2008年08月22日

産業観光のメリット

「産業観光」の参加者にとって、次のメリットがある。
* 一人では行けない工場や公的な施設に、関心を共にする同好の人々と見学でき交流できる。
* 目的や質問をもって現場を見学でき専門家などの解説も聞きながら有意義な情報を得られる。
* 食品などの消費者向けの工場では試供品などをもらえる
* 試食品や捥ぎたて果実などおいしいものを食べられる
* 手づくりを体験できる企画もあり、独自性あるオリジナル作品を作れる

これらのため満足度が高く楽しめるので自己実現度が高いといえる

企業はCSR(企業の社会的責任)も考慮して見学の受入れと情報提供に積極的な企業が増えている。
企業のメリットは、
@ 消費者・地域のお客様から会社と商品を理解してもらえ、愛顧客となってもらえる  
A 「社会性・地域との連帯性の強化」として社会から評価される 
B 見学者にモニター的な協力をお願いできる場合もある
C 見学者から口コミで企業の評判を宣伝してもらえる  などがある。

「産業観光」活動は地域の活力となり、地域のメリットも大きい!
地域住民と企業は、社員が説明する見学会を通じて密着した関係を創れます。
地域の魅力である「地域資源」を活用した地域活性化に結びつきます。
産業観光に参加した親御さんたちが子どもたちに紹介し、就職してみようとなれば最高ですね!

「産業観光」は、社会教育的な生涯学習プログラムとしても評価され、運営団体は公的な「生涯学習の推進機関」として認定されるケースも多い。

山梨産業情報交流ネットワークIIEN.Yに登録された我が「産業観光研究会」は山梨県の生涯学習文化課が推進しているキャンパスネット連携講座です。
毎回、同講座に登録した参加者は1時間に1単位を取得し、年間表彰を狙っています。

「産業観光」の重要性と社会的な必要性は高く、受け入れ先企業の協力によりその市場性は大きい。

産業・企業と地域社会・生活とはもっと密な関係を保つべきであり、「産業観光」は行政や事業者としても大いに推進するべきである。

地域経済全体への効果や潜在需要が大きく、団塊世代の参画により市場性は「産業として成長」しつつあります。

次のホームページ・ブログにもどうぞお立ち寄りください。
中小企業や地域の活性化を応援する情報がご参考になるやも。。。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!


posted by 創ろう甲斐 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック