2009年02月20日

産業観光第22回2月18日「甲府市 文化と食の交流で地域活性化を!」の報告

初参加の方が6名を含み、甲府市内だが各見学先を初めて訪ねる方も多かったのは意外でした。
良いところを知ったと中味が濃かったという感想もあり、「満足」の割合も多かったです。
前日、「産業観光」についてNHKで報道され、この話題など社内で意見交流できバスツアーのよさを実感できました。
会員がお仲間を誘って参加者が増えつつあり、お蔭様で集客の労はほとんどなくなりました。
当日ご都合の悪い方は、知り合いを誘ってくれ有難いです。
「当日欠席1名」あり申込者も多かったので残念でした"
☆主な感想と要望など 
1)クリスタルミュージアム    
商売とともに、NPO街づくり文化フォーラム理事長さんとして地域の発展を考えて実践指導され心を打たれ、敬服します
甲府駅北口の街づくりの話に大変関心があり、期待しています
甲府駅の周辺がどのように変わるか楽しみです。公開できる情報は早めに県民に知らせて欲しいです
近くにありながら、初めての見学で社長様のお話も聞けて感激でした
夢小路のプランが体験工房に主力を置いていただければと思います 知名度を上げてください
社長さんの地域の街づくりに対する強い気持ちに感激し、近所なので協力したいと思います
初めての見学で、今度は家族や孫を連れてこようと思いました オリジナルのものを作ってみたい。
世界各国の展示物を世界各地を回り、収集された資産と聞いて驚き感心しました
宝飾の文化や観光サービス産業も「フォーマルからカジュアル」に移っていると共感できました
中心市街地活性化事業ついて甲府らしさを創造して展開していただき有難いです
社長のご成功事業について伺うことができ、穏やかで飾らないお人柄にとても好感を感じました

2)自然食品有機村
良いところ、良い話、良い商品について聞けてよかった。県内の商品はなかったですか?県内産コーナーを設けて欲しい
別の機会に家族とともに来たいです また講演などもお願いしたいです
健康に考慮した有機食品は「安全安心のポリシー」を販売しているといえます。経営理念がすばらしいです
若いのに思い切った行動力あっぱれです。たくさんの努力について感心し勉強になりました
"食品関連企業が品質表示など消費者を裏切っている昨今、ラベルを見るだけで安心でしょうか?
野菜の生産や加工食品の製造現場についても確認が必要ですね"
*店内で有機村の雰囲気を感じながら、説明を聞けるとよかった
3)和穀菜汁の店
おにぎりや野菜汁が美味しくて手ごろの値段で満足でした 野菜は県内産でしょうか? 
身近な米についていろいろと教えていただき参考になりました
お米を多種・美味にこだわり提供している和穀菜汁の店が全国にもっと増えるように期待しています
家族で食べるだけでなく、「知識を学ぶこともでき精米などの体験」できるのですばらしい事業ですね
お米の見方が変わりました 勉強になりました また来てみたいお店でした たっぷりお買い物しました
4)秋山種菌研究所
原木栽培の「安全と美味しさの秘密」がわかりました
山の幸を平地で栽培できるようにされた創業者のご苦労を学びました
菌床栽培と原木しいたけの疑問点が理解でき有難うございました
菌床でなく原木の話は大変勉強になり、これからは国内産でも菌床でなく原木しいたけを選ぶようにします
今後は自然を利用した無公害の原木しいたけを購入したいと思います 
6ヶ月で収穫できるようにしたことは感心しました 原木しいたけの会員となり栽培したいです
参加者が金さん銀さんを当研究所にご案内されたとのことで、原木しいたけの研究の社会的な重要さがわかりました。
*社長のお話が長くて、実用的なしいたけの情報について十分に聞いたり質問できなくて残念でした
5)テレビ山梨UTY
個人では見学できない奥まで丁寧に案内説明していただき有意義でした
放送するまでの詳しい裏舞台と番組をつくるご苦労が理解できよかった
UTYテレビを見るのが今まで以上に身近に楽しみになりました
*最初にあいさつと見学ルートについて短く説明してもらいたかった
川口の所感:
☆「観光立県」としてクリスタルミュージアムや「食の安全性・美味しさ」などの魅力スポットを大いに広報宣伝したいですね!
☆熱心な参加者が慣れてきて各訪問先1時間の産業観光では、質問も活発で時間が少なく惜しい感でした。
 名札を付けたり車内での意見交流、アンケート記入も行ない、また移動などもスムーズにいき良かったです。

以上 見学先でご案内いただいた講師や参加者皆様、
今回もご協力を有難うございました。
posted by 創ろう甲斐 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック