2019年03月22日

産業観光68回 参加者アンケートまとめ

H31.3.20(水)午後の部は、15人が箕浦教授に案内いただき県立大学を見学しました。
2. 山梨県立大学について
・大学も地域のためにかなり貢献されているので有難いです。
・地元にありながら、学部など知らないことばかりでしたので良かったです。
・今、現在の学びがゆたかに、また、地域とともに学生が成長していくことが良く分かりました。
いい時代だと思います。
・地域密着型のこじんまりとした感じで、とても安心できる学びの場という大学でした。
・各分野で大学生活を十分楽しみながら、資格を取り、社会に活躍できる人間形成を目指して
いる大学と思いました。
・県民として、大学を知れたことはとても良い機会でした。
・学生数が少なく、アットホームで行き届く感じが良いですね。
・県内の学生、県内への就職が多いと尚、良いですね。
・先生の説明がわかりやすくてありがたかったです。
・短大時代しか知らないので、県内にもこんな良い大学があったのに驚きました。
・大学を外観だけでは見ることはありましたが、見学したのは初めてでした。
・県民のための大学として、小規模ながら地域との交流を通して、実践的な担い手を育てる大学を見学させていただき、3つの学部に施設が完備されており、学びに十分な大学と認識させていただきました。
・地域の環境についても研究されていることが判り、勉強になりました。
・女子短大から県立大学になって、どのような学問を習得しているかが判らなかったので勉強に
なりました。
・ラーニングコモンズなど視野が広がりました。
・特殊な大学を初めて知りました。特長ある教育であり、今の時代に必要な学校です。
・子どもから手が離れたので、大学のことは久しぶりに触れる事ができました。
・春休みで、学生の活発な様子が見れなくて残念でした。
・卒業生が、県内に就職できるよう産官学で共同目標を設けて戦略的に取り組んで欲しい。
・県立大学が、ますます質量ともに存在価値を高めて、県にとり、大きな役割を果たされるよう
願っております。
以上、ご案内いただいた講師に感謝しながら、ご協力を有難うございます。 産業観光の会 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 09:07| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

産業観光68回参加者のアンケートまとめです。

IMG-2771.JPGH31.3.20(水)産業観光68回を参加者午前18人、午後15人で行いました。その1
皆さん熱心に学び、下記の感想のとおり、有意義な一日でした。どうぞご一読ください。
1. 甲府地方気象台について
職員皆さんのご苦労が良く分かりました。
とても詳しく分かりやすかったです。
思ったよりたくさんの方が働いていてびっくりしました。
温暖化防止のため、自分が何をできるか、もう一度考えたいと思いました。
いろいろな予報、数値を丁寧に見たいと思います。
気になっていた気象台を見学でき、桜の開花木も見せていただきありがとうございました。
改めて気象情報に注意してみるものだと思いました。勉強になりました。
いつもテレビで見ているお天気のこと、気象台では24時間体制で取り組んでいること、大変だと思いました。詳しいことが判りよかったです。
これからは天気予報を観るとき、気象台のことを想いだして観たいと思います。
今まで何気なくテレビの予報を観ていましたので、説明を聞いて納得。
昆虫も研究されているとは全く思いませんでした。
見学をして、天気予報を見るのが楽しみです。
単純なことも素直に聞けて、大変良かったです。
若い頃には関心もないまま年齢を重ねたこの頃、気候、天気など自然が気になってきました。
毎日の一番身近なことが勉強できてよかったです。
桜開花のグッドタイミングでした。
失礼な質問でも、丁寧に答える職員の姿勢に好感。
勉強になり、今後も参考に目を向けたいと思います。
植物、動物の季節観測をしていることを初めて知りました。
全国的なネットワークと組織が細密で驚きました。
地球温暖化の驚異を改めて勉強させていただきました。
IMG-2755.JPG
いろいろと説明を聞き、ほんとうに参考になりました。
昔から日記をつけていて、天気、気温等を記入するため、NHKのデータ放送、UTYニュースの星のとちらかを見ていたので、気象台の見学は期待していました。
観測、予報業務、防災業務等の説明や、絵で見たことしかない雨量計や積雪計等の実物が
見れたことなど大変参考になりました。
身近にできることは、植物などの変化に気づくことくらいですが、気象や防災の情報にもっと
注意して自主的に判断したり、行動するよう努めたいです。
温暖化の問題点は、急速に進んでいることが大変なことがわかりました。
山梨県の地形や気象の状況について、理解できとても勉強になりました。
YBSの出口気象予報士が、桜開花の撮影に来ていて、記念写真を撮れて良い思い出をつくれました。
公務ご多忙の中、県民の関心、質問に丁寧に答えていただき感謝致します。
IMG-2759.JPG
posted by 創ろう甲斐 at 20:51| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

産業観光69回 山梨平和ミュージアムと山梨学院大学を見学!

 キャンパスネット連携講座              
4月26日(金)10時〜15時00分雨天決行
1)山梨平和ミュージアム        10時〜11時45分
 県出身の首相石橋湛山について、浅川館長から詳しくお話しを伺います。
 東洋経済新報社での言論人として、また1956年総裁に選任される前後の状況や、平和・民権・自由主義を信条とした、湛山の現代的意義などについて学びます。
 展示室で、甲府市民が終戦1ケ月前に空襲で被災した惨禍をまざまざと想い起こせます。
 
 2) 山梨学院大学     
・すばらしいキャンパスを見学し、学食で昼食 (各自負担)         
・発展著しい大学の全般と、就職の状況などについて説明があります。
経営学部の伊東教授からも、学部生の学びの状況や地域への貢献などについてご説明いただきます。
・広報スタジオでは、県の未来を期待しながら、質疑応答の時間をいただきます。

募集: 20人 (県内外の誰でも。アンケートにご協力ください)
 *駐車場、移動時間の関係もあり、できるだけ乗り合わせでご来場いただきたくご協力ください。

参加費: 800円(入館料300円、団体障害保険料、資料・事務費)

集合:10:00 山梨平和ミュージアム1F受付 甲府市朝気1-1-30 電話: 055-235-5659
           駐車場: ピュア総合会館の向かい側にあります。

主 催: 産業観光の会  
お問合せ・お申込みをお待ちします 富士川町 川口正満 Tel/Fax:0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 09:59| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする