2009年01月13日

「地産地消」の充実拡大、遊休農地を活用しましょう

山梨県増穂町では町づくりについて検討するため47名が毎週木曜に会議ワークショップを既に6回行ない、未来のくらしづくりのために貴重な意見を交流し、まとめの段階となっています。

「地産地消」の充実拡大や、
遊休農地をなくし、田舎の農林体験を!
「商店街に直売所を、図書館をとか」
既存施設を利用したアートフェスタを」
「町民全員が観光ガイドとなり観光振興を」
「若者のアイデアで商業 農業の活性化を」 など

3つのグループごとに創造的な意見が出されています。

峡南地方6町では、人口が減少し高齢化率が高く、山間地が多く、商店街は寂れているなど同じような環境にあります。
ところで、平成17年 山梨県の主な市町の農地は次のような現状です。

増穂町はわずか全面積の5.3%(この内で、遊休農地もあるのです)
一方、
昭和町は、27.9%
中央市は、27.6%
南アルプスは10.5% あり、
市町村の中で、「地産地消」が促進され、「食料自給率」が高いようでうらやましいですね

各市町村で、「農振の規制」が外れて、商業地域に変容しつつあります。

増穂町や県内、否、我が国は、これ以上“農地を減らしてはいけない”のでは!
他町や県外から安易に農作物を買っていては、また海外輸入に依存していては町や暮らしはゆたかに潤おわないのでは?
自分たちで農地や森林を切り拓き、食料を確保する努力が必要では!?

第一次産業の後継者・担い手を確保し、育て!
販売機会を増やすように市町村を挙げ、第一次産業の活性化に取り組むこと、
県や国に第一次産業の復活振興の施策を具体的に引きださなければ と思うこのごろです

尚、市町村が「貸し農園」を実施する場合、自家消費用を原則としています。
これもよいでしょうが、流通されないので、お買い物が便利になるわけではありませんよ!

ECサイト AMIPLAZA経営支援塾
環境と健康食品についてE-Cサイトをご利用ください
桑茶は、便秘予防にもとてもよいですよ!

経営活性化を支援するブログです

自然と社会・教育の環境問題を考えませんか?
- - - - - - - - - - - 
IIEN.Y登録「産業観光研究会」
商工農林業のキラリと光る事業所や公的施設を見学し人々の交流を広めています
人とまちを創ろう甲斐!地方の活性化を目指します。
第21回1月19日(木)「山梨県食品工業団地、かいや、テンヨ武田の食品工場を見学!」
第22回2月18日(水)「甲府市 文化と食の交流で地域活性化を!」ご参加しませんか?

経営支援塾 川口正満
増穂町商工会・観光協会、エコ増穂、NPO富士川・夢・未来、富士川流域の技、布ぞうりの会 商店街の活性化を考える会 会員


posted by 創ろう甲斐 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 7 山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック