2019年05月23日

70回は、14人で身延町へ。アンケートまとめその1.

H31.5.16(木)本日も、皆が心掛けが良いので最高の産業観光晴れだった
1. 晴家村について
カエル工房: (皆で資金も集めて作った製材所です)
・間伐材を製材するまでの適正な水分量や、一連の工作機械、機器を身近で見学し、勉強できました。
・間伐材を多種の機械を使って見事に製品にする、初めて見聞したので感動しました。
・自然との戦い、22年の前回よりさらに開拓が進み、頑張っていることを目の当たりにしました。
・若ければ、ボランティアしたいぐらいムラムラし、ほんとうに感激しました。
・エコ生活も楽しいですね  
・山林資源を加工し付加価値をつけている現場を見学できよかったです。
・クラウドファンディングを上手く利用され、全国から協賛者が事業の今後に期待していることでしょう。
・地域の生産力が高まりつつあり、今後、若い雇用も創ってください。
・中長期計画はどのような構想を描いていますか? 
・手作りの工房に、自然への愛情が感じられました
・無駄を省いて、有る物を利用する… これからの益々のアイデアに期待しています。
・木工機械の説明やその機械でできることなど分かり易く教えてもらえた。
・ご自身の山の材木を加工できるので愛着を感じられます。
・加工の技術が進めばさまざまなものが製作できそうですね。

山菜狩り:
・ワラビ採りは難しいと聞いていたが、工房周辺で容易に両手いっぱいの収穫をできて楽しかった。
・せっかくの山菜採り、日光アレルギーもあり、パスしました。
・蕨他食材になる自然の勉強になりました。 
・山菜狩り ワラビの量が非常に多く驚いた
・ワラビ少々採りました。 
・楽しかったです、童心に返り、夢中になりました。
・主婦や子供もたくましく育む環境を提供してもらい地域にとっても有難いです。
・村の見学だけでなく、五月晴れの季節ならではの「山菜狩り」ができて楽しかったです。
・あくも上手く取れて、漬物や卵とじで美味しくいただきました。
・蕨、みつば、さんしょうなどを採りました。参加者と交流もでき有意義な時を過ごせました。
posted by 創ろう甲斐 at 11:03| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。