2019年05月24日

産業観光70回 晴家村の見学 感想その2.

14人一同が感動して喜びを分かち合いました。
キャンプ場:
・5万坪の山林を4〜5人の協力を得ながら、自身で開拓している力には驚嘆しました。
・オートキャンプ場、木漏れ日キャンプ場など未完成ですが、村長の想像通りに完成したら、地域活性化の施設になると思います。
・荒廃した里山を努力で生まれ変わらせ、キャンプ場に仕立てたのはすごい! 実行力に只々脱帽です
・新鮮ハチミツ美味でした。
・まだ開拓途中で、都会の若者には受け入れられているとのこと、頑張れです。

・これから設備の充実楽しみですね。   
・自分の気持ちと体がリラックスしました。
・自然たっぷりの場所でゆっくり休めそうなところでした。 
・着々と事業を拡張され、素晴らしいですね。
・オートキャンプ場の開発許可は県から取得ですか? 
・山梨の国中地方には少ない、若者が利用できる貴重な施設ですね。
・農家民宿で体験型の学習、レクリエーションを大いに広めてください。富士川町に3軒あります。

・ビフォー、アフターと着々と仕上がっていき、自然の中で楽しむ人たちが増えていくことでしょう 
・吉原さんの「きらきらした目」が印象的でした。
・近くに民家等が無く、プライベート感があるキャンプ場だと感じた。都会の人は喜ぶと思う。
・タケノコや山菜採りなど、地域特性を上手に生かした事業で、アクティビティも強みだと思った。
・堅苦しいことばかりではなく、参加された人達とコミュニケーションがとれる機会になった。
・キャンプ場として開拓、古民家再生は大変さと同時に人が集う要素があることを知った。
・富士川町と交流のある拓殖大学生とも活動できると楽しいでしょう。
posted by 創ろう甲斐 at 11:34| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。