2013年02月14日

地方の魅力と活力を増大しよう

我が国の産業と経済・くらしを再生復活するためにはどんな起死回生の方策が必要か?
それは、国内需要(内需)の拡大により都会と地方の経済発展のバランスを図り、地方の活力を最大限に発揚することです。

1次産業の農林漁業や環境とエネルギー、観光の分野を中心とする地方において生産力と消費力を拡大することが必要です。
我が国の農業を国や県が本気で”自立再生”できるか?!
食料自給率40%を60%にするような「地方と農業従事者を支援する抜本的な施策」を拡充するべきダ!

環境では、地域の資源エネルギーを活かして小水力発電や太陽光発電を推進する。
クリーンエネルギーの「地産地消」により、化石燃料や資源を輸入する海外依存を減少させる、
また電力の送電するコストを減額する
これらにより、地方に地域の資源を活用した産業を振興して、「地域おこし」を全国展開する。

海外の資源(石油、LNG,ウラン、プルトニウム)に頼らない国内”自給力”を高めたエネルギー政策を具体化できないでしょうか?

観光では国民が「豊かさを実感」できるように、国内旅行を大いに推進しよう!!
これまでに訪ねたことのない、国内にある世界遺産、名所旧跡、温泉は無数にあります。
これらの観光地を旅行する楽しさ・喜び・感動を提供する観光事業を大いに拡大しよう。
観光産業は、特産品の開発・販売促進と消費につながり、
さらに、案内やおもてなしできる人材を育てられます。
定年退職した中高年齢者が実家にUターンして「民宿」をできるようになれると国内の実需は最高に盛り上がるでしょう
勿論これらの分野の元気、やる気、活気を通じて、若者たちが雇用機会を拡大できるでしょう!

そんな時代を夢見ながら、ともあれ都会と地方の格差を是正して、地方に活力、魅力を取り戻せるように取り組みましょう!
posted by 創ろう甲斐 at 09:21| Comment(0) | 6 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。