2008年07月06日

首都圏増穂会

山梨県増穂町の出身者が会員となり、首都圏増穂会には1300人が会員となっています。
毎年夏に総会を行ない、町からも何名かが参加しています。

「都会と地方ふるさと」との人・物・金・情報を活発に交流できること!
この大きな課題は、なかなか「言うは易し、行なうは難し」のようです。

先代から、子どもや孫たちまでも交流の輪を創れるように!
☆ 懐かしい友人と旧交を温めませんか?
☆ 東京の情報をいっぱい仕入れませんか?
☆ 地方の特産物などを販売する機会を探りませんか?
☆ 地方と首都圏の生活者が人・物・金・情報の交流を深められるように!! 

と願いながら。

首都圏増穂会は7月20日(日)に東京會舘で開催されます。
町の「観光協会」や「商工会」「商店会」としても一歩前向きに交流を促進できればすばらしいですね!

都会人の「ふるさとを想い、同郷の家族・知己との交流をふやしたい」というニーズは大きいでしょう!
そんなわけで、県人会との交流がもっともっと促進できると「地方も元気に明るく活性化」するでしょう!

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZAブログ 中小企業や地域の活性化について情報交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
環境バイオ商品に関する店長日記もどうぞご覧ください。
posted by 創ろう甲斐 at 14:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 10山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
フリーライ―タ―の遠武健好(とうたけ・たけよし)と申します。(妻が増穂出身です。)
現在、シニア向けサイトの「い〜悠々ドットコム=感動する=この人に、聞きたい!」のインタビュアーを担当しています。
つきましては、代表様に40分、インタビューをお願いできないでしょうか。主な質問は「郷土自慢」もしご協力いただければ、電話でご一報いただきたくお願い申し上げます。日時場所は、東京都内であれば、ご指示通りといたします。なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。 以上
平成25年12月26日
フリーライター遠武健好(筆名=遠山京治)
東京都練馬区向山1−7−7−302TEL03−3999−0758
●携帯電話090−6110−1504
メールアドレス toutakejp@yahoo.co.Jp
<これまでの主な登場人物>
★媒体=い〜悠々ドットコム=感動=この人に!聞きたい(シリーズ)
久田恵(ノンフィクション作家)
佐藤蛾次郎(俳優)
三宅義信(ゴールドメダリスト)
菅原一秀(衆議院議員)
にしき愛(タカラジェンヌ)
<いまネットに残る主なデータ>
中島晃芳NPO法人科学技術教育ネットワーク 理事・事務局長
小野寺五典(衆議院議員・現防衛大臣)
森まさこ(参議院議員・現少子化大臣)
土肥 章(第一商品副社長)
薗浦健太郎(衆議院議員)
磯智明(NHK大河ドラマ「平清盛」チーフデプロジューサー)
藤森勝年(弁護士)
田辺鶴瑛(女流講談師)
駒崎優(NPO法人ウォーキング研究所理事長)
春風亭ぴっかり☆(女流噺家)
大野教子(公益社団法人「認知症の人と家族の会」東京都支部代表
島田和幸(地方独立行政法人新小山市立病院理事長・病院長)
太田 拓美(工房アルレッキーノ代表・人形芸術家)
丸茂裕和(前・医療法人恵仁堂 丸茂病院理事長)
松井亮輔(公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会副会長・法政大学名誉教授)
       
Posted by 遠武健好(toutake/takeyosi) at 2013年12月26日 10:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック