2008年10月31日

観光旅行は、グループツアーで集い・温もりの語らいを

団塊世代が新しい観光需要を創りつつあります。
近年、一般的に「団体旅行から個人旅行」へという動きも確かにあります。
が、個人や家族では行けない見学先と、グループによる有意義なコミュニケーション機会を得られるグループツアーも大いにお奨めです。
バスツアーで一日、または、徒歩などで半日コースもあるでしょう。

ガソリン代の高騰もあり皆が自家用車を乗り回さないようにもしましょう!
グループツアーではバス車内や見学先で楽しい語らい交流をできるのが喜びでしょう!

山梨県のIIEN.Yに登録した「産業観光研究会」では、「産業観光」を毎月行なっています。
商工農林業や環境関連の勝れた事業所や、公的施設を見学し、人々の交流の輪を広めながら、学習と啓蒙を通じて地域の活性化を目指しています。
専門家の解説と質疑応答の時間を設けて、「双方向的で、参加型」の「産業観光」活動に参加してみませんか?

これまで19回行ない、県内(県外からも数名)各地から約450名が参加しました。
添付の見学先一覧と、参加者の地域別人数をご覧ください。

1-19回見学先 参加者内訳.xls

産業観光第20回では、20回記念として11/22(土) 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!を開催します。
詳しくは関連ページをどうぞご覧ください。

山梨県の出身者で、大阪府や藤枝市からもはるばるご参加いただけるとのコトで交流できるのを楽しみにしております。

山梨県人を会員として山梨県の峡南地方に光を当てようと立ち上がったNPO富士川・夢・未来との連携を通じて交流の輪が、いよいよ全国的に広まりつつあります。
産業観光 第20回11/22(土) 特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」に、どうぞお早めにお申込みください。

自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

川口正満




posted by 創ろう甲斐 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック