2009年06月09日

第25回5/27(水)「増穂町の先進企業と民族資料館で技術と歴史にふれあいを!」 報告です

第25回5/27(水)「増穂町の先進企業と民族資料館で技術と歴史にふれあいを!」 について報告が遅れました。
会員内でまとめの作業についてやり取りがありましたので。。。

16名が意欲的に学習でき、皆さん満足していました。
NHKのニュースでも2度報道され、「産業観光」について理解が広まっています。
今回から「いきいき村」との共催として企画しており、午前に町の駅あおやぎ宿活性館やいきいき村にご来店いただいた8名など地域活性化の現場も見ていただきました。
アンケートの主な感想と要望など次のとおりです 
1)テクニカルスチール   
・第2回にも見学したのでさらに興味の視点も異なり、再度見学することが良いことと思いました
・コンピュータによる自動化、最近の向上に感心するとともに満足しました
・設備投資、人材育成に力を入れていてこれから伸びる企業です
・ものづくりのたいせつさ、時代の流れを考えさせられました
・鉄板をレーザーで自由自在に切る、曲げるすばらしく思いました
・ハイテッククリーンを各学校に1台づつ設置できたらすばらしいと思いました
・導入機械の新鋭工作機械、精密板金工場に驚きました
・主婦にとって生ゴミの処理や環境問題に関心が大きいです
・生ゴミが有機肥料として家庭でも簡単に作れるとよいですね
・商店街の看板などをスチールで実現できると統一感が創りだせると思った
・増穂町のこのようなすばらしい企業の増設を望みます

2)増穂町民俗資料館
・丁寧な説明で分かりやすく懐かしいものにも出会えて昔を思い出しました
・建物の保存がすばらしく増穂町の歴史を知ることができました
・昔の人の偉大さをあらためて感じました
・古い資料の保存に熱いものを感じました
・山梨県の最初の学校が増穂町にあったコトを初めて知りました
・戦前戦中戦後の史実を学び、その保存と「伝えること」の大切さを認識させられました
・教育の制度や、両親の時代が教科書とともに見れたことに感激した

運営について
*企業の現場、工場を見学する時間がもう少し長く欲しかった
*増穂町の在住者の参加が減少している
*事前に駐車場の場所など受け入れ先と十分に打ち合わせるべきだった

見学先でご案内いただいた皆様
参加した会員皆様
ご理解ご協力を有難うございました
posted by 創ろう甲斐 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック