2018年08月28日

その6 懐かしい惜別した会員農家など:

・市川三郷町の伊藤米子様は、10年前から身延線鰍沢口前の朝市で知り合った篤農家。採れたて野菜、生姜菓子、奈良漬け、梅干しなどをバイクで納品いただいたことも思い出す。
最大の収穫は、パートたちに奈良漬けの作り方を伝授してもらい、見事にオリジナル奈良漬けを販売できたこと。
男衆が、遊休農地を借りて、白瓜を栽培。何T0キロもの白瓜を、パートたちが教えられたレシピに沿って、大きな樽に上手に奈良漬けを製作し、美味しいと評判の輪を広めた。
・同級生の秋山君は、平林で生産した原木しいたけやトマトを3年納品してくれた。
しかし、なんと短い人生を閉じてしまい、悔しい限りだった。明るい元気な声が今でも聞こえるよう。
・大きなゆず農家の望月さんの奥様が亡くなり、その2年後から、ご主人もすっかり元気がなくなった。
・平林のトマトを出荷していた農家も、ご主人、奥様も逝ってしまい、今では、唯一の方からいただいている。
 10年間で、会員農家が8人も先立ってしまった。

25年には、最大の陰ながらの協賛者だった母が亡くなった。
介護のために帰郷したが、21年創業後、軌道に乗せるために夕飯をともにできずに寂しい思いをさせてしまった。年親孝行できずじまいだった。
母が最期に残した言葉は、「一緒にご飯を食べようね」と懸命に3度も言い、家族のだんらんの大切さを教えてくれて逝きました。
posted by 創ろう甲斐 at 07:15| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

65回産業観光 11名 アンケートのまとめ その3

3.古民家の保存や利用についてご意見をお願いします。
・古民家は日本人の生活の源・・・生きて行くための知恵や知識の宝庫である。
・前向きだけの人生は危険である。振り返りながらの人生も良いものである。
・人間の心のあたたかみと木から感じる温もりは同じだと思う。
・どこの市町村でも保存にどこも考えていかなくてはならない時が来ましたね。
・現状の建物を修繕して保存すれば良いです。
・出来ることがあれば協力したい。
・地域の人々の協力が大切と思います。
・当時の建築を大切にしまして、補修等は必要最低限にての保存を望みます。
・市民と行政との相互学習を通じて、古民家は地域・行政・国の資産であることを互いに深く理
解するべきです。
・青柳宿の今後の活用法について、地元や町の職員との勉強会(協議会)にも出張講座をお願い
したい。

4.産業観光で見学したい事業所などあればお知らせください
・自分の日常と違う場所なら何処でも興味がある。
・各市町の庁舎を見学をお願いします。
・古民家カフェ廻り(旅館でなく)
・南ア、韮崎、芦川、身延などの古民家(晴家村)
・市川三郷町役場
・櫛形の図書館
・アシストエンジニアリング、東洋水産

運営責任者の反省:
1)団体行動では、皆が集合するまでの一番の苦労です。
  二番目は、質問を一人占めして時間を費やさないよう、
   また質疑応答を、皆で共有できるようにしたい。
2)駐車場入り口が工事中で、進入できず、何人かが周辺をうろついて開始時間が遅れてしまった。
  前日に電話した折、教育委員会担当からはその旨を聞かせてもらえればよかったです。
posted by 創ろう甲斐 at 15:42| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30年7月27日 産業観光65回アンケートのまとめ その2

2.南アルプス市 若草瓦会館
・小野氏や管理人の方から、然も彫刻家の方から直に話が聞けて兼ねてより思っていた事の一部
が納得できた。
・予定には無かったハプニングの法善寺には、製作したあの彼女にも同行してもらってより詳し
い説明をして欲しかった。苦労した所とか。
・斜陽産業かもしれないが、歴史を積み重ねてください。
・思うより良かったです。瓦だけでなく木彫りやだるまの話が面白かったです。
・瓦という伝統技術や地域づくりの視点を盛り込んだ活動についてお話しいただき参考になった。
・瓦造りの工程をビデオ撮影して広報すると、効果的に来客につながると思う。
・他県との交流や、すでに行っているシニア向けの体験学習にも大いに活発化してください。
・館長の匠の技や経験談にも興味深く伺えました。身延山大学も見学したいです。
・伝統ある若草瓦の工程を拝見し大へんな労働と技術を拝見しました。
・現在仏像美術に携わっている、女性二名の説明で修復の仕事大へんさと魅力を感じました。
・甲府城の鯱瓦よりもでかい富士川町道の駅の高さ1.4mの鯱瓦の政策についてご苦労話も聞けて有意義だった。
・瓦の工芸技術と、まちおこしの観点も取り入れた工夫に取り組んでいたことを学びました。
posted by 創ろう甲斐 at 15:38| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

65回産業観光 30年7月27日 11名 アンケートまとめです その1

南アルプス市へ2か所                      30/7/27 (金) 
1.安藤家住宅
・真行草…と全ての建築様式が一度に学べてとても面白い。
・市職員の方の説明もあり、有難かった。
・いつの世も同じだが、財を成せば命に危険が及ぶ。安藤さんの身を守るセキュリティ面での
 大変さが垣間見えて面白かった。
・古い建物はこれから守ることが大変です。長く保存してください。
・安藤家系図が分かれば良いと思います。
・いろいろ教えてもらい、良かったです。
・長く保存してください。
・310年も前の建築物の重厚さに感銘しました。尚一層の努力で維持管理をお願いします。
・庭の創りがすごくて興味を引きました。
・土壁を補修しないともったいなく思いました。
・旧家の生活に思いが巡って楽しい時間でした。
・既に個人的に行った人や、暑い日のため参加できない人も多く惜しかった。
・参加した方は丁寧に説明してもらい、とても良い機会と喜んでいた。
・市が、国の重要文化財を管理し、耐震化診断もしないで市内外の不特定多数に利用を呼びかけている
ことについて市の英断に感心し感謝した。
・観光、教育、生涯教育の利用目的を掲げて、特に後者の利用を推進しているとのことで、とて
も参考にすべきと思った。
・さすがに、文化財課スタッフだけに、丁寧に説明いただき多くを学べた。
・蔵の映写会や母屋の写真展、コンサートなどの利用法について大いに学びたい。
・数年前に個人で行ったときは、説明を聞けなかったが、団体見学では丁寧に説明いただきよかった。
・以前、着物教室お茶会で利用しました。見学会で履歴と、建造物の話でより多くの方、県内外の観光ルートにと思います。
・桜並木、河川敷きに季節の花の植え込み、山脈のロケーションも美しいく、地域の市民健康を意識し⊡高齢社会の憩いの場としてこの遺産を後世伝えに引き継ぐ事だと思います。
posted by 創ろう甲斐 at 15:34| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする