2018年08月27日

65回産業観光 11名 アンケートのまとめ その3

3.古民家の保存や利用についてご意見をお願いします。
・古民家は日本人の生活の源・・・生きて行くための知恵や知識の宝庫である。
・前向きだけの人生は危険である。振り返りながらの人生も良いものである。
・人間の心のあたたかみと木から感じる温もりは同じだと思う。
・どこの市町村でも保存にどこも考えていかなくてはならない時が来ましたね。
・現状の建物を修繕して保存すれば良いです。
・出来ることがあれば協力したい。
・地域の人々の協力が大切と思います。
・当時の建築を大切にしまして、補修等は必要最低限にての保存を望みます。
・市民と行政との相互学習を通じて、古民家は地域・行政・国の資産であることを互いに深く理
解するべきです。
・青柳宿の今後の活用法について、地元や町の職員との勉強会(協議会)にも出張講座をお願い
したい。

4.産業観光で見学したい事業所などあればお知らせください
・自分の日常と違う場所なら何処でも興味がある。
・各市町の庁舎を見学をお願いします。
・古民家カフェ廻り(旅館でなく)
・南ア、韮崎、芦川、身延などの古民家(晴家村)
・市川三郷町役場
・櫛形の図書館
・アシストエンジニアリング、東洋水産

運営責任者の反省:
1)団体行動では、皆が集合するまでの一番の苦労です。
  二番目は、質問を一人占めして時間を費やさないよう、
   また質疑応答を、皆で共有できるようにしたい。
2)駐車場入り口が工事中で、進入できず、何人かが周辺をうろついて開始時間が遅れてしまった。
  前日に電話した折、教育委員会担当からはその旨を聞かせてもらえればよかったです。
posted by 創ろう甲斐 at 15:42| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。