2008年07月12日

富士川流域の技アーティスグループが峡南地方を活性化!

山梨県の富士川流域、峡南地方の活性化に地域に移住定住した作家などが積極的に活動しています。
既に、富士川流域の技「六斎市」や作家展を一昨年から2度開催

本年は、甲府駅前の山交百貨店で、峡南地方の良さをアピールするため「富士川流域の物産展と作家展」を6月に開催。
JR東海身延線も後援して、駅や車内にポスターを掲載し、地域ブランドの知名度をアップに協力しています。

秋には3度目の富士川流域の技「六斎市」や作家展を開催します。

このアーティスグループの代表は夢紙工房代表の深沢修様で、豊富な経験を活かして積極的に地域活性化の企画に取り組んでいます。

富士川流域の歴史・文化と自然景観を活かしてさまざまな陶芸家、木工、染色、和紙や硯、ガラス工芸作家などが地域ブランドの創造の輪を広めています。
20年前から地域に移住し地元の農林業の人々とくらしをともにする方や、近年仲間に誘われ定住された方も。
週末には家族と語らい、都会の文化情報を交流に上京する方もいます。

そんな富士川流域の作家グループの工房を巡るツアーにご参加しませんか?
ご関心ある方は、どうぞコメントをお願いしま〜す。

posted by 創ろう甲斐 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 7 山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック