2008年07月17日

観光庁が10月に発足します

観光庁が10月に発足します
ご存知でしたか?
国土交通省の外局として、観光庁が発足します。
定員103名が、次の6課において重要な業務を担います。

・総務
・観光産業
・国際観光政策
・国際交流推進
・観光地域振興
・観光資源

申すまでもなく、海外の観光客のインバウンド観光需要を期待しているわけです。
ハテ、
国際的なおもてなしをできるように人的資源の開発はどちらで行なうのでしょう?
☆団塊世代を中心とする国内ニューツーリズムの振興は?

商工農林業など「産業・企業と観光を結びつける産業観光」の促進はどちらで?
☆近年益々重要な「農業体験」や、「森林グリーンツーリズム」は観光地域振興課でしょうか?
さらに、地域の活性化のためには、民宿なども大いに推進したいですが。。。

それぞれの今年下半期ではありますが、観光産業の総合計画や個別の施策を早く拝見したいですね!
それぞれの予算はどのくらいでしょうか?

経済産業省、農林水産省との密着した円滑な関係については、「観光庁」が音頭取りを行なうことと期待しています。

また、語学やおもてなしをできる人材育成や観光サービス業の専門人材の育成は、文部科学省や厚生労働省との連携はどのように展開するのでしょうか?

わが国のみならず、海外からも期待を担ってスタートです。
関連する情報を前広に提供されるように
要望します。
2008.7.17
posted by 創ろう甲斐 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック