2019年10月18日

産業観光 森林総合研究所を見学、里山を散策!

産業観光76回 
富士川町の森林総合研究所を見学、里山を散策し紅葉をお楽しみ!
 
日時:11月19日(火)9時〜12時 雨天決行
1)山梨県森林総合研究所        
 県立の素晴らしい研究所内の施設をご案内いただき、森林が県土の78%を占める
「森林県」の森林資源について理解を深めましょう。
 木材加工棟なども見学し、人工林と県産材の利用などについて学びます。
 同研究所のホームページを予めご覧ください

2)里山を散策 *雨天の場合、教室でビデオなどをみます。 
 森の教室を見学後、40分ほどで散策できる里山を研究員にご案内いただきます。
 秋の紅葉を楽しみながら、広葉樹の種類などについて学び、森について理解を深めましょう。
 甲府盆地を一眺できる芝生公園で、語らいましょう。
 
参加費: 500円(団体傷害保険料、通信事務費)
募 集: 25人 (ズック靴、ラフな格好でご参加を)
        アンケートにご協力いただきます。
集 合: 9:00 森林総合研究所 駐車場 富士川町最勝寺2290-1
      Tel 0556-22-8010  時間厳守を!

昼 食: 殿原倶楽部レストラン (オプション)
posted by 創ろう甲斐 at 10:00| Comment(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

産業観光74回 マルス穂坂ワイナリーを見学 感想3)

2.マルス穂坂ワイナリー
1)ビジター棟での試飲やワインについて:
・ワインジュースは、研究での結果、さすがに美味しかった。
・陳列されているワインの説明をもう少し詳しく(買うときのアドバイス)
・きれいな眺めの素晴らしい施設でした。
・新しいので機材など最先端で美味しく良いワインができますね。

・美味しくいただきました。研究の結果、これからも一層の発展を願います。
・乾いたのどにぶどうジュースがとても美味しかった。
・店員さんが上手に説明してくださり、2本買い求めました。
・なるほどと穂坂のワイナリーと感じながら賞味しました。

・ワイナリーとワインに身近になり、家族とも楽しめるよう買い物しました。
・屋上の眺望は絶景で、四季折々ドライブがてら訪ねてみたいと思います。
・アルコールは飲めませんが、陳列棚の上品なレイアウトに心奪われました。
・スーパーで買うより美味しい気がするので、たまには景色を眺めつつ訪れたいです
・おしゃれで素敵でした。ワインの説明とお勧め品について良く分かりました。

2)醸造等の施設やご案内について:
・ぶどう作りから当ワイナリーの特長を活かすためのこだわりなど競争に勝ち抜くための努力を感じました。
・よく説明してくださいましたので分かりやすかったです。
・親切かつ丁寧な説明に本当に良く分かりました。
・赤と白のワインの作り方が違うことが一番の勉強でした。

・作り方は、ワイン工場によっても違うことを知りました。
・ぶどうの種類も、今ではたくさんありすぎて覚えきれないです。
・施設は、新しく開放的でびっくりです。他所で見た施設はもっと暗い感じがしました。
・私と同じ年くらいのワイナリーで、親近感がわきました。
・まだ新しいこともあって、とても清潔で、醸造の様子も分かりやすい説明でいろいろ納得できました。

・県民としてワインのことを改めて知る良い機会でした。
・素晴らしい場所にすばらしいワイナリーがあることをもっと宣伝するべきです。
・すばらしい景観を堪能できる地に、工場を見学され、独自の農場も見学できればと思いました。
・丁寧に質問にもお答えいただき、よく理解できました。
・素晴らしい近代的設備で効率よく作られているワインは、土壌改良して取り組んでいる美味なぶどう栽培から絞られ、高品質のワインであることに知識を得ることができました。
・山梨のワインが世界で評価されていることもすばらしい。

以上の通り、一同とても有意義に学習できました。
ご多忙の中、丁寧にご案内いただき有難うございました。
   産業観光の会 川口正満 
posted by 創ろう甲斐 at 00:00| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

産業観光 山梨日日新聞印刷センター 感想2)

2)新聞の取材・編集・印刷・配送の役割について:
・毎日の報道(取材)、情報の収集、編集と20万部を印刷するスピードや、26人の生産体制など、新技術の工場にびっくりでした。
・編集に関しては、何回も会議・構成されていることなど記事にして公にすることは本当に慎重でなければならない。
 その基本精神を貫く山梨日日新聞に誇りを持ちたい。
・いずれ先細り感のある(読者数)新聞の役割を若い世代に繋げていくにはどんな風にすればよいのか?
・新聞を手に届くまでの働いている皆様の苦労を思うと本当にありがたい気持ちです。

・昼、夜の勤務の人が二分されているのにもびっくり。タイプライターの経験がある身として、機械にもびっくりでした。
・本当にご苦労様と感謝します。配達してくださるなんて、これからの時代に贅沢です。
・当たり前のようになっている新聞ですが、届くまでには大勢の手が掛かっていることを再認識しました。
・これからも地域や県民い密着した新聞をお願いします。

・県民に情報を届ける使命を果たす現場をご案内いただき、取材編集する最新の状況について本社を見学できればと願っています。
 (平成20年2月、山梨日日新聞本差を21人で見学し、記念写真の号外紙をいただきました)
・取材から配送まで多くの方が真摯に携わり、毎日新しいニュースを届けてくださることに感謝し、疎かに読み捨てできないと反省しました。
・日々、休むことなく新聞を作っている方々、その役割、手元に届く過程について良く分かりました。
posted by 創ろう甲斐 at 00:00| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

産業観光74回アンケートのまとめ 1)

産業観光74回は、9月25日13人で見学し、次のように感激感謝の半日でした。
1.山梨日日新聞・印刷センター
1)施設やご案内について
・5年前に完成したすばらしい施設を見学でき、新聞を発行する有難さについて一同感謝感激でした。
・歴史ある新聞社の工場は、責任ある報道のために、災害に強く、環境に配慮されていた。
・富士川町に午前2時には配達してくださり、工場内説明を受け、感動と感謝申し上げます。
立地条件の整った場所に新設されたセンターには、印刷だけでなく地域に密着して多機能のあることも感心した。(ドクターヘリの発着)
・説明案内がわかりやすく、印刷作業の見学会には興味ありました。

・施設の大きさと最新の機材がそろっていて驚きました。
・広く清潔感があって、素晴らしかったです
・以前から行きたかったので見学の機会に恵まれよかったです。
・少人数の運営にはびっくり。AI時代だから、時代の流れなのですね。
・新聞がなくならないことを祈ります。

・爽やかな天気の中、ヘリポートと太陽光パネルが目に入りました。
・新聞を確実に届けるための災害対策に感動しました。稼働していませんでしたが、ビデオと「特別号の
新聞」、渡辺さんの説明も分かりやすく参加してよかったです。
・巨大な機械施設を見学でき、新聞を作る工程と、時間と闘う社員の努力について良く分かりました。
・窓越しに見学できるよう、見事に設計され、読者や地域住民のことも意識した経営と感じた。
・古紙を回収、利用する施設を含め、地元紙に対し、見直して誇らしく思いました。

・小瀬の施設より格段に進化した印刷現場に只、驚愕しました。
・毎日20万部印刷されるハイテク輪転機を見学でき、また古紙の再利用の取組みの見学もとても良い勉強をさせていただき有り難かったです。
・規模の大きさと業務量に比べ、スタッフが少なく驚いた。
・災害時の避難場所としての役割もすばらしい。
posted by 創ろう甲斐 at 00:00| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

産業観光73回 感想その4

日本ネットワークサービス気象情報室の活動について:
・九州の災害と重なり、タイムリーに気象や防災について話を伺えてよかったです。
・年を取るほどに、日々の天気に関心を持つようになりました。
・技術が進歩しても、刻々と変わる自然現象・・大変ですね
・自然との対応の難しさとの戦いを知ることができました
・繊細な情報技術を習得しました。良かったです。
・「災害は忘れるころにやってくる」といわれます。テレビやその他の情報を良く見聞きして注意できるようにしていきたいです。そのために、活動してくださり有難いです。
・気象情報をもとに、各種防災に関するサービスの提供もされているのですね。
・災害に対し、情報を集め防災に努力している。
・南アルプスの存在の大きさがわかりました。
・避難所の不足ということで、自分で考えなければと思いました。
・災害に関するお話が分かりやすかったです。山梨特有の南アルプス地形が関係あることは初めて知りました。
・避難所が不足しているとは知りませんでした。日頃から考えておかなければと思いました。
・テレビで見ているスタジオを見学でき、また、お天気お姉さんにも会えてよかったです。
・気象情報の生を見せていただき、本当に良かったと思います。大変な仕事だと思いました。
・あらためて集中豪雨の恐ろしさを知りました。
・いろいろの機械があり、それぞれ動く様子は素晴らしいことでした。今の世の中はあたりまえな時代なんだと感じました。
・気象について興味を持つ良い機会になりました。
・天気予報のマークについても、参考にしたいと思います。
・いろいろな提供サービスやお天気コーナーで分りやすく説明してくださることや、知らない世界に踏み入れたことに感謝です。
・地球規模の温暖化で各地に異常気象が発生していますが、我が町の情報が気になる昨今、今後の活動に一層期待しております。
・気象予報士の出口さん二度目にお会いして、親近感を持ってテレビを見ています。
・ご多忙の中をご案内と、丁寧に質問にもお答えいただき、有難かったです。
・気象や防災に関して情報の必要性が高まっているので、貴社のご活躍を願っております。
・気象庁には、国交省所管でない、独立した省庁への昇格により、温暖化対策の戦略的な施策を提唱提起して、防災・減災の対策を強化できる体制を検討してもらいたいです。
・防災情報について、県や市とともに積極的に報道されるよう具体化をご検討ください。
・市内などのハザードマップや避難所などについても情報を発信されるようお願いします。

多々、ご協力を有難うございました。一同とても有意義に学習でき感謝しております。
   産業観光の会 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 09:09| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

産業観光73回感想 その3

2)日本ネットワークサービス
放送・CATV事業について:
・NNS放送にはなじみが薄かったのですが、生放送の現場を見ることができ、これからは、ローカル情報を見るよう心掛けたいです。
・甲府を中心とするNNSサービスと富士川町のサービス内容の違いがあり、なぜ協力して同じ内容のサービスができないのか?
・初めて実況放送を見学でき、緊張感ある対応にびっくりしました。
・あまり良く分からないところがあり、少し勉強します。
・講師の話が聞きづらくて、半分しか分らなかった。
・昔と違って、情報がありとあらゆる時代です。すごいことだと思います。
・区画を申請して、有線にて放送サービスを行う(基本業務)から、インターネットや電力まで幅広いサービスして拡大していることを知りました。
・機械がたくさんあって、秒単位で動いていて素晴らしかった。
・地域の情報として、番組を見てみます
・生放送を見ることができてよかったです。たくさん準備しているんだろうなと思いました。
・分かりやすい説明でよかったです。
・テレビを見ても分からなかったことが学べたと思います。
・気象情報の仕事をしていることは知りませんでした。
・実際に見学できて、より身近なTV局になりました。
・毎日お世話になっていますが、他にもたくさんの事業で活躍されていることを知り、勉強になりました。
・気象衛星からの情報はヨーロッパが信用できるらしい。情報をもとに各自の判断・展開があっても許されるようになってきているという流れがある。
・NNSサービスエリア以外はどうにもならなくて残念です。
・BS,CATVの映画、スポーツなど見ないけど、見たい番組はたくさんありますね。
posted by 創ろう甲斐 at 00:00| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

産業観光 アンケート 1)山梨県立大学看護学部

(2)看護学部の内容や学生の授業について:
・夏休みで学生さんの活気が感じられず、残念でしたが、「きっと心優しい学生さんたちだろうと、いつかお世話になるだろう」と期待と大きい声援を送りたく思いました。
・夏休み中で学生の状態は見ることができなかったが、先生の説明が親切さに感激しました。
・聴くことが一つ一ついい話で良かった。
・高度の授業に感心しました
・学生の授業のある時に、見学をお願いしたいです。
・グローカルとお話しの通り、地域にも密着した活動も大変良い取り組みだと思いました。
・看護できる+アルファの取得をできることを知った。
・これからの目標に向かって、自分なりに勉強できると思います。
・先生方皆様に親切にしていただいて学生がその気持ちを学ばれているんだと思います。
・勉強になりました。この会に感謝いたします。
・看護師になるにはいろいろ大変なことを学んで社会人に成ることをしみじみと思いました。
・飯田キャンパスも素晴らしかったですが、池田キャンパスもよかったです。
・養護教諭は、教育学部卒でもなれるとは知りませんでした。
・きめ細かい施設であることを、次期の子どもらに勧めたいと思います。
・看護実習を実践しながら勉強していく大切さを教えていただく良い機会をいただきました。
・将来、実際に役に立つ授業だと思いました。
・県内からの入学も年度にもよるが、半数以上を占めていて、この大学を県内の医療や福祉の充実のために大いにPRしてください。
・他の大学生との連携なども大いに促進して、幅広い視野と交流で学べるようお願いします。
posted by 創ろう甲斐 at 09:56| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

産業観光73回 アンケート 18人のまとめ 1)

8月29日(木)産業観光の会アンケートのまとめを4回に分けてご覧ください。
1)山梨県立大学看護学部
施設やご案内について:
・想像していたより、広くて立派なキャンパスと清潔な校内に感動しました。
・施設も充実していて少数精鋭で、勉強し磨かれた若者たちが現場で頑張ってくれていると思うとうれしくなりました。
・案内も3名の先生が分かりやすく教えてくださりとても良かったです。
・内容ある施設を見て、その素晴らしさと99.2%の就職率が理解できた。
・大変すばらしい設備と高い技術の看護にただただ感心しました。

・案内は大変よかったです
・素晴らしい内容にびっくりしました。学生さんも思う存分勉強ができると思います。
・災害時にも対応できる実習室にはびっくりしました。
・実習が重要なんだと思いました。
・どこも清潔にきれいに清掃が行き届いていて驚きました。

・設備の充実さも驚くほどでした。良い学び、実習ができ良いことと思いました。
・先生方のお人柄が素晴らしく、学生もいい環境で学べて幸せだと思いました。
・とても勉強になりました。孫が今、2年生で在学中で、理解することができました。
・孫がお世話になり、学校で学んだ話は聞いて少しは分かっていましたが、大変勉強になりました。有難うございました。
・普通の大学と違い、専門の勉強をするので、設備が整っていて、勉強する学生たちは技術が身につくと思いました。

・丁寧な説明で、さすが看護に携わる方々棚と思いました。山梨にこのような学校があることを知りませんでした。
・充実した施設で、大いに宣伝したい大学ですね
・先生たちがやさしく丁寧に説明いただき、「看護師になるために学び、頼りになる看護師を輩出する大学」についてよく理解できました。
 有意義な機会でした。
・ベッド数、図書館など教育環境がすばらしく、学生は意欲的に学べると分かりました。
・県内外の病院などに多くの先輩がいて心強いですね。
・CATVに、県立大のPR情報(自治会の活動も含めて)を定番として発信されるよう甲府NNSさんともぜひご検討ください。
posted by 創ろう甲斐 at 20:30| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

産業観光74回 韮崎市の山梨日日新聞印刷センター、マルス穂坂ワイナリーを見学!

感動と喜びを分かち合いましょう。        
1) 山梨日日新聞・印刷センター  9:00 〜 10:15
 毎深夜・早朝に届けられる"山日"の新聞ができるまでの流れをご案内いただきます。
 DVDなどで説明いただき、大きな輪転機で印刷される現場と、紙が保管してある
立体紙庫などを見学させていただきます。
 新聞についてより深く理解し、身近に感じましょう。

2)本坊酒造マルス穂坂ワイナリー  10:45 〜 12:00
 ワイン造りを見学できる「醸造棟」で、ワインが造られる工程についてご案内
 いただきます。
 「ビジター棟」では、ワインを試飲(ご希望の方は、有料です)させて
いただき、商品の美味しさ、違いなどについてもご説明いただきます。

集合:9:00 同センター内 韮崎市穂坂町宮久保1134 上山・穂坂工業団地内 
  中央高速韮崎ICから5分ほどです。Tel 0551-30-0321  時間厳守を!
昼食: どこか道の駅などで (オプション)
後援: 山梨日日新聞・山梨放送、

主 催: 産業観光の会 
お問合せ・お申込みをお待ちします。 Tel/Fax:0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 17:56| Comment(0) | 1 産業観光のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

産業観光73回 県立大学看護学部、日本ネットワークサービスを見学!

キャンパスネット連携講座
感動と喜びを分かち合いましょう。      

日時:8月29日(木) 9時〜12時 雨天決行
1) 山梨県立大学池田キャンパス    9:00 〜 10:15
  昭和28年設立以来、多くの学生が看護師、保健師、助産師、養護教諭の専門技
  能を習得し、卒業生は医療福祉の分野で看護実践者として社会貢献しています。
  看護の専門能力をどのように学んで、看護学の学士をめざしているのか、看護教
育の現場を見学させていただきます。

2)鞄本ネットワークサービスNNS   10:30 〜 12:00
  山日YBSグループとして、放送事業を多面的に展開中です。
  県内国中の多くのCATV加入世帯に、テレビ11チャンネルで番組を届けています。
  気象情報室では、県内民間企業で初めて、天気予報を独自に発表しています。
  暮らしと産業や防災に役立つ気象予報の重要性についてもご説明いただきます。

参加費: 500円(団体傷害保険料、通信事務費)
募 集: 25人
集 合: 9:00 県立大池田キャンパス ロビー
        甲府市池田1-6-1 TEL 055-253-7780  時間厳守を!
   後 援: 山梨日日新聞・山梨放送、
   主 催: 産業観光の会 http://sangyokankoken.seesaa.net/ 
お問合せ・お申込みをお待ちします。 
posted by 創ろう甲斐 at 17:38| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

産業観光71回 19.6.25 寺田ニットを見学

製品などについて
・これからも、これらの製品の開発をお願いします。
・縫い目のないニット製品で、しかも自然の材料であることに驚嘆しました。
手軽に手に入ることができればと思います。
・いただいた靴下お風呂上りに快適! 大事にします。ありがとうございました。
・編み物と織製品の違いが分かり、ウールと絹の良さも理解できました。
・素晴らしい自動化の編み機を何十台も導入され、後継者によるさらなる発展を期待しております。
・どの製品も着てみたいと思う品物でした。
・フォールガーメントは誰でも同じ商品を作れると思っているが、技術力ある社長のアイデアと、息子のコンピュータ理解とが商品開発につながった。
・二人三脚の会社であり、生産時間も他社では真似できないスピードで安価に生産している。
・身体に良いものを第一に考えて作られたものが納得した価格で流通できたらよいと思います。
 (現材料の仕入れや手間を思うとき、仕方ないですね)
・下着などの開発について熱意あるお話に、ぜひ着用してみたく思いました。
・おしゃれなニット類も、購入できる機会をお願いします。
・サンプル製品の中で、欲しいものがありますが、少しデザイン的に一考したらもっと欲しくなる。
・身体にやさしく素敵なものがたくさんありました。
・ぜひ身近で、購入できる機会があればうれしいです。
・熱心な主婦たちが、新しい利用者となり、モニターなどの応援団になれるようご配慮をお願いします。

両社には、貴重な時間をいただき、一同、とても良い勉強をさせていただき感謝しております。
この参加者の感想のまとめを下記のブログなどに掲載させていただきます。
 産業観光の会 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 09:25| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

産業観光71回 寺田ニットを見学

2. 寺田ニット梶@会社について
・業界や会社も厳しい様子でしたが、製品開発力と目標に向かった実行力を教えられました。
・社長さんの熱い想いが社員に理解され、良い製品に反映されている実情を学ばせていただきました。
・「心臓部」も見せていただき、作業を中断して迎えてくださり恐縮しました。お邪魔してしまいました。
・これからの時代に合って、健康になれる商品を期待しています。
・ニット産業の不況、廃業などについて聞く中、このように活況な企業が存在していることに驚きました。

・社長さんの最初のご挨拶が、少し心配や同情を誘う感じでしたのに、何の何の、大勢の従業員さんや
自動化しての今後の発展に感激するばかりでした。
・時代とともに、価値観が変化しています。どうぞ頑張ってください。
・社長の高い志と洞察力、先見性、息子さんの卓越したソフト開発力がすばらしい。
・今後もアパレルから注目され続けると思う。
・見学させていただいた時、社員全員が立って挨拶をしていただき、とてもびっくりしました。
・お話を聞いて、製品を着てみたいと思いました。
・社長の技術力が行かされた会社であること。

・今やセーター業界で、すべて理解し、さらに機械メーカーを指導して独自のアイデアと改善を依頼し、他社が真似できないやり方で生産している素晴らしい会社です。
・業界で生き残るために、高額な設備投資をして製品化して将来誰もがリーズナブルな価格で身につけてもらいたいという情熱で、二代にわたり追求していく姿勢が心に響きました。
・ふるさと納税の返礼品に採用されてもっともっと名を売ってください。
・自然素材のたいせつさ、心地よさを勉強しました。
・アレルギーなど皮膚のトラブルが多く、年を重ね大切なものは何かを考えます。
・素晴らしい事業で前向きな取り組みですね。
posted by 創ろう甲斐 at 11:27| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

マルアイを15人で見学しました。

*マルアイの製品などについて ‘19.6.25(火) 
・20:80の法則など経営や商品管理の生情報も教えていただき、大変勉強になりました。
・先進的な製品開発を進めていることが良く分かり、地元企業の躍進に心強く感心しました。
・現代に合わせた様々な製品があり、どれを見ても楽しくなったり、いただいた方もうれしくなり、微笑ましくなる気持ちがいっぱいでした。
・従来の製品だけでなく、新しい感覚の商品開発もされており、発展が期待されます。
・紙の製造をしているイメージでしたが、紙から製品を作っている現場を見ることができ、しかも身近な物が次々と仕上がっていくのを見て楽しかったです。
・たくさんのおみやげありがとうございました。
・のし袋、封筒などは市場規模の縮小、化成品は過当競争でそれぞれ大変だと思う。
 トヨタの「カイゼン」などに注力し、業容を維持して欲しい。
・いつも見慣れた祝儀袋です。今の時代に合った素敵な商品がたくさんありました。
・同じことの商品ではなく、今に合ったアイデアと改善で多くの商品開発をされています。
・努力あるのみの企業。今後も頑張って欲しいです。
・サンプルとても気に入り、友人にプレゼントにしたい。これからも新商品を楽しみに見ていきます。 
・便利なモノ、可愛らしい品、目を引くパッケージそれぞれ感心しました。
・いろいろなアイデアが入り、楽しいですね。
・現代の人が求めている製品を常に考えているので、若い人の働きやすい職場環境につながり、可愛らしい商品となったことが分かりました。
・和紙でいろいろのモノを生産して、プラスチックを少しでも少なくしてください。
・食品を包む需要として、プラスチック、発泡スチロールの代わりに、和紙の良さを製品化してもらいたい。
・世界の環境問題に対し、和紙の利用が注目され、先進的に取り組まれるよう願っております。
posted by 創ろう甲斐 at 09:57| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

産業観光でマルアイ、寺田ニットを見学。その1

産業観光71回は、‘19.6.25(火)15人が参加してとても有意義でした。4回に分けてアンケートまとめをご覧ください。  
 1. マルアイ梶@会社について
・よく整頓されていて、きれいでした。
・7代目社長のもと、日々改革発展している状況についてご案内いただき有意義でした。
・社員皆さんが、会社の方針や目標に一丸となって、それぞれの部門で一所懸命取り組んでいました。
・紙製品の会社と思っていましたが、種類の多さにびっくりしました。
・時代を見つめている会社の姿に敬服しました。
・初めての参加でしたが、説明も良く分かり、会社の規模の大きさに驚きました。
・甲府盆地の緑美しい環境の中で、大きくて清潔な工場に感動しました。
・すっかり機械化されて驚くばかりでした。峡南にあのような会社が有ることは、頼もしい誇りです。
・雇用などで地域への貢献は大きい
・とても大きくて広い会社ですね。機械化されていてびっくりです
・紙の会社として大手の中で、130年の歴史。相当の努力の連続結果だったと思います。
・一人一人の会社愛と改善を含む素晴らしい会社でびっくりしました。
・工場の広さ、清潔さ、スピード化された機械化など素晴らしい。
・さすが長い歴史ある会社だと思いました。
・社員の提案を設けていること、グラフなどによって明確に仕事内容に自信がつき、能率アップとなるコミュニケーションづくりを行なっている。
・長い社歴の中で、常に時代の求めるものを作るご苦労。すばらしさに驚きました。
・素晴らしい設備の工場、清潔、近代的でした。
posted by 創ろう甲斐 at 00:00| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

産業観光サイトテックを見学感想

14人と参加者が少なかったですが、斎藤社長から丁寧にご説明いただき、一同感動と喜びを分かち合いました。
2. サイトテックについて:
会社の案内:
・ドローンの開発・製造の現場を見て、ほんとうのものづくりの会社だと思いました。
・テレビモニターを使っての勉強、ご丁寧でわかりやすく、よく理解できました。
・このような場所に、このような素晴らしい会社が本当に感動しました。
・山梨にドローンの会社があったとは知らなかったです。
・山梨の観光などのために頑張っている姿がひしひしと感じられました。
・斎藤社長の豊かなご経験と能力について伺い、丁寧にご説明いただき感謝感激でした。

・我が国の業界のご指導者がこんな身近で、地元を活性化しようと取り組んでいただき有り難いです。
・業界の状況もご説明いただき、また研究の現場をオープンに見学させていただき有難うございました。
・母校を製造・研究所に利用されるとは、身延町(民)にとって実に有難いことですね。
・社長さん自ら、長時間詳しく案内していただき、世界に進出している会社ながら、地元愛の深さに感動しました。さらなるご発展を楽しみにしております。
・地元にドローンのようなハイテク機器を扱う企業があるとは知らず非常に驚いた。
・SEという仕事から一歩先を見据えてドローンを取り扱い、開発を進めてきた齊藤社長の試行錯誤する力にとても感心しました。
・和風総本家の紹介をテレビで観ていたのでとても良かった。
・旧中富中学校を借り受けてのスケールは壮大でした。

ドローンの説明:
・用途例を興味深く聞きました。
・事故を起こさないようにルールを守る大切さを強調されていました。・高い技術力の方々が開発に携わ っておられ、いろんな分野で必要とされ、ご活躍されていることを知り、感銘を受けました。
・有事の際の出動を期待し、グローバルなご活躍をお祈りいたします。
・説明を聴き、目標、目的など開発、努力を強く感じました。
・よく理解できましたが、どうすれば協力できるのか?
・難しかったですが、良い勉強になりました。   
・丁寧なお話を伺うことができました。
・何の知識もありませんでしたが、詳しく説明いただき、驚くことばかりでした。

・利用する場所、目的によって、行政との関わりが必須なので、安全や危機管理を含めて、国の柔軟な対応を願います。
・大学、専門学校と既に取り組んでおられ、成果を期待しております。
・遠い存在かと思っていたけど、親切な説明とともに、目の前にして、とてもワクワクしました。
・「出川哲朗の充電させて」などテレビのドローン撮影が身近に感じられました。
・用途として空撮のイメージはあったが、防災や農業分野での活用も進んでいることが分かった。
・今後も物流等でも大いに活躍することが期待でき、法改正などがスピーディーに進めば良いと感じた。
・分かり易く、とてもワクワクする内容だった。
・斉藤社長の地元に対する思いや、製品に対する気持ちが伝わってきた。
・一機を製作するのに相当の労力を感じ受けました。
・とても分かりやすく説明していただき、今後の活用方法を考えたいです。                         ご協力を大変有難うございました。 
posted by 創ろう甲斐 at 05:46| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

産業観光70回 晴家村の見学 感想その2.

14人一同が感動して喜びを分かち合いました。
キャンプ場:
・5万坪の山林を4〜5人の協力を得ながら、自身で開拓している力には驚嘆しました。
・オートキャンプ場、木漏れ日キャンプ場など未完成ですが、村長の想像通りに完成したら、地域活性化の施設になると思います。
・荒廃した里山を努力で生まれ変わらせ、キャンプ場に仕立てたのはすごい! 実行力に只々脱帽です
・新鮮ハチミツ美味でした。
・まだ開拓途中で、都会の若者には受け入れられているとのこと、頑張れです。

・これから設備の充実楽しみですね。   
・自分の気持ちと体がリラックスしました。
・自然たっぷりの場所でゆっくり休めそうなところでした。 
・着々と事業を拡張され、素晴らしいですね。
・オートキャンプ場の開発許可は県から取得ですか? 
・山梨の国中地方には少ない、若者が利用できる貴重な施設ですね。
・農家民宿で体験型の学習、レクリエーションを大いに広めてください。富士川町に3軒あります。

・ビフォー、アフターと着々と仕上がっていき、自然の中で楽しむ人たちが増えていくことでしょう 
・吉原さんの「きらきらした目」が印象的でした。
・近くに民家等が無く、プライベート感があるキャンプ場だと感じた。都会の人は喜ぶと思う。
・タケノコや山菜採りなど、地域特性を上手に生かした事業で、アクティビティも強みだと思った。
・堅苦しいことばかりではなく、参加された人達とコミュニケーションがとれる機会になった。
・キャンプ場として開拓、古民家再生は大変さと同時に人が集う要素があることを知った。
・富士川町と交流のある拓殖大学生とも活動できると楽しいでしょう。
posted by 創ろう甲斐 at 11:34| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

70回は、14人で身延町へ。アンケートまとめその1.

H31.5.16(木)本日も、皆が心掛けが良いので最高の産業観光晴れだった
1. 晴家村について
カエル工房: (皆で資金も集めて作った製材所です)
・間伐材を製材するまでの適正な水分量や、一連の工作機械、機器を身近で見学し、勉強できました。
・間伐材を多種の機械を使って見事に製品にする、初めて見聞したので感動しました。
・自然との戦い、22年の前回よりさらに開拓が進み、頑張っていることを目の当たりにしました。
・若ければ、ボランティアしたいぐらいムラムラし、ほんとうに感激しました。
・エコ生活も楽しいですね  
・山林資源を加工し付加価値をつけている現場を見学できよかったです。
・クラウドファンディングを上手く利用され、全国から協賛者が事業の今後に期待していることでしょう。
・地域の生産力が高まりつつあり、今後、若い雇用も創ってください。
・中長期計画はどのような構想を描いていますか? 
・手作りの工房に、自然への愛情が感じられました
・無駄を省いて、有る物を利用する… これからの益々のアイデアに期待しています。
・木工機械の説明やその機械でできることなど分かり易く教えてもらえた。
・ご自身の山の材木を加工できるので愛着を感じられます。
・加工の技術が進めばさまざまなものが製作できそうですね。

山菜狩り:
・ワラビ採りは難しいと聞いていたが、工房周辺で容易に両手いっぱいの収穫をできて楽しかった。
・せっかくの山菜採り、日光アレルギーもあり、パスしました。
・蕨他食材になる自然の勉強になりました。 
・山菜狩り ワラビの量が非常に多く驚いた
・ワラビ少々採りました。 
・楽しかったです、童心に返り、夢中になりました。
・主婦や子供もたくましく育む環境を提供してもらい地域にとっても有難いです。
・村の見学だけでなく、五月晴れの季節ならではの「山菜狩り」ができて楽しかったです。
・あくも上手く取れて、漬物や卵とじで美味しくいただきました。
・蕨、みつば、さんしょうなどを採りました。参加者と交流もでき有意義な時を過ごせました。
posted by 創ろう甲斐 at 11:03| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

産業観光72回甘々娘狩りと一秀製紙工場を見学

1)甘々娘狩り!  8:45 〜9:15
 あの美味しい“甘々娘”を自分で収穫して1本100円でお持ち帰りできます。
 栽培のご苦労と収穫の楽しみを体験してみませんか?

2)みつや農園の花園で     9:30 〜10:00
 朝採りのいろんな野菜を特売価格でお買い物できます。
 さまざまな花や果樹を育てている様子を案内いただき感動しませんか。

3)活齒G製紙工場       10:15 〜12:00
明治20年創業で、伝統和紙、障子紙、書道用紙や、障子紙をベースにした色紙やラッピングペーパーなどの製造工場を4代目社長からご案内いただきます。
特別に、障子紙の特長を生かした「折り染め」の体験してオリジナル・ノートを作成します。
体験キット(別途2000円)も販売しています。

参加費: 1000円(折り染めの体験代、団体障害保険料、通信事務費)
  *収穫して持ち帰りする甘々娘、野菜の代金は別途です。 
募集: 20人 (申し込みされご都合悪くなる場合は、お知り合いをお誘いください)

集合: 8:30 デイリーヤマザキ市川三郷笛吹ライン店 駐車場 時間厳守を

後援:市川三郷町、市川三郷町商工会、山梨日日新聞・山梨放送、
主 催: 産業観光の会 http://sangyokankoken.seesaa.net/ 
お問合せ・お申込みをお待ちします。 Tel/Fax:0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 18:21| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

69回参加の感想 その4山梨学院大学の説明

69回参加者18人の感想です。 その4
山梨学院大学の説明、広報スタジオについて:
・丁寧にご案内いただき、普段足を踏み入れないところを有り難く見学させていただきました
・設備が整っていてびっくりしました。
・自主性がたいせつなこと、アクティブラーニングがモットーのようですね。
・学生と教員が一つとなっている大学だと感じました。
・丁寧な説明有難うございました。

・もう少し時間があれば、教室などの中にも入ってみたいと思いました。
・広い範囲に説明してくださり、見聞を広められた。
・有名選手の輩出など教育、師、設備の充実が大事ですね。選手の能力、才能もありますが。
・山梨県唯一の総合大学があることはよいことですね
・戦後、「食べること」を目的に開学された古屋夫妻に深く敬意を抱きました。
・建学の精神と教育理念の元、その充実とさらなる発展のため、国際リベラルアーツ学科、スポーツ科学科、経営学部への変更して開講し、
 人材育成に力を入れていることが伺えた。

・近年の著しい発展には、「頂きをめざす勇気」を全学挙げて取り組んでいるからだと感動しました。
・伊東先生と広報の方の説明も分かりやすく、山梨に開かれた気軽さがとてもよかったです。
・これからの受験や就職を目指す人に機会があったらお話ししたいと思います。
・学生のいきいきした姿や笑顔をいただくと心が笑えます。この感じを今後に活かせるようにします。
・サークル&クラブなど接する場所をお聞きしたので、また伺うことにします。
・学問はもちろん、スポーツ他の躍進も素晴らしく、いろいろな場面の活躍も知ることができました。

ご協力を有難うございました。   産業観光の会
posted by 創ろう甲斐 at 15:04| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

産業観光69回 18人参加の感想まとめ その3

4/26日に一同で有意義に喜びを分かち合いました。
3. 山梨学院大学 キャンパスについて:
・広大なキャンパス内の施設の充実さに只々驚くばかりです。
・昔のキャンパスとは大分異なりました。現在の学生は幸せですね
・一般市民にもオープンであることも知り、また図書館など利用したいと思います
・リベラルアーツの学部はとても興味あります。

・スポーツにもとても力を入れている大学ですね
・ユーモアがあり、説明も分かりやすく大学の様子が良く分かりました。
・思っていたより広く、学生ものびのびしているようでした
・タワーの6F,8Fに何回か研修で来ましたが、全体を案内いただき、建物がたくさんありびっくりしました
・初めて学院内に入り、とても広いのにびっくりしました
・校舎と学科など説明いただき有り難かった。

・県内外からの約半々の学生が、素晴らしい環境で学び、社会に役立つことは心強いですね。
・昔のイメージとはすっかり変わったが学院に驚くばかりでした。
・広くて明るくて学生もあか抜けていて。青春に戻りたいなとの一言です。
・また、キャンパスと学食にも立ち寄りたいです。
・広さと建物自体の個性を感じます。
・新しく近代的な場所で学べる学生さん、4月入学した方々、生き生きしていました。
posted by 創ろう甲斐 at 16:40| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

産業観光69回18人が参加した感想 その2

2.山梨平和ミュージアム 石橋湛山について:
・郷土の偉人が残した功績を学ぶことができ、もっと深く勉強させていただく良い機会を与えてくださいました。
・経済、哲学によくできた人ですね。・県内に居ても知らないことばかりでした。
・総理になっても、志半ばでさぞ残念無念なことだったろうと心が痛みました。
・偉大な人物像であったことを知り、感激して、現在社会を考えました
・興味深い思想家がこんな身近にいたんですね
・もっとこの人物について知りたいです

・素晴らしい人間性がわかり、感激しました
・山梨県人とは知りませんでした。考え方に賛同しました。
・地元の名士に対し、改めて感動しました。
・立派な先人であり、いつも尊敬し山梨と富士川町の誇りです。
・2回ほど浅川先生の話を聞きましたが、再度聞いて、「平和の日本」を継続していきたい。
・今の政治に活かすべき「5つの誓い」について、皆でもっと深く学びたいと思います。

・平和主義、小日本主義について我が国は今こそ実践するべきことを教えられました。
・正しいことを貫く人であり、リベラルな論陣を張ったジャーナリスト及び思想家としての湛山を
  館長さんも現代社会においてはどうかと提言されました。その通りだと思います。
・石橋政権が3年位続いたらどうなったか興味あるところです。
・名前を聴いていても、山梨県出身であっても65日という短い内閣のために影響や実績は
  知らなかったですが、スケールの大きかった政治家に興味を持っていきたいと思います。
  そして、今後の日本が平和であるように改めて痛感しました。
・湛山の人となり、偉大さについて学ぶことができました。
posted by 創ろう甲斐 at 17:58| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産業観光69回アンケートまとめ その1

H31.4.26(金) 18人が参加したアンケートまとめです。その1  
1. 山梨平和ミュージアム 展示について:
・改めて幸福の有難さを教えていただきました。
・第2次大戦以前の事柄も良く分かりやすく展示してありました、
・若い人にもぜひ見ていただきたいと思います
・大いに良かった
・大変なご努力に感謝致します
・文字が小さくて、読みづらい点がありました。
・先生の説明は天下一品で、すばらしかったです。
・戦争のことが少しでも解ったような気がしました。
・1階の中にたくさん展示してあってびっくりしました。
・各種の時代、状況別に展示されて見学しやすかった。
・戦争中の遺品、写真、手記など多くの人に知って欲しい。

・戦前、戦中、戦後の歴史の事実を展示と説明を通じて教えていただき感謝致します。
・貴重な平和ミュージアムを県外や若者らにも大いに知ってもらい、ともに国の将来のことを考えていきたいです
・先人たちが生死を賭けた人生や社会に学んで、今後の生き方に活かしたいです。
・45年㋂10日に5歳にて東京大空襲を経験した身として、甲府空襲の実装と甲府連帯の歴 史の資料を見て、あらためて戦争は国民に何をもたらすのか、政府は国民を守るのか、過去の事実から学ぶべきことは多いように思える。
・小さくてかわいい建物の中味がとても深いことに驚きました。

・戦争を体験した世代にはつらく暗い思い出が、知らない世代には平和の有難みが詰まっているのですね。
・民立民営だそうですが、浅川先生の説得がある情熱に感動しました。
・甲府空襲で被災した民家の家財道具なども見たいです。
・当時、子どもだった父は、遺体を川で見たそうです。防空壕の跡地なども知ってみたいです。   
・甲府空襲他戦争の悲惨な様子、平和のたいせつさを学びました。
・戦地からの手紙など貴重な資料を見せていただきました。

posted by 創ろう甲斐 at 17:50| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

産業観光 71回  マルアイと寺田ニットを見学!

キャンパスネット連携講座 感動と喜びを!

日時:6月25日(火) 9:30 〜12:15 小雨決行
1)潟}ルアイ    
 ・創業130年を超え、発展著しい事業と、時代の変化に応じて紙製品、化成品事業
  でも新製品づくりに取り組む状況について学ばせていただきます。
 ・予め、ご家族で同社ホームページ「ダウンロード広場」などもご覧ください。

2)且專cニット 11:15 〜12:15
 ・創業後40数年、高い製造技術でシームレスニットを世界に販売しています。
  ・「おしゃれを創る」仕事を通じて、皆が「幸せになれる」事業をめざして、
躍進されている状況について見学させていただきます。

参加費: 500円(団体障害保険料、通信事務費)
    
募集:20人 (申し込みされご都合悪くなる場合は、お知り合いをお誘いください)
集合: 9:30  潟}ルアイ ロビー内で 時間厳守を

(注)甘々娘狩り!は、収穫時期が遅れるので、別に、6月中に行います。5月末に日時を連絡します。
 
後援:市川三郷町、市川三郷町商工会、山梨日日新聞・山梨放送、
主催: 産業観光の会  
お問合せ・お申込みをお待ちします。 川口正満 Tel/Fax:0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 16:56| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産業観光 70回 身延町の晴家村、サイトテック鰍見学!

 キャンパスネット連携講座
感動と喜びを分かち合いましょう

5月16日(木)9時45分〜14時 雨天決行
1)晴家村身延町三澤4111 http://hallelujah-village.com/ 
 カエル工房(地元の間伐材を製材する現場)を見学。
 古民家までワラビやヨモギを採りながら散策。
 晴家フューチャープロダクションは5万坪の山林を所有し、県内外の仲間とともに地域づくりを目指しています。
 歩みや今後について聴きながら、峡南地方の将来などについて語り合い。
 また、富士川町で、院長としてご活躍中の氣功整体の事業についても伺いましょう。

昼食:つむぎの湯 www.tsumugi-spa.com/で、稲荷・巻きずしを食べながら一休み。
 
2)サイトテック梶@http://www.saitotec.com/  
 ドローン開発・製造の先進的な事業について斎藤社長から特別セミナーとしてご説明いただきます。
 特別に、技術研究所など見学させていただきます。
 国内外でさまざま利用される状況や、国や教育の機関や、自治体など地域にも貢献されている状況についてご案内いただきます。
 ドローンを購入希望される方は予めご連絡ください。

募集:20人 (県内外の誰でも。5/13までにお申込みください。アンケートにご協力ください)
*ホームページをご覧になり、質問をご用意ください。 *できるだけ乗り合わせでご来場ください。

参加費:1500円(山菜・お茶代800円、昼食250円、部屋代、団体障害保険料、資料・事務費)
集合: 9:45 つむぎの湯 駐車場 市川三郷町鴨狩津向640 電話: 0556-20-3651

後援: 山梨日日新聞・山梨放送
主 催: 産業観光の会  
お問合せ・お申込みをお待ちします 富士川町 川口正満 Tel/Fax:0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 16:29| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

産業観光第69回 甲府市の山梨平和ミュージアムと山梨学院大学を見学

3月12日の掲載と同じ内容です。
前回の参加者など申し込み多いのでが、ご参加の方はお早めに申込ください。

10時〜15時 雨天決行
1)山梨平和ミュージアム        
・県出身の首相石橋湛山について、浅川館長から詳しくお話しを伺います。
・東洋経済新報社での言論人として、また1956年総裁に選任される前後の状況や、平和・民権・自由主義を信条とした、湛山の現代的意義などについて学びます。
・展示室で、甲府市民が終戦1ケ月前に空襲で被災した惨禍をまざまざと想い起こせます。
 
2) 山梨学院大学  http://www.ygu.ac.jp   
・すばらしいキャンパスを見学し、学食で昼食 (各自負担)         
・発展著しい大学の全般と、就職の状況などについて説明があります。
・経営学部の伊東教授からも、学部生の学びの状況や地域への貢献などについてご説明いただきます。
・広報スタジオでは、県の未来を期待しながら、質疑応答の時間をいただきます。

参加費: 800円(入館料300円、団体障害保険料、資料・事務費)
募集: 20人 (県内外の誰でも。アンケートにご協力ください)
*駐車場、移動時間の関係もあり、できるだけ乗り合わせでのご来場にご協力ください。

キャンパスネット連携講座

集合:10:00 山梨平和ミュージアム1F受付 甲府市朝気1-1-30 電話: 055-235-5659
           駐車場: ピュア総合会館の向かい側にあります。
後援: 山梨日日新聞・山梨放送
主 催: 産業観光の会  http://sangyokankoken.seesaa.net/ 
お問合せ・お申込みをお待ちします 富士川町 川口正満 Tel/Fax:0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 16:18| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

産業観光68回 参加者アンケートまとめ

H31.3.20(水)午後の部は、15人が箕浦教授に案内いただき県立大学を見学しました。
2. 山梨県立大学について
・大学も地域のためにかなり貢献されているので有難いです。
・地元にありながら、学部など知らないことばかりでしたので良かったです。
・今、現在の学びがゆたかに、また、地域とともに学生が成長していくことが良く分かりました。
いい時代だと思います。
・地域密着型のこじんまりとした感じで、とても安心できる学びの場という大学でした。
・各分野で大学生活を十分楽しみながら、資格を取り、社会に活躍できる人間形成を目指して
いる大学と思いました。
・県民として、大学を知れたことはとても良い機会でした。
・学生数が少なく、アットホームで行き届く感じが良いですね。
・県内の学生、県内への就職が多いと尚、良いですね。
・先生の説明がわかりやすくてありがたかったです。
・短大時代しか知らないので、県内にもこんな良い大学があったのに驚きました。
・大学を外観だけでは見ることはありましたが、見学したのは初めてでした。
・県民のための大学として、小規模ながら地域との交流を通して、実践的な担い手を育てる大学を見学させていただき、3つの学部に施設が完備されており、学びに十分な大学と認識させていただきました。
・地域の環境についても研究されていることが判り、勉強になりました。
・女子短大から県立大学になって、どのような学問を習得しているかが判らなかったので勉強に
なりました。
・ラーニングコモンズなど視野が広がりました。
・特殊な大学を初めて知りました。特長ある教育であり、今の時代に必要な学校です。
・子どもから手が離れたので、大学のことは久しぶりに触れる事ができました。
・春休みで、学生の活発な様子が見れなくて残念でした。
・卒業生が、県内に就職できるよう産官学で共同目標を設けて戦略的に取り組んで欲しい。
・県立大学が、ますます質量ともに存在価値を高めて、県にとり、大きな役割を果たされるよう
願っております。
以上、ご案内いただいた講師に感謝しながら、ご協力を有難うございます。 産業観光の会 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 09:07| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

産業観光68回参加者のアンケートまとめです。

IMG-2771.JPGH31.3.20(水)産業観光68回を参加者午前18人、午後15人で行いました。その1
皆さん熱心に学び、下記の感想のとおり、有意義な一日でした。どうぞご一読ください。
1. 甲府地方気象台について
職員皆さんのご苦労が良く分かりました。
とても詳しく分かりやすかったです。
思ったよりたくさんの方が働いていてびっくりしました。
温暖化防止のため、自分が何をできるか、もう一度考えたいと思いました。
いろいろな予報、数値を丁寧に見たいと思います。
気になっていた気象台を見学でき、桜の開花木も見せていただきありがとうございました。
改めて気象情報に注意してみるものだと思いました。勉強になりました。
いつもテレビで見ているお天気のこと、気象台では24時間体制で取り組んでいること、大変だと思いました。詳しいことが判りよかったです。
これからは天気予報を観るとき、気象台のことを想いだして観たいと思います。
今まで何気なくテレビの予報を観ていましたので、説明を聞いて納得。
昆虫も研究されているとは全く思いませんでした。
見学をして、天気予報を見るのが楽しみです。
単純なことも素直に聞けて、大変良かったです。
若い頃には関心もないまま年齢を重ねたこの頃、気候、天気など自然が気になってきました。
毎日の一番身近なことが勉強できてよかったです。
桜開花のグッドタイミングでした。
失礼な質問でも、丁寧に答える職員の姿勢に好感。
勉強になり、今後も参考に目を向けたいと思います。
植物、動物の季節観測をしていることを初めて知りました。
全国的なネットワークと組織が細密で驚きました。
地球温暖化の驚異を改めて勉強させていただきました。
IMG-2755.JPG
いろいろと説明を聞き、ほんとうに参考になりました。
昔から日記をつけていて、天気、気温等を記入するため、NHKのデータ放送、UTYニュースの星のとちらかを見ていたので、気象台の見学は期待していました。
観測、予報業務、防災業務等の説明や、絵で見たことしかない雨量計や積雪計等の実物が
見れたことなど大変参考になりました。
身近にできることは、植物などの変化に気づくことくらいですが、気象や防災の情報にもっと
注意して自主的に判断したり、行動するよう努めたいです。
温暖化の問題点は、急速に進んでいることが大変なことがわかりました。
山梨県の地形や気象の状況について、理解できとても勉強になりました。
YBSの出口気象予報士が、桜開花の撮影に来ていて、記念写真を撮れて良い思い出をつくれました。
公務ご多忙の中、県民の関心、質問に丁寧に答えていただき感謝致します。
IMG-2759.JPG
posted by 創ろう甲斐 at 20:51| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

産業観光69回 山梨平和ミュージアムと山梨学院大学を見学!

 キャンパスネット連携講座              
4月26日(金)10時〜15時00分雨天決行
1)山梨平和ミュージアム        10時〜11時45分
 県出身の首相石橋湛山について、浅川館長から詳しくお話しを伺います。
 東洋経済新報社での言論人として、また1956年総裁に選任される前後の状況や、平和・民権・自由主義を信条とした、湛山の現代的意義などについて学びます。
 展示室で、甲府市民が終戦1ケ月前に空襲で被災した惨禍をまざまざと想い起こせます。
 
 2) 山梨学院大学     
・すばらしいキャンパスを見学し、学食で昼食 (各自負担)         
・発展著しい大学の全般と、就職の状況などについて説明があります。
経営学部の伊東教授からも、学部生の学びの状況や地域への貢献などについてご説明いただきます。
・広報スタジオでは、県の未来を期待しながら、質疑応答の時間をいただきます。

募集: 20人 (県内外の誰でも。アンケートにご協力ください)
 *駐車場、移動時間の関係もあり、できるだけ乗り合わせでご来場いただきたくご協力ください。

参加費: 800円(入館料300円、団体障害保険料、資料・事務費)

集合:10:00 山梨平和ミュージアム1F受付 甲府市朝気1-1-30 電話: 055-235-5659
           駐車場: ピュア総合会館の向かい側にあります。

主 催: 産業観光の会  
お問合せ・お申込みをお待ちします 富士川町 川口正満 Tel/Fax:0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 09:59| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

産業観光68回 甲府地方気象台と県立大学飯田キャンパスを見学!

日時: 3月20日(水)9時30分〜14時30分
1)甲府地方気象台      9:30〜11:30
 気象台の役割と県内の気温上昇について説明いただき、施設をご案内いただきます。
昨年の災害級の暑さが今後もあるのか、甲府盆地のヒートアイランド化などについて学びましょう。 
.
昼 食: 山梨県JA会館内 食彩工房(バイキング) Tel:055-223-3594

2)県立大学飯田キャンパス  13:00〜14:30
 大学の歩みと学生の学びと就職の状況や、地域に貢献する状況などに ついて箕浦教授からご案内いただきます。
 学内を見学し(春休み中ですが)、学生に県の未来を期待して、意見交換しましょう。  

募集: 20人 (県内外の誰でも。アンケートにご協力ください)
*ホームページをご覧になり、質問をご用意ください。 
*できるだけ乗り合わせでご来場ください。
*キャンパスネット連携講座

参加費: 1200円(昼食代700円、団体障害保険料、資料・事務費)
注:昼食を予約するので、18日までにお申込み。当日キャンセルは700円をご負担お願いします。

集合: 9:30 甲府地方気象台ロビー 甲府市飯田4-7-29 電話: 055-222-9101

主 催: 産業観光の会  http://sangyokankoken.seesaa.net/ 
お問合せ・お申込みをお待ちします 富士川町 川口正満 
Tel/Fax:0556-22-0682
posted by 創ろう甲斐 at 17:35| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

産業観光67回 はくばく中央工場と潟Aシストエンジニアリング見学のアンケート

産業観光67回は、29年11月9日、はくばく中央工場と、潟Aシストエンジニアリング・グループを見学しました。
一同が多くのことを学んだ様子について、アンケートのまとめをご覧ください。

1. はくばく中央工場
・箱詰めまですべて機械で行っていることにびっくりしました。
・食の安全に気を付けていることが充分分かりました。
・広くて清潔に保たれ、機械化された工場に感動しました。
・毎日の食事に欠かせないご飯から、からだに良いものを摂ることができる「はくばく」は有難いと今更ながら認識し納得しました
・機械化により未来の先進国の姿(ロボットやAIに使われる人類)を感じました。
・説明者は、参加者の列を振り返るなど気遣って案内するようにするとよいと思いました。
・我が家でも以前からもち麦、16穀、純麦などいただいていますが、今回で新ためて身近に感じ、味わい、健康に関心を持っていきたいと思いました。
・これほど大規模に設備投資され、すばらしい工場に発展されており、誠に心強く感銘しました。
・創業された、増穂工場がなくなり、寂しいです。今後、研修センターなどを設立していただくよう願っております。
・今や、世界のはくばくと飛躍され、ご発展を祈念しております。
・電子機器のパイオニアの跡工場を食品会社がどのように設計したのか、興味がありました。 
・増穂工場では、製品の最終工程では、段ボール箱作りから、流れるように出てくる製品をその箱に詰める、それを梱包する、すべてを人手でやっていました。
・中央工場では、全自動、ロボットによって行われ、近代的な工場になっていました。
資金が約20億円とのこと、売上は190億円としては、大きな投資だったと思います。

2.潟Aシストエンジニアリング
・社会貢献のために役立っている様子がよくわかりました。
・最近、名前を聞くようになったけど、何だろうと思っていましたが、昔ながらの固定観念の会社ではなく、
若い方の発想とエネルギーに年寄りは驚き、感心するばかりです。
・はつらつと活躍する企業を見学できて本当によかったです。
・人材派遣を主軸としてさまざまな企業活動を行いながら、地域未来牽引企業として人を育て、社会貢献している会社として知り、ますます発展していくように思えました。
・グループのいちごハウスでは、県下一の広さと地上架での栽培(県内ではこの方法が8割とのこと)いちごの育て方、管理方法等を初めて聞いて勉強になりました。
・頼もしい皆様の活躍に期待しております。
・マンパワーの強さを感じて、関心しました。
・チームワークの良い面がこれから伸びていくだろうという気持ちが伝わってきました。
・若者が求職したい要望を見事にビジネスとして成功されていることが良く分かりました。
・海外研修生に技術とことば、日本の生活を教える必要が高まっていて、さらなる発展を期待しております。
・貴社グループが社会のニーズに応じて、次々に会社設立して発展している状況に感心しました。
・来年のいちご狩りには、バス観光客が大勢来られることを想像して、期待しております。

ご案内いただいた両社ご担当者様に、一同感謝お礼申し上げます。  産業観光の会 代表 川口正満
posted by 創ろう甲斐 at 10:05| Comment(0) | 3 参加者の声・活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

産業観光67回 中央市のはくばく中央工場、アシストエンジニアリングを見学!

産業観光は19年から初めて、67回となります。11月9日(金)9時〜12時に下記のとおり行います。
だれでも参加できます。学生さんも半日を都合つけられるとよいですね。
グループで、質疑応答できるのでとてもよい学習機会と交流になりますよ。

1.鰍ヘくばく中央工場
 最新鋭の食品製造工場を見学し、近年の発展の状況と昭和16年創業からの歩みについても学びます。
 人と穀物を健康とおいしさで結び、体を元気にする穀物についてしっかり学びましょう。
 見学では、衛生管理として、装身具などを持たず、帽子・マスクを着用し入室します。

2. 潟Aシストエンジニアリング
 県内最大手の人材派遣会社を訪ね、人材サービス事業についてご案内いただきます。
 機器事業では、自社工場で製造装置などの部品を製造しています。
 グループ企業の協栄住建や農業生産法人斎庵の発展の状況についても学びます。
 福祉事業では、アシストゆうを設立し地域にお役立ちしています。
 大規模ないちごハウスも見学させていただきます。

募 集: 20人 (県内外の誰でも。アンケートにご協力ください)
参加費: 500円(資料代、団体障害保険料)
集合:8:50 はくばく中央工場 駐車場 中央市西花輪4629 電話: 055-274-8989
後 援: 山梨日日新聞・山梨放送

主 催: 街中プラザ「いきいき村」  
お問合せ・お申込みをお待ちします。川口正満 Tel/Fax:0556-48-8177
posted by 創ろう甲斐 at 10:00| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

産業観光66回 青柳商店街について知ろう、考えよう!のお誘い

新聞に「いきいき村」経営中止を発表
6月末、山梨日日新聞に街中プラザ「いきいき村」が来年3月末に休止する記事が大きく載りました。
お客様も会員農家も高齢になり、「お買い物を近くで、顔の見える農家の野菜やお総菜を買いたい」、「何とか続けて欲しい」という声が多い近年です。
「村長も高齢になり、後継者を探す」ことも社会的な役割の必とかと思っています。
新聞を見て、「何とかしたい」と駆けつけてくださる方も何人かいました。
当店の10年の歩みについてご覧いただき、お客様と農家会員のご協力に感謝しながらの集いを設けました。
富士川町の丸の内?ともいえる立地にある街中プラザ「いきいき村」に、ご関心ある方々とともに、産業観光66回「青柳町商店街を知ろう、考えよう!」の会を9月28日(金)8時〜11時半に行います。

忙しい方は、後半10時半ごろからの「いきいき村についての意見交換」だけでも、どうぞご参加ください。
直近の商店街を歩いて、昔を振り返り、今後を話し合いませんか?
1.ふじかわどりいむでモーニング・サービス(平日は朝7時から利用できますよ)を食べながら、商店街の実情について話し合いを。パンなどお買い物もどうぞ。
2.県道42号線を散策 状況を目の当たりに見ましょう。
 町の歴史文化施設「青柳宿」はどのように活用されるのでしょう?皆さんの要望も聞かせてください

3.街中プラザ「いきいき村」で、意見交換します
 1)産業観光の65回の活動を通じた「県内の魅力探し」を今後も続けられるか? 
  延べ178か所、1258名が参加した状況を聴き、県の魅力を理解しませんか。
 2)同店の10年間の地域活性化に努めた歩みと今後について
 「地産地消」や、地域おこしの難しさと喜びを聞きます。来年度以降、店がどのように移り変わるのか話し合っていただきます。

町内外の誰でもご関心ある方をお待ちしています。アンケートにご協力ください。
参加費:700円(朝食代、飲み物、資料代、団体障害保険料)
集合・解散: ふじかわどりいむ 及び、昌福寺南の2か所の駐車場
後援: 山梨日日新聞・山梨放送、
お問合せ・お申込みをお待ちします。 Tel/Fax:0556-48-8177
posted by 創ろう甲斐 at 09:06| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

その6 懐かしい惜別した会員農家など:

・市川三郷町の伊藤米子様は、10年前から身延線鰍沢口前の朝市で知り合った篤農家。採れたて野菜、生姜菓子、奈良漬け、梅干しなどをバイクで納品いただいたことも思い出す。
最大の収穫は、パートたちに奈良漬けの作り方を伝授してもらい、見事にオリジナル奈良漬けを販売できたこと。
男衆が、遊休農地を借りて、白瓜を栽培。何T0キロもの白瓜を、パートたちが教えられたレシピに沿って、大きな樽に上手に奈良漬けを製作し、美味しいと評判の輪を広めた。
・同級生の秋山君は、平林で生産した原木しいたけやトマトを3年納品してくれた。
しかし、なんと短い人生を閉じてしまい、悔しい限りだった。明るい元気な声が今でも聞こえるよう。
・大きなゆず農家の望月さんの奥様が亡くなり、その2年後から、ご主人もすっかり元気がなくなった。
・平林のトマトを出荷していた農家も、ご主人、奥様も逝ってしまい、今では、唯一の方からいただいている。
 10年間で、会員農家が8人も先立ってしまった。

25年には、最大の陰ながらの協賛者だった母が亡くなった。
介護のために帰郷したが、21年創業後、軌道に乗せるために夕飯をともにできずに寂しい思いをさせてしまった。年親孝行できずじまいだった。
母が最期に残した言葉は、「一緒にご飯を食べようね」と懸命に3度も言い、家族のだんらんの大切さを教えてくれて逝きました。
posted by 創ろう甲斐 at 07:15| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

65回産業観光 11名 アンケートのまとめ その3

3.古民家の保存や利用についてご意見をお願いします。
・古民家は日本人の生活の源・・・生きて行くための知恵や知識の宝庫である。
・前向きだけの人生は危険である。振り返りながらの人生も良いものである。
・人間の心のあたたかみと木から感じる温もりは同じだと思う。
・どこの市町村でも保存にどこも考えていかなくてはならない時が来ましたね。
・現状の建物を修繕して保存すれば良いです。
・出来ることがあれば協力したい。
・地域の人々の協力が大切と思います。
・当時の建築を大切にしまして、補修等は必要最低限にての保存を望みます。
・市民と行政との相互学習を通じて、古民家は地域・行政・国の資産であることを互いに深く理
解するべきです。
・青柳宿の今後の活用法について、地元や町の職員との勉強会(協議会)にも出張講座をお願い
したい。

4.産業観光で見学したい事業所などあればお知らせください
・自分の日常と違う場所なら何処でも興味がある。
・各市町の庁舎を見学をお願いします。
・古民家カフェ廻り(旅館でなく)
・南ア、韮崎、芦川、身延などの古民家(晴家村)
・市川三郷町役場
・櫛形の図書館
・アシストエンジニアリング、東洋水産

運営責任者の反省:
1)団体行動では、皆が集合するまでの一番の苦労です。
  二番目は、質問を一人占めして時間を費やさないよう、
   また質疑応答を、皆で共有できるようにしたい。
2)駐車場入り口が工事中で、進入できず、何人かが周辺をうろついて開始時間が遅れてしまった。
  前日に電話した折、教育委員会担当からはその旨を聞かせてもらえればよかったです。
posted by 創ろう甲斐 at 15:42| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30年7月27日 産業観光65回アンケートのまとめ その2

2.南アルプス市 若草瓦会館
・小野氏や管理人の方から、然も彫刻家の方から直に話が聞けて兼ねてより思っていた事の一部
が納得できた。
・予定には無かったハプニングの法善寺には、製作したあの彼女にも同行してもらってより詳し
い説明をして欲しかった。苦労した所とか。
・斜陽産業かもしれないが、歴史を積み重ねてください。
・思うより良かったです。瓦だけでなく木彫りやだるまの話が面白かったです。
・瓦という伝統技術や地域づくりの視点を盛り込んだ活動についてお話しいただき参考になった。
・瓦造りの工程をビデオ撮影して広報すると、効果的に来客につながると思う。
・他県との交流や、すでに行っているシニア向けの体験学習にも大いに活発化してください。
・館長の匠の技や経験談にも興味深く伺えました。身延山大学も見学したいです。
・伝統ある若草瓦の工程を拝見し大へんな労働と技術を拝見しました。
・現在仏像美術に携わっている、女性二名の説明で修復の仕事大へんさと魅力を感じました。
・甲府城の鯱瓦よりもでかい富士川町道の駅の高さ1.4mの鯱瓦の政策についてご苦労話も聞けて有意義だった。
・瓦の工芸技術と、まちおこしの観点も取り入れた工夫に取り組んでいたことを学びました。
posted by 創ろう甲斐 at 15:38| Comment(0) | 2 県・市・町の魅力発見! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする