史にふれあいを!」 

産業観光第25回は、「増穂町の先進企業と民族資料館で技術と歴史にふれあいを!」です。
潟eクニカルスチールの生産技術と民族資料館で昭和史を学びましょう
「産業観光」は農林商工の産業現場や公的施設を見学し交流を広めます

5月27日(水)
13:00〜16:00
1)潟eクニカルスチール   
 コンピュータ処理の生産工場と「食品生ごみのバクテリア分解技術」を学びます。
半導体装置機器部品、OA、FA機器関連部品を開発・設計・表面処理まで一括受注!
 微生物バイオによる食品ごみ処理技術を全国の大手企業にOEM提供や直売。
食品資源リサイクル機器「ハイテクリーン」処理物は堆肥として利用され多くの公的施設でも利用中。
 循環型社会を推進する食品リサイクル機器連絡協議会の会員です
    
2) 増穂町民族資料館(旧舂米学校)・・太鼓堂   明治9年(1876)に開校した藤村式建築様式の当時の近代的洋風校舎。
 山梨県指定文化財であり、明治の増穂尋常高等小学校・増穂村役場を偲び、
 「青い目の人形」など戦前戦後の歴史・文学・学校の資料に接します。
       
 参加費: 300円(事務費) 当日ご持参ください。
 募 集: 20人 (申し込みされご都合悪くなる場合は、お知り合いをお誘いください)
 集合時間: 12:55までに テクニカルスチール工場へ集合 駐車場へ駐車できます
        南アルプス市荊沢字神ノ木596-1 TEL.0556-22-6162 
☆参加者の自家用車で移動します。同乗できるようご協力をお願いします。
キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!
 
☆午前中は個人的に増穂町内の魅力スポットを訪ねてみませんか?
昼食のお奨めです:
   *増穂町青柳宿活性館やなぎ亭(麦とろ飯)、 
   *峡南カントリークラブ「赤星」 (洋食など)
   *いち柳ホテル「富士川街道弁当」 (いきいき村でも食べられます)
 
後援:山梨県、増穂町、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
    甲府商工会議所、山梨県商工会連合会、山梨日日新聞社・山梨放送、
協力: 山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学、 
    ことぶき勧学院、NPO富士川・夢・未来、潟^ウンネット、 慨PARK、
        
共催: IIEN.Y登録「産業観光研究会」 
     いきいき村「地産地消」を通じて地域を元気に明るくします
☆お問合せ・お申込みをコメントからお願いします 
posted by 創ろう甲斐 at 06:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

産業観光 観光の本場山梨市へ出発準備OKです

産業観光第23回「山梨市の商工農林業に感動を!食品工場と自然と共生する事業をバス見学!」
は3月28日(土)出発です。
桜も七分咲きで迎えてくれるでしょうか?
山梨県内で観光といえば、富士五湖の河口湖・山中湖と八ヶ岳の北杜市が全国的に有名。
それに次いで近年、山梨市が観光資源の活用や地球温暖化防止などにで頑張っています!
今回、山梨市役所の総合政策課様にもなにかとご支援ご協力いただいており有難うございます。

山梨市は古民家などの自然資源の利用に熱心で、また森林バイオマスなど地球環境にやさしい取り組みも先進的です。
さて、産業観光も回を重ねて23回!
いつも産業観光の前後に、山梨日日新聞に見学先の関連する記事が掲載されるのです!
なぜか! 行いがよいのでしょうね
今朝は、大井窪八幡神社の大きな記事が掲載され、参加者からも「見ましたか?」という電話をもらいました。
重要文化財の神社を参観できるのもとても期待したいですね!

4月の完成を目指して、山梨ガバメント協会の古民家は、夜も遅くまで仕上げの作業中でしょうか?
一同で見学させてもらえることを楽しみにしております。

また驚くべきは、産業観光の日は、いつも晴天なり!
23回で雨に降られたことはなかったのです!!
なんと幸運な老若男女の熱心な参加者なのでしょう!?
では、28日に全員元気に明るく乗車できますように願っています。
posted by 創ろう甲斐 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

産業観光第24回 韮崎市スーパーやまと、みそ汁学校バーバラハウス を見学!

産業観光第24回は、韮崎市 スーパーやまと、みそ汁学校バーバラハウス を見学します!
環境にやさしい取り組みを提案し支持を広めている「皆様の食品スーパーやまと」、
空き店舗を利用し地域活性化を成功させた「みそ汁学校」を“産業観光”!
事業展開について代表者から実情を伺い学びませんか?

日時:4月22日(水) 13:00 〜 16:00  雨天決行
1)皆様の食品スーパーやまと   
“地域土着”を目指し、環境問題にも積極的に取り組む鰍竄ワとの事業展開について
小林久社長からご説明いただきます。
4店は“再生支援”に努め、消費者が便利に買い物できるよう地域との関わりを重視!
レジ袋、食品トレー、食品生ゴミも回収するなど「エコ経営」について学びましょう!

2)NPO法人「にらさき味噌みそ汁学校」 バーバラハウス99
昨年空き店舗を利用して開業。高木代表と温かい優しいお袋の味が迎えてくれます。
国産の大豆、県産の麹、天然塩と無添加にこだわり仕込まれた手作り味噌、色鮮やかな松花堂弁当など四里16km四方で採れた「地産地消」を実践しています。
   
参加費: 300円(事務費) 当日ご持参ください。
募 集: 20人 (申し込みされご都合悪くなる場合は、お知り合いをお誘いください)
     産業観光研究会にご入会をお願いします(年会費は1000円です)
集合時間: 12:55までに やまとフジミモール店 駐車できます
      韮崎市若宮3-9-28  TEL.0551-23-4888 
☆キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!
 

後援: 山梨県、韮崎市、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
    甲府商工会議所、山梨県商工会連合会、山梨日日新聞社・山梨放送、
 
協力: 山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学、  ことぶき勧学院、NPO富士川・夢・未来、潟^ウンネット、慨PARK、いきいき村(増穂町青柳町)

主催: IIEN.Y登録「産業観光研究会」
   お問合せ・お申込みをコメントからお待ちします。
 
posted by 創ろう甲斐 at 10:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

産業観光第23回 山梨市の商工農林業に感動を!

産業観光第23回では、「山梨市の商工農林業に感動を!食品工場と自然と共生する事業をバス見学!」します。
さあ、皆さん、山梨市の優れた事業所をそれぞれ説明いただきながら学び交流を広めましょう!
  
日時:3月28日(土) 8:40 〜17:00 雨天決行
1) 兜x士食品工業 鴨居寺                
  創業50年のアイスクリーム工場を見学しラクトアイス、アイスミルクなどについて理解しましょう!
  全国に販売している業容と環境にも配慮している食品事業についてお話いただきます。
  
2) 「ひとやすみ」山梨市駅前 (昼食)  
  コミュニティ広場の運営状況や事業展開について小野理事長(山梨市議)から説明して
  いただき意見交流します。
  「やまなしし朝の市の会」はボランティア市民が中心となりNPO法人を認証取得中です。
 
3) (有)奥山洋蘭園  上神内川 
すばらしい生産管理を見学し山梨市の誇りともいえる洋蘭について理解を深めませんか?

4) 大井俣窪八幡神社   
多くの重要文化財指定の神社を拝観し、歴史の重みに感動しませんか?

5) NPO法人山梨ガバメント協会 の古民家 
   築110年の古民家を市から無償で借り受け、地域の交流拠点として4月に完成します。
   都会の田舎暮らしや田舎ツーリズムに関心ある方も修復に参加しました。
自然・歴史資源と共生し行政との「協働事業」の現状と今後について解説いただきます。
山梨市は交流居住事業を主軸とし、古民家の利活用に先進的に取り組んでいます。
     
参加費: 2800円(バス代、昼食代、飲み物代、事務費を含みます) 
  郵便局から産業観光研究会 口座番号 00280-5-133214に払い込みをお願いします
  
募 集: 28人 (申し込みされご都合悪くなる場合は、お知り合いをお誘いください)
  産業観光研究会にご入会をお願いします。
 (年会費は1000円です)

集合時間: 8:40までに増穂町 志村観光トラベル 
  または、身延線南甲府駅口 9:20 (甲府駅 9:04発)
☆キャンパスネット連携講座なので7単位の受講となります!
     
後援: 山梨県、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
    山梨市、甲府商工会議所、山梨県商工会連合会、山梨日日新聞社・山梨放送

協力:山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学、ことぶき勧学院、
   NPO富士川・夢・未来、潟^ウンネット、 慨PARK、 

主 催: IIEN.Y登録「産業観光研究会
お問合せ・お申込みをブログのコメントからお待ちします。
 代表 川口正満 

posted by 創ろう甲斐 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

産業観光 第21回「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」

産業観光 第21回「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」では、受入れ先工場のご都合で、定員20名です。
おかげ様にて20名満席となっております。
雨にも雪にもめげず、また風邪など引かないで19日午後を迎えましょう。
熱心な皆様とともに山梨県が誇る勝れた2つの食品工場をじっくり見学して、かいやの煮貝や、テンヨ武田の醤油などにより身近になりましょう!

今回は、山梨日日新聞社イベント情報の案内をご覧になり、3名が申込みありました。
先約の3名が都合悪くなってしまい、せっかくの貴重な機会を
代わりの方が参加できるのでホッとしています。
posted by 創ろう甲斐 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

産業観光第22回「甲府市内 文化と食の交流で地域活性化を!」 先進的な事業5箇所をバスで見学。感動し学びましょう!」

産業観光第22回は、「甲府市内 文化と食の交流で地域活性化を!」
先進的な事業5箇所をバスで見学。感動し学びましょう!を行ないます。
それぞれの受け入れ先で「講師の事業者皆様から貴重なお話を伺い意見交流」できますのでご期待ください。
  
日時:2月18日(水) 10:00〜16:30 雨天決行
1) クリスタルミュージアム  県立美術館前
潟^ンザワ丹沢社長から同社アクセサリー関連事業の全国展開の状況と、NPO街づくり文化フォーラムの理事長としての地域の活性化事業についてもお話いただきます

2) 自然食品有機村  
約2500自然食品などを多くのお客様がご利用されています。
「安全安心な食品や身体と環境にやさしい商品の販売」事業について井上社長から説明していただきます

3) 和穀菜汁の店  お奨めの和食をいただきながら  千塚
  「さまざまお米のすばらしさと米穀店のあり方」について秋山店長からお話してもらいます

4) 鰹H山種菌研究所  高畑
国産安心きのこを普及する先進的な事業の状況と、秋山式椎茸簡易栽培法や
「きのこ種菌」、「おいしいキノコ」について解説いただきます

5) 潟eレビ山梨UTY   湯田町
   ”山梨の今、生活”について報道するスタジオの現場を見学しメディアにお近づきします

参加費: 2800円(バス代、昼食代、資料代を含みます) 
郵便局から産業観光研究会 口座番号 00280-5-133214に払い込みをお願いします。

募 集: 28人 (申し込みされご都合悪くなる場合は、お知り合いをお誘いください)
  ☆産業観光研究会にご入会をお願いします。年会費は1000円です)

集合時間: 10:00までにクリスタルミュージアム・テラスに。
      甲府市下曽根町3440-3  TEL:055-266-2211
   または、増穂町 志村観光、竜王駅

☆キャンパスネット連携講座なので6単位の受講となります!
 
後援: 山梨県、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
    甲府商工会議所、山梨県商工会連合会、山梨日日新聞社・山梨放送、
協力: 山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学 テレビ山梨UTY、ことぶき勧学院、NPO富士川・夢・未来、潟^ウンネット、 慨PARK、
 
主 催: IIEN.Y登録「産業観光研究会」
   お問合せ・お申込みを「ブログのコメント」からお待ちします。

posted by 創ろう甲斐 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

山梨県内の産業観光 さまざまな地域で魅力を発見!

山梨県3年目を迎える産業観光研究会の活動では、毎回会員の協力をもとに活動の輪を広めています。
これまで見学した企業などを再度訪ねたいという要望もありますが、
できるだけオールラウンドで県内くまなく勝れた企業、公的施設を「産業観光」してみたいと思います。
第21回は1月19日(月)「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」

22回は2月下旬に甲府市内で「文化と食の交流で地域活性化を!」として、クリスタルミュウジアム
(株式会社タンザワ)、有機村、和穀菜汁、秋山種菌研究所などを見学させていただきます。

23回 3月以降次の産業観光は次の訪問先はいかがでしょうか?
それぞれの地域で見学先について提案や交渉などを協力いただければ有難いです。
既に訪問された方は、感想などについてお知らせください

山梨市: 駅前の「ひとやすみ」、富士食品工業、古民家(NPO法人山梨市ガバメント協会)

南アルプス市: キトー、バイオテックマテリアル、長谷川醸造(甲州小梅などを生産)

身延町: 身延竹炭組合、みのぶクラフトパーク(影絵の森)、岐阜プラスチック工業 など

中央市: とよとみクリーンセンター、横河電機、アド井上

北杜市: NPOえがおつなげて、五風十雨、武川畑山農場 など

県外では静岡の海へ? 
埼玉など山や農業関係がよいでしょうか?
それとも神奈川の産業や商業関連がよいでしょうか?

夢と希望膨らむ「産業観光」の活動を進めたく”参画型の取り組み”していきましょう!
- - - - - - - - - - - 
IIEN.Y登録「産業観光研究会」
商工農林業のキラリと光る事業所や公的施設を見学し人々の交流を広めています
第21回1月19日(月)「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」ご参加されませんか?・・> 20名満席となっていますが2回目の受入れをお願いしたいと思います。どうぞお申込みください 
 川口 正満 (中小企業診断士)
人とまちを創ろう甲斐!地方の活性化を目指します。
 増穂町商工会・観光協会 エコ増穂 NPO富士川・夢・未来 富士川流域の技 会員
 南アルプスタウン 無料でイベント情報を掲載できます!

posted by 創ろう甲斐 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

産業観光 第21回は1月19日(月)午後 食品の2工場などを見学します

産業観光第21回「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」を下記の通り行ないます。

受入れの工場のご都合と、会員皆さんから少しでも早い方がよいとのことで、1月19日(月)となりました。ご了承ください

産業観光研究会に参加し、「キラリと光る先進企業や公的施設を見学」して人々と交流の輪を広めませんか!?
日時: 1月19日(月)13:00 〜16:00 雨天決行

1)山梨県食品工業団地協同組合 
食品製造業13社が昭和58年に当地に移転。各社の概況について説明いただきます。

2)潟eンヨ武田甲府南工場 
   130余年の伝統をもとに、安全で高品質なしょうゆ、だしつゆなどを生産しています。
   人と環境に配慮し、「天」から「与」えられた贈り物のものづくり現場を見学します。

3)鰍ゥいや 
   「海の幸を山の知恵で!」と熟練した技を誇るあわび煮貝は逸品です。
   製造工程と製法を見学し、甲州の名産品煮貝の価値について学びます。

参加費: 300円(資料代) 当日ご持参ください。
   産業観光研究会にご入会をお願いします。
   (年会費は1000円です)

募 集: 20人 (申し込みされご都合悪くなる場合は、お知り合いをお誘いください)

集合時間: 12:55までに山梨県食品工業団地協同組合 組合会館2Fに。
     甲府市下曽根町3440-3  TEL:055-266-2211
駐車場: 組合会館の南側5メートル先の駐車場へ。
     見学先へ徒歩で移動します

  ☆キャンパスネット連携講座なので3単位の受講となります!

後援や協力の機関については、追って掲載します。

申し込みは、当ブログのコメントでお願いします。
産業観光研究会 代表 川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 13:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

産業観光 第21回「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」

来年は米国がオバマ大統領の登場で大きく変わります
わが国の商工農林漁業や観光行政も、地域経済も明るく元気に活性化するように!と願いながら。。。

産業観光 第21回は、「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」します。

1)山梨県食品工業団地協同組合 
食品製造業13社が昭和58年に当地に移転。
  各社の概況について説明いただきます。

2)潟eンヨ武田甲府南工場 
   130余年の伝統をもとに、安全で高品質なしょうゆ、だしつゆなどを生産しています。
   人と環境に配慮し、「天」から「与」えられた贈り物のものづくり現場を見学します。

3)鰍ゥいや 
   「海の幸を山の知恵で!」と熟練した技を誇るあわび煮貝は逸品です。
   製造工程と製法を見学し、甲州の名産品煮貝の価値について学びます。

実施日は、1月の19日(月)、23日(金)、26日(月)の内、どの日が
よろしいでしょうか?
今月中旬には決定したく皆様のご都合をお知らせください

産業観光研究会
代表 川口正満

posted by 創ろう甲斐 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

産業観光第20回特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」 

産業観光第20回11/22(土)特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」には10月末現在50名余りのご参加申込みがあります。
第20回チラシ.doc

関連する団体の組合員様、職員様や、土曜日なので公務員などもご参加できるよう土曜日に行ないます。
全国的に著名な講師3名の方にお願いし、峡南地方で、山梨県森林総合研究所にて開催します。

はくばく長澤利久会長には、「はくばくの経営哲学と峡南地方活性化」の想いを熱く語っていただきます。
質問に丁寧にお答えいただけるので質疑応答時間を十分とり、ともに考えたいと思います。
はくばくの経営やヴァンフォーレ甲府のこと、また、県や峡南地方の地域経営に関することなど、質問をご用意ください。

お手元に山梨日日新聞が保存してあれば、9月3日、10月5日 講師のアイ・ビー・アイ専務取締役中村友幸博士のよい記事が載ったのでご覧ください。

キノコやユズの機能性について、大分大学医学部の客員研究員として共同研究した内容が、日本きのこ学会で技術賞を受賞しました。
今回、ユズの郷 増穂町に生産奨励の想いもあり、やさしく講演いただきます。

柴田尚先生は、キノコの専門家としてマスコミに何度も登場してご存知と思います。
今回は、特用林産のキノコについて生産奨励と「地産地消」を推進するために「きのこのたいせつさ」についてやさしく解説していただきます。

昼食は、いち柳ホテルが開発した峡南地方6町の秋の実り食材を使った「富士川街道弁当」です。
1000円の価値目いっぱいに満足していただけますよ!

実りの秋、峡南地方の魅力を発見し未来づくりのために、しっかりと学習しませんか!?
参加費は1300円です。
ご参加できる方は、お早めに当ブログにコメントでお申込みください。
お待ちしております。

posted by 創ろう甲斐 at 18:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

産業観光第18回都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」

災害・事件・政治の不始末も多い昨今で全く嘆かわしいですね

さて、産業観光第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」にFinalCallご案内です。
山梨県の都留・大月方面へまだ訪ねていない見学先も多いと思います

マスコミによく掲載される「小水力発電所」やリニアー見学センター、
大月の笹一酒蔵の志村健さんの名ガイド振りなど興味深々です
まだ数席空きがありますので奮ってご参加ください。

1)小水力市民発電所「元気くん1号」 都留市役所内
   市民公募「つるのおんがえし」債により設置された水車による発電所。
   2号機、3号機を建設予定です。
   地球温暖化防止に自然エネルギーを活用する都留市の取り組みについて学びます。
2)ミュージアム都留  
   常設展では、都留市の歴史や現況について資料とマルチメディア映像を視聴します。
   企画展では、日本画名作を鑑賞できる予定です。

3)都留文科大学 (見学・昼食)  
   開学55年目の大学について案内していただきます。
   都留市の人口の12人に1人は都留文大生!
   学食で「お弁当]をいただき、キャンパスではアカデミックな若い気持ちになってみませんか? 

4)山梨県立リニア見学センター  
   展示フロアではリニアについて理解を深めましょう。
   当日に試験走行することが決まっています!
   さて、その走行時間は、当日朝に決まります!
   運がよければ展望フロアからリニア走行に出会えるかも?! 

5)笹一酒蔵酒遊館 大月市    
   老舗の酒蔵を世界一(直径4.1m)の大太鼓を見ながら志村健さんの巧みな話術に感動を! 
   「産業観光」を実感し、酒遊館では日本酒、ワインの試飲比べしてみませんか?
 
参加費: 会員特別料金 3500円(観光バス代、搭乗者保険料、昼食代、飲み物代、入場料、事務費を含みます) 
当日でも大丈夫です。
ご都合が悪くなった方もいて現在35名となっています。

詳しくは下記のブログもどうぞご覧ください
- - - - - - - - - - - 
IIEN.Y登録「産業観光研究会」
第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」
第19回10/20(月)「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」
第20回11/22(土)特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」 ご参加されませんか?
  川口 正満 (中小企業診断士)
人とまちを創ろう甲斐!地方の活性化を目指します。
 増穂町商工会・観光協会会員
 Tel/Fax: 0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」

産業観光第20回を記念して、特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」を開催します。

山梨県と峡南地方の発展を考えるビジネスマン、意欲ある方々のご参加をお待ちしております。

☆ 「産業観光」は商工農林の産業現場や公的施設など“キラリと光る現場”を見学しともに感動し学び地域づくりに役立ちます!
    
開催日: 11月22日(土) 10時00分〜16時20分
    
講 演:
1) 「私の経営と地域経済の活性化について」    10時00分〜12時00分
   講師: 長澤 利久氏 
    現役職 山梨県経営者協会 会長
         全国精麦工業協同組合連合会 会長
          鰍沢法人会 会長
        鰍ヘくばく 代表取締役会長  
         NPO富士川・夢・未来 理事長
        
 昼食: 峡南地方の食材を使った“富士川街道弁当”を舌鼓   
                 
2)「山梨県きのこの生産現況と生産奨励施策について」     13時00分〜14時30分
   森林資源を活かし各種のきのこの増産と「地産地消」を促しませんか?
  講師: 山梨県森林総合研究所 資源利用研究部長 柴田 尚氏

3) 「きのことユズの新規機能性と新市場の開発について」      14時40分〜16時10分
   農産品の機能性が健康に有用です。取り組みについて理解を深めましょう! 
  講師:株式会社アイ・ビー・アイ               
     中村友幸専務取締役 (応用キノコ研究所 所長 工学博士)
    
定 員: 70名 払込先着順 3日前まで解約の場合払い戻しします)
参加費: 1,300円 (郷土料理弁当、事務費を含みます) 
産業観光研究会 口座番号 00280-5-133214に払い込みをお願い致します。 

☆集合時間・場所: 9時50分 山梨県森林総合研究所(大研修室)
      増穂町最勝寺2290-1  Tel: 0556-22-8001
 または身延線市川大門駅 9:41着(甲府駅9:04発)
         マイクロバスがお迎えします。
 ☆キャンパスネット連携講座なので6単位の受講となります!  
      
後 援: 山梨県、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、
     山梨県商工会連合会、甲府商工会議所、山梨日日新聞社山梨放送増穂町 
  
協 力:  山梨県立大学地域研究交流センター、山梨大学、山梨学院大学
     潟^ウンネット、慨PARK、鰍ヘくばく、 潟Aイ・ビー・アイ、峡南JC、いち柳ホテル

主 催: 山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Y登録「産業観光研究会」    
協 賛: NPO富士川・夢・未来、 鰍沢法人会 
 お問合せ・お申込みをお待ちします。代表 川口
このブログにコメントでお申込みください

posted by 創ろう甲斐 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする