2007年10月08日

あけぼの大豆(枝豆)のオーナーとして収穫

うわさに聞いていた「あけぼの大豆」(枝豆)のオーナーとして引渡し式にて約130名の意欲的な参加者とともに楽しく収穫できました。
約1坪の区画に対して5000円の料金であり、7回目の今回も甲府や県外からのリピート参加者も多かったです。

会場は身延町平須地区の県立なかとみ青少年自然の里。
標高700mのややひんやりとしたすばらしい景観の中で、人々が明るく元気にもぎ取りました。
「引渡し式」ということでしたが、「あけぼの大豆」(枝豆)のオーナー「収穫まつり」という方が楽しそうでは?

春の種まきから約5ヶ月。背丈は80cmくらいで、鈴生りになってるなってる!
今年は温かくなりすぎたために、また、1週間もぎ取りが早いのでやや小ぶりとのこと。

が、農家の皆さんが耕し、堆肥、種まき、草取り、そして獣害防止の電子柵の設営などを管理してもらってこの山間地に実った秋の収穫には感動ひとしおです。

身延町やJAふじかわ中富支店では、同地区の農家を支援し、清算の振興と豆腐、味噌の加工販売にも尽力しています。

現在、栽培面積は27ha、総生産量は75t。
スーパーや業務用買い手が多く需要は安定的な増加が見込まれるが、供給量が農家の高齢化により伴わないとのこと。

来年度は、種まきや、草取りなどについても体験農業者を募集しませんか?山間地の農家と、都会の人々がもっともっとふれあえるように、JAふじかわの皆さんにも積極的な企画と広報努力を期待しています。
ホームページやブログの発信を若手の職員には奮起して取り組んで欲しいですね。
農業や自然に接したい都会人や、若者たちはたくさんいます。

農家の高齢化と後継者難に直面している全国の山間部の農家グループ、JAさんの革新的な取り組みに期待して、ともに取り組みたいと思います。
来年は仲間や家族など助っ人を一人でも多く誘っていきますよ!
JAふじかわの関係者皆様 
いろいろ教えていただき有難うございました。
川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック