2008年05月31日

産業観光「南部町の中央化学・茶摘み体験、茶業センターなどの見学を!」報告

第14回5/29(木)「南部町の中央化学・茶摘み体験、茶業センターなどの見学を!」のアンケートから主なご意見を紹介します。
申込み28名満席だったが、前々日2名、当日2名が欠席となり残念でした。
参加24名○満足した △まあ良かったがほとんどでした。
ご協力いただいた諏訪様や「見学受け入れ先」のおもてなしに感謝します。
また「参加型」で有意義に楽しく過ごせたので良かったと思います。
中央化学山梨工場、茶摘み佐野農園様、JAふじかわ茶業センター、森田文庫様や天ぷらそばの南部路様など温かく迎えていただき有難うございました。
☆主な感想と要望など 
A 中央化学山梨工場の見学   
・近代的設備でクリーンな環境の中でハイテク・コントロールしていることに驚きました
・身近な食品トレーの製造工程について理解でき、さらに関心が高まりました。
・食品トレーがさまざまな種類が大量に生産され、環境について考えなければならないと思いました
・管理職やスタッフの方にグループ分けして丁寧に説明していただき有難かったです。
・プラスチック包装容器のリサイクル事業のたいせつさと、地球の資源利用について考えさせられました
・プラスチックのみでなく、消費者も真剣に環境問題に取り組むことが大事だと思いました
・リサイクル活動がたいせつな問題であることを感じました。リサイクル事業を多くの人に広める必要があると思いました
・工場の安全・品質管理の徹底に感心し、ものづくりの創意工夫に驚きました。
・従業員の教育がすばらしいと思いました(いつでも、どこでもあいさつ)
・山梨の南端にこれだけの大工場を立地したものだと感心しました。
・山梨の産業について見直しました

B 茶摘みの体験について
・生まれて初めての体験で、楽しかったです
・晴れた日であれば半日くらいお手伝いに来たいです
・今日一番の楽しみにしていたので雨もあがり体験できて幸運でした。
*茶摘についてもう少し全員にわかるようなご指導をいただきたかった。
*茶畑にヒルの住むとは梅雨知らず・・・雨上がり
*ヒルの発生について、予め「安全であり心配ないこと」などお知らせいただき注意するように伝えて欲しかった。
*期待していただけに摘める茶葉が少なく、少な目の新芽で残念でした

C JAふじかわ茶業センターの見学
・木内社長の製造方法と美味しいお茶、その飲み方などわかりやすい説明が良かったです
・JAふじかわの加工場を見学できてよかったです。
・南部町の産業観光スポットとして、見学受入れの環境整備をすると南部茶の需要も増えると思います
・静岡の産地と競合で大変ですね。農家は天候に左右され大変ご苦労様です。
・日本広し 多くの産地のお茶が出回り大変だと思います
*製造工程についてパンフレットやパネルを見ながら説明を受けたらより理解できると思いました
*実際の作業工程が見られず残念。稼動していればもっと印象的に理解できたと思います。

D 森田文庫の見学
・個人が地域の皆様に貢献している姿はすばらしく感動しました。
・多くのことを学ばせていただき胸が熱くなり感動しました。
・地域のために私的に運営する努力に敬服します。
・奥様の人柄が素敵で地域の子どもたちは幸せだなあと思いました
・子どもたちが本に触れ合える場、自由の中で学ぶことが多いでしょう。 すばらしい活動の場所であると思いました。
・地域にしっかり根づいている様子が拝見でき感動しました。
・地域の子ども、お年寄りを大事にしている様子がすばらしくお手本にしたいと思いました。
・手づくりのおもてなしの心配りに感謝いたします。

E 昼食・車中・移動について
・南部町の人々と交流でき産業や農業についてよく理解でき有意義な機会でした。
・郷土農産品の天ぷらそば、コンニャクやグレープフルーツが美味しかったです
・どの見学先でも美味しい南部茶をいただけてよかったです。
・毎回、学ぶことが多く参加を楽しみにしております。
・今までに見学したことのないところばかりで大いに勉強になりました。
・車中では、自己紹介やクイズなど楽しい時間を過ごせました。
・他にはない企画なのでこのような機会を長く続けてください。
以上です 産業観光研究会 
posted by 創ろう甲斐 at 06:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

地域資源活用プログラムとNPO法人富士川・夢・未来

地域資源活用プログラムとNPO法人富士川・夢・未来
政府が6つの省庁を横断的につなぎ、地域資源活用プログラムを推進している。

地域産業資源を3つの分野に分けて、市場性があり活力ある事業を創出していく。
1) 農作物果樹などの農林水産資源、
2) 産地技術や勝れた企業経営
3) 観光サービス の分野で全国各地から勝れた先進事例が認可されている。

一方、山梨県の富士川流域にある峡南地方では、NPO法人富士川・夢・未来が立ち上がる。
まさに「名は体を現わす」であり、未来に向かって、この地域の自然資源を開拓し、魅力を集めて全国に発信していく。
先人たちが築き上げた技や地場産業と農業特産物、文化歴史遺産などを所縁のある人々とともにあらためて富士川流域・峡南地方のすばらしさを共有していく。

既に事務局長も着任して、山梨県からの認証を待つばかり。

子どもたちの明日のために!
県外や国外で活躍する望郷の念を抱く人々のために!
そして山梨県をもっともっと愛して、世の中に知らせたい人々ともに!

NPO法人富士川・夢・未来が今、スタート台についてそのデッカイゴールを目指します。
posted by 創ろう甲斐 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 7 山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

自然派の化粧品会社潟Aルソア本社

小淵沢の魅力を発見
山梨県の小淵沢といえば、最北端。
中央本線の長野県に近いので長野県の風土に近いかも??
さて、この小淵沢に新しい「産業観光のスポット」があります。

自然派の化粧品会社潟Aルソア本社をご存知ですか?
素肌美を守るためシンプルな手入れ法と自然派商品を開発販売!
心・体・肌の三健の精神」で自然と調和したトータルライフを提案しています。
渋谷から移転し広大な敷地に建設された翼を広げたような本社と記念館、サロンを見学させていただけます。

産業観光研究会では、加えて特別にマクロビオティックと食のあり方についても講義をお願い致します。 
また、日本で始めてのオーガニック社員レストランで若い社員様とともに、肉、魚か野菜を選択して昼食をいただきます。

産業観光16回7/24(木)「自然・健康と美・味・知を提案する先進事業を見学!」にご参加しませんか?
ご希望の方はどうぞコメントをお願い致します。

昼食後、スパティオ小淵沢 道の駅こぶちさわでは支配人様から事業の状況についてご説明をお願いします。
地元の取れたて野菜や、特産の加工品などのお買い物も楽しみませんか!

その後、県営馬術競技場、帝京学園短期大学を車窓から見学します。

また午後もキラリと光る2つの食品企業を見学します。
詳しくは、後日のブログをご覧ください。

AMIPLAZA 経営とマーケティングを考えますブログにもお立ち寄りください。
posted by 創ろう甲斐 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

地元や現場をフットワークよろしくたいせつに!

よく「地元にいるけど知らない」、「いつでもいけると思うから行ったことがない」とか言われます。
「灯台下暗し」とはよく言ったものです。

これまで商工農林業の産業と消費者とは、遠い関係だった。
ものづくりの生産者の立場や、物売りの商業者が、消費者との関係づくりをないがしろにしていたようです。

もっともっと、使用する、食べる、利用する立場に立って!消費者がお客様であり、神様であることをもっと認識して企業や事業者は対応しなければ!
真の顧客志向、お客様本位の経営を基本として事業展開したいですね!

この観点から、「産業観光」は企業と消費者・地域の住民がもっと近しく理解する機会を追求します。
上場企業の大手工場などはさておいても、キラリと光る商工農林業の魅力を発見しましょう。
そして自己啓発、自己学習を通じて、人々との交流の輪を広めていきましょう!

JR東海の須田寛会長が提唱された「産業観光」は各地で大手企業を中心として実施されています。
山梨県の産業観光研究会では、地域地元にある魅力の現場を発見し、温もりの交流を通じて地域の活性化に取り組んでいきます。

AMIPLAZA 経営とマーケティングの活性化を考えます

教育と環境の問題を考え取り組みます!
posted by 創ろう甲斐 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

茶摘みの体験は?

山梨県の南部町といえば?
「地域の特産品を知ってるけ?」
たけのこ と 竹炭 そして南部茶です
くだもののぶどう狩りやイチゴ狩りなどナントカ狩りは幾つかあります。
が、「茶摘み」を経験した方は意外と少ないようです。
これは、近年、高齢化により茶摘み娘でなくて、“機械で摘んでしまう”こと。
新茶の茶葉を丁寧に摘んで「香り」が勝負の商品にすることも重要ですね。

また、自分で摘んだ茶葉を、焙煎して持ち帰ることはできないためです。
焙煎の工程には茶葉をまとめてから行なうなど数日掛ります。

JAふじかわなどに出荷するので、JAが体験農業について今一歩積極的でなかったこともあるようです。

この茶摘みの体験を産業観光第14回5/29(木)「南部町の中央化学・茶摘み体験、茶業センターなどの見学を!」では行ないます。
佐野様という農家のご協力をいただき、初めての体験を上手くできるかどうか?
参加者は既に27名となっていますが、Waitingでもよろしければお申込みください。
お待ちしております。
詳しくは、当ブログhttp://sangyokankoken.seesaa.net/ の関連記事をご覧ください。
川口正満
AMIPLAZA 経営とマーケティングの活性化を考えます

教育と環境の問題を考え取り組みます!
posted by 創ろう甲斐 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

産業観光がニューツーリズムとして脚光を

全国で産業観光が静かなブームの中で、山梨県の産業観光研究会も毎月産業観光を行なっています。
勝れた企業の現場や公的施設を見学し、「地域の魅力」発見を通じて人々と交流を広めています。

7月か8月には、山梨県でナント人口が増加!しているという八ヶ岳方面の北杜市へのバスツアー企画案を検討中です。
先方のご都合や参加者の夏休みの予定など調整事項もたくさんありますが、何とか具体化できればと願っています。

見学先案は、女性向けに小淵沢の化粧品工場アルソア
女性たちが農と食づくりに取り組む企業組合ふるさと薬膳森樹でお食事をいただき、

地元の大豆を使用した豆乳製造の白州屋豆吉や、
キノコの研究所株式会社アイ・ビー・アイ・・・キノコの機能性などについて説明いただくか、

アイスクリームの新社長のもとで発展するシャトレーゼなどに依頼しようと思います。
 
ご関心ある方のコメントをいただければ有難いです。

IIEN.Y登録「産業観光研究会」はキャンパスネット連携講座!です。
1時間について1単位を取得できます。
☆第14回5/29(木)「南部町の中央化学・茶摘み体験、茶業センターなどの見学を!」アト数名の席が残っています。
☆第15回6/26(木)「焼津市のビール・わさび工場、さかなセンター、八雲に感動を!」ご参加されませんか?
  川口 正満 (中小企業診断士)
人とまちを創ろう甲斐!地方の活性化を目指します。
 増穂町商工会・観光協会会員
posted by 創ろう甲斐 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

産業観光を推進する「産業観光」ガイド

経済産業省と都道府県の予算などで「産業観光ガイド」が作成されている。
「産業観光」ガイドは、見学を受け入れる企業が、その情報を提供し、視察・見学したいグループが申し込みしやすい方策として役立つでしょう。
産業観光は、産業の生産現場との接点を創り、新しい観光需要を起こして、地域の活性化を目指す動きが加速しそうだ。
ニューツーリズムの一つであり、勝れた企業との交流・見学・体験を通じて、消費者や企業人が互いにレベルアップを図り、社会教育の実践となるでしょう。

企業が社会的責任CSRの一貫として、工場や研究棟さらに社員食堂などを公開して、消費者や学生との接点を広く設けて、互いに交流を深めていく。

これまでの利益追求を優先して閉じた産業や企業の時代は終焉し、社会とともに地域の発展や人々との交流にもお役に立つことができる「産業観光」の意義が高まっている。

山梨県でも山梨県中小企業団体中央会が「山梨県産業観光ガイド」を発行した。
業種別、地域別に紹介され、関心あるテーマに合わせて効率的に見学先とコンタクトできる。
第1号なので大手の40余の企業だが、今後「商工農林業のキラリと光る勝れた事業所」についても紹介されることでしょう。
山梨県にご関心ある方は、同中央会か、当産業観光研究会にどうぞお気軽にご連絡ください。
2008.5.7
posted by 創ろう甲斐 at 07:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 4 観光ビジネスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

吉本興業グループ東京本部は旧小学校を新事務所に

お笑いで人々に感動と喜びを与えている吉本興業が、またやったね!

あの吉本興業グループは東京本部新オフィスとして旧四谷第五小学校を改造しリノベーションし移転した。
歌舞伎町近くの東京都立の廃校を活用して文化事業の拠点になる!
昭和9年に建築された建物で、外観はそのままに保存し、新宿区の新しい「産業観光」のスポットになりそう。

吉本興業さん 
おめでとうございました。また、有難うございました

また、スタッフ養成校「よしもとクリエイティブカレッジ」を併設し、4月に開校した。
このような、地方自治体や住民とも一体化した事業展開は、国民の生活をゆたかに明るくするでしょう!
そしてサービス産業や先進企業と地域の活性化が連帯して発展できるのはすばらしいですね!

同社は、1948年設立で今年還暦ダ!
1949年には既に上場していた!
お客様のおかげさまにて業績は順調
因みに自己資本比率は、62.2%。 利益剰余金は273億円ですヨ!!
御用とお急ぎでない方は、証券コード9665をどうぞご覧ください

同社の新オフィスを「産業観光」させてもらいたいですね!
もう申込み殺到でしょうか? 整理券を配っているとか??
寄ってみませんか? 行ってみませんか? 
そして一緒に明るく笑いましょう!!

AMIPLAZAブログにお立ち寄りください 経営とIT利活用を考えます
教育と自然環境の問題を考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
油を吸着・生分解するバイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!


経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 経営とIT利活用を考えます
川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 5 リンク集キラリと光る先進企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

手づくり布ぞうりの会

手づくり布ぞうりの会第3回目を5月17日(土)1時から山梨県増穂町青柳の公民館(体育センター)で行ないます。

夜なべ仕事で仕上げた試作品を見てもらうと皆さん大変関心を示しますね!
創ってみたい!
履いてみたい!
私も創ったけど、途中で止めてしまった
いつも履いていて何度も洗って使っているわよ、
母親にも履くように奨めたい

などとそれぞれの関心がとても高いですね!
気持ちがあれば、意欲があれば、何でもすぐにできますね

布ぞうり1
布ぞうり2

当日は、甲府や中央市や南アルプス市の方々も参加できそうです

公民館、コミュニティセンターや体育館などには、ビニールのスリッパがありますね。
どなたが履いたスリッパか不明でもあり、
「マイ布ぞうり」なら、衛生的でもあり、愛用しませんか?!

自慢の作品を多くの人々にも見てもらい、「健康的な布ぞうり」の利用を普及していきませんか!
布ぞうり作品です


創り方の勉強に加えて、「布ぞうりの上手な履き方」についても学ぶ会をしたいですね!

posted by 創ろう甲斐 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 7 山梨県富士川流域の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

産業観光第15回「焼津市のビール・わさび工場、さかなセンター、八雲に感動を!」

「焼津市のビール・わさび工場、さかなセンター、八雲に感動を!」

静岡県の先進企業や施設を見学し視野を広め、人々と交流の輪を広めませんか?

6月26日(木)7:00 〜 19:00 雨天決行
1)サッポロビール静岡工場 (見学・黒生ビールを試飲)
   ビールと価値創造フロンティア研究など同社の全てを理解しましょう!
   工場内にあるビオトープ園は、自然環境教育の場としても活用されています。 
   山梨県におけるワイン工場などグループ事業の展開についても解説いただきます。
   見学と質疑応答を通じて「ビールと飲料の世界」が広まりそうです。

2)焼津さかなセンター 昼食、見学、ショッピング 
   水産都市の総合市場は5つの通りがあり、1050名を収容しド迫力でお迎えご案内!
   事業について説明いただき、「さかな何でもあり」と魚のプロたちが演じる活きのよさに接して感動しませんか?

3)焼津小泉八雲記念館 
   日本を愛したラフカディオ・ハーンの焼津の海をイメージした記念館を訪ねます。
   明治の文豪の作品・資料と映像を見ながらその所縁を偲びます。

4)静岡わさび工場     明治8年創業の伝統を誇る「わさび漬の田丸屋」は、国内最大手で“見る工場!”
  わさびについてしっかりと物知りになり、辛味体験してみませんか?

☆ 中型観光バスの往復ではクイズなど‘参加型’で有意義に過ごしませんか?

参加人数:28人(先着・お支払い順とさせていただきます)
 *当日、2日前欠席の場合、昼食代30%返金させていただきます。

参加費: 4,500円 (観光バス代、搭乗者保険料、昼食・飲み物代、事務費を含みます)  
郵便局から産業観光研究会 口座番号00280-5-133214にお振込をお願いします。
  通信欄に乗車場所をご記入ください。  
     @6時30分 石和町広瀬 日之出観光本社
集 合: A7時00分 甲府市 JR身延線南甲府駅 
    B7時30分 増穂町 志村観光トラベル
    C国道52号沿いの乗車をご希望の方はご連絡ください。   時間厳守!
☆キャンパスネット連携講座なので6単位の受講となります!
    
後 援: 山梨県、やまなし産業支援機構、山梨県中小企業団体中央会、山梨県商工会連合会、甲府商工会議所、 鰍沢法人会、山梨日日新聞社  
協 力: 焼津市、山梨県立大学地域研究交流センター、JAふじかわ、NPO法人富士川・夢・未来
     山梨学院大学、潟^ウンネット、慨PARK、 志村観光トラベル
posted by 創ろう甲斐 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。